快勝!虎退治〜マリーンズ対タイガース〜

Marines Roomにお誘いいただいての観戦。他球場ではスイートルーム、スイートボックスとかVIPシートとか呼ばれている席ですね。スタンド上部の部屋での観戦。飲み物、食べ物をオーダーして、ゆったり観戦できるのです。惜しむらくは写真撮影にはグラウンドとの距離があること。いやいや贅沢は申し上げますまい。お誘いくださった方に感謝。持つべきものは友、仲間です。マリーンズファン5人が集合しての観戦。

マリーンズ対タイガース戦。2005年の日本シリーズの対戦カード。それから数年、交流戦でもマリンフィールドが満員になった人気カード。しかも点の取り合い、逆転劇、荒れる試合が多かったカード。その当時と比べると、平日夜の試合とは言え、少々さみしいスタンド。特にライトスタンドに空席が目立ったのは気になります。

私はマリーンズ先発の関谷を楽しみに。結果としては、毎回ランナーを出しながらも2失点、なんとか大量失点にならないよう要所を抑えた関谷。3回のピンチでも日大三〜明治大の後輩高山を見逃し三振に抑えた場面が白眉。この内容なら上出来も上出来。立派にローテーション・ピッチャーです。

打線では3安打4打点と好調が続く鈴木大地。キャプテンの活躍は盛り上がります。そして8回、大嶺翔太の2点タイムリーにも大盛り上がり。このタイムリーが結果的には効いた。最終回に満塁のピンチを迎えたのですが4点差と6点差では大違いですから。

前節ベイスターズにまさかの3連敗(伊東監督いわく「悪夢」)。ズルズルと大型連敗になってしまいがちなのが、過去のマリーンズですが、きっちりと食い止めてタイガースに連勝しているあたりは、今シーズンの粘り強さの表れ。伊東監督のマネジメント力かと。今シーズンのマリーンズは応援しがいのあるチームになりつつあります。

Marines Roomでゆったりと飲み食いして、今年初めての花火も見られて、チームは快勝。言うことなし。幸せな野球観戦でした。

DSC_0055

★8加藤5髙濱7角中Dデスパイネ4ナバーロ6鈴木9清田3細谷2田村1関谷

★ 千葉ロッテマリーンズ8対3阪神タイガース@マリンフィールド マリーンズ観戦成績2016  2勝1敗

<写真はクリックすると拡大されます>

DSC_0302
試合後のヒーローインタビュー、関谷と鈴木大地。

DSC_0065
イニングが終わってダグアウトに戻る時、鈴木大地が関谷に声をかけていく場面多数。キャプテン、リーダーの心くばり。

DSC_0104
これは、また違うイニング。ピンチを切り抜けた後だけに気持ちが伝わってきます。

DSC_0126
これも、また別のイニングのことです。

DSC_0113
ダイナミックな関谷のフォーム。思いっきりが良いのも嬉しい。

DSC_0131
ピンチを切り抜けた関谷を迎える若手野手陣。

DSC_0200
6回、降板する関谷がスタンドから拍手で迎えられる。

DSC_0247
打のヒーロー鈴木大地。打席に入る前のルーティーン、ジャンプ!

DSC_0276
勝ってハイタッチのマリーンズ。良い場面です。

DSC_0280
ここでは大地と加藤翔平が。

DSC_0283
笑みがそこかしこに。マリーンズの若々しさ、雰囲気の良さが。

DSC_0286
清田と益田はスタンドに知り合いを見つけた様子。

DSC_0294
そして勝利の後の恒例、“We Are”。メガホンを持ったのは肘井選手。

DSC_0300
ここでも笑顔が。

DSC_0058
交流戦につきもののシーン。キャラクター競演。とらっきーも千葉にやってきた!

DSC_0087
個人的に注目した場面。キャッチャー田村、バッター北條。そうです、光星学院準優勝メンバー。

DSC_0123
そして、こちらの対決はピッチャー関谷とバッター高山。日大三高、明治大学の先輩後輩。関谷がきっちりと先輩らしく抑えてくれました。

DSC_0140
今年も初花火はマリンフィールドで。

DSC_0215
そしてファンクラブメンバーには、このハットが全員に配布されました。もちろん私も。それにしても内野席、メンバーが多い。

DSC_0221
元祖ジェット風船のタイガースに負けないように!

