みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、地域再生マネージャー事業の一環でお邪魔している
和歌山県 広川町のご支援です。

ただ、今回の舞台は、、、、滋賀県!

というのも、和歌山県 広川町では現在、

「日本遺産」

への認定をきっかけとして 古民家を活用したまちおこしを模索しているため
異なる意味で 成功している

近江八幡
長浜

を全員でみて、視線をあわせよう!!

というお話になったのです。

まず、本日は近江八幡。。

この町は、

八幡堀と古民家を組み合わせた景観

IMG_1112


が見事な街です。
同地域は、「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で
国の重要伝統的建造物群保存地区に認定されています。

まさに伝統を守りながら、行う町おこし。
そんな素晴らしい景観を利用しようと
暴れん坊将軍 水戸黄門を始め多くのロケ地に使われているのも
有名なお話。。

電柱等もセットバックや地中化されている箇所も多いです。


しかし、守っているだけではなく、攻めの一手もかなり多く行っています。
小径に入っていくと 古民家を改装した素敵なレストランやカフェ、雑貨屋が並び、
多くの人を引き付けています。

そしてなんといっても、日牟禮八幡宮周辺で展開する

たねや + クラブハリエ

を中心とする商業集積が見事です。

IMG_1128


伝統を活かしながら いかにビジネス性をだしていくかは
この町に学ぶべきでしょう。

メンバーの皆様も相当刺激を受けられたようです。


■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)