みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、インバウンドで盛り上がる北九州市へのヒアリングで
門司港地区を訪れました。

門司港といえば、そのレトロな景観

IMG_0928


そして、焼きカレーが有名です。

IMG_0936


カフェ、レストラン、小売店の数も多く、
観光が産業としてしっかりなりっている点を実感することができます。


ただ、なかでも盛り上がっているのがインバウンド観光客。

実は、北九州市では、急激にこのインバウンド観光客の数が伸びています。

2016年 ⇒ 35万人
2017年 ⇒ 70万人

そのけん引役が 実は、クルーズ船なのです。

クルーズといってもどのくらいの人が来るの?

そう思う方も多いと思いますが、現在の大型客船だとその数は途方もない数となります。

特に5万トンならば200〜300人クラスが多いのですが、
現在 受け入れの中心になっているのは

15万トンクラス、このクラスですが4000人程度が
その地域を一気に訪れることになります。

もちろん、たいていの場合は日中の行動になりますから
例えば、8時到着、17時出発だとすると
行動できるのは実質的に
10時から15時くらいなのですが、
ちょっとした飲み物 食べ物でも
その効果はとても大きくなります。

もちろん、行ける範囲も限りがあり、
さらに旅行会社さんの思惑もありますから
なかなか自由度が高い、、、とは言えないのですが
それでも、今後は
北九州市を含む、近隣自治体さんとの連携を強くすれば
より大きな効果が期待できそうです。

今後は、より多くの地域が同様の状況になると予測されています。

その時にしっかりと準備して
地域によい影響があると非常に良いですね。

■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)