DSC_0090
こんな感じで観戦できます。窓を開けると、風が心地良い席です。

明治優勝の立役者・牛島将太君、苅田の子。

早明1回戦。明治の先制ホームラン、そしてサヨナラホームランを放ったのが牛島将太君。福岡県苅田町出身、門司学園高卒業の4年生。「苅田町」、「かりた」とは読みません。「かんだ」と読みます。私の親戚が住んでいるものですから親近感を覚える町。ちなみにバドミントンの潮田玲子さんも苅田出身。私と家人は「苅田の子」と呼んでいました。サッカーの大久保嘉人さんも「苅田の子」。そういうわけで牛島将太君も「苅田の子」となります、我が家では。早稲田OBの私たちも牛島君に親近感を。

この試合、5打数3安打2打点。翌日の2回戦でもホームランを放って4打数1安打3打点。3回戦ではさすがに警戒されて2四球、2打数1安打2打点。翌週の立教との天王山では、2回戦でまたもホームラン。春季リーグを.327、5本塁打、13打点で終えました。優勝した明治の主軸にふさわしい大活躍、守っては捕手という扇の要。エースの柳主将と並ぶ立役者です。昨年まで通算3安打の選手が大ブレーク。全日本大学野球選手権大会、秋シーズンとまだまだ注目の選手です。

ということで牛島君と明治大学の皆さんのお写真です。

<写真はクリックすると拡大されます>
DSC_0225
現阪神タイガースの坂本選手にかわって明治のホームを守る。

DSC_0126
いかにも打ちそうな雰囲気がある牛島君。これだけ続けて打たれる早稲田バッテリーも・・・。

DSC_0324
サヨナラホームランを打ってホームへ向かう。

DSC_0326


DSC_0330
ホームインする牛島君を迎える明治。

DSC_0331
ちゃんとベース踏まないと!です。

DSC_0332
喜びが爆発!

DSC_0333


DSC_0334
優勝の瞬間のよう。そりゃあ嬉しい瞬間ですよね。

DSC_0335


DSC_0336


DSC_0337
牛島君ももみくちゃです。

崖っぷちの早稲田、流れをつかめず。

立教戦に続き、法政戦も勝点を失ってしまった早稲田。もはや崖っぷちも崖っぷち。しかも、相手は良い思い出のない明治。苦しい戦いは覚悟の上。残念ながら今春、不調が続く大竹君の応援と意気込んで神宮へ。大事な一回戦だけに大竹君を外すこともあり得ると思っていたら、案の定、先発は竹内君でした。

その竹内君、この4年間で最高と思えるほどのピッチング。7回まで明治打線を牛島君の先制ホームランのみの1失点、被安打3に。明治のエース柳君の5回完全試合という見事なピッチングと互角の投げあい。早稲田が6回の木田君の同点ホームランで追いつき、8回に吉見君のタイムリーツーベースで逆転した時には、勝利の予感も。

問題は、勝利への流れをつかみきれなかったこと。6回の同点、8回の逆転。両イニングともにチャンスは続いたにもかかわらず、追加点を奪えなかったこと。さらに、さらに。10回裏、中澤君のバックホームでの補殺という好プレーがあった直後の11回表、またも訪れたチャンスを活かせなかったこと。流れをつかみきれない打線・・・。こういう展開では流れが明治に行くのも必然。その裏、先頭打者牛島君のサヨナラホームランを浴びることに。

そして。早稲田が逆転した直後の8回裏、好投の竹内君が迎えたピンチ。リリーフは吉野君。交代時、ブルペンから誰が登板するのかがうまく伝わらず、もたついているように見えたのは、ブルペンの心づもりが出来ていなかったことの表れ?吉野君なのか、小島君なのかがハッキリしていなかったような。投球練習の時点からストライクが入っていない・・・。打者に対しても入らない。明らかに調子の悪いときの吉野君。打者一人に投げ終えた時点でもキッパリ交代させて欲しいと願ったほどだったのですが。結局は同点にされた