みなさん こんにちは。
地域活性化コンサルタントの杤尾圭亮です。

本日は、船井総合研究所のインターンシップに
ファシリテーターとして参加しました。

IMG_2331


最近 船井総研では、
このインターンシップにかなりの力を注いでおり、
しっかり作りこまれたプログラムになっています。

簡単に説明すると、、、

インターンシップは2日間に分かれており、
まず、Day1では、仕事理解とワーク
Day2では、発表を行う、という内容になっています。

中でも 

「ワーク」

が、インターンシップのポイント。
実際には、かなり時間をかけてやっていきます。
ワークでは、各業種系コンサルが
自らの経験に基づいたケースを提示し、
それに学生5人 1チームが取り組むことになります。

ワークそのものはシンプルなのですが
船井総研らしく、
かなり細部までこだわった提案が要求されるため
その内容は、実戦さながらになります。

今回も 私がファシリテーターを務めたグループでは
Day2までの1週間、毎日のように議論を戦わせながら
50枚に及ぶ 提案資料を バックデータとともに提出。

とても良い プレゼンをしてくれました。

内容も、プロのコンサルの私からみても、
1週間での成果としては十分なものでした。

ワークでは、実際のコンサル業務と似通っており、、、

 1.限られた時間の中で答えを出す
 2.経営者に寄り添い、現実妥当性のある答えを出す
 3.戦略はもちろん、戦術、戦闘レベルの施策を考える

という3つの視点を体感できます。

また ファシリテーター側としても
学生の意見を聞くことで、
自分がなぜ、コンサルタントになったかを
原点回帰するいいきっかけにもなります。

今回も その努力には感銘を受けました。

今後の就職活動もしっかり頑張ってくださいね!
応援しています!


■お知らせ
日本最大級のまちおこしメルマガ「週刊 まちおこし」では
毎週、旬のまちおこし事例をプロのコンサルタントが徹底解説!!
登録は無料ですので、ぜひご登録ください。

登録ページ(http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167014.html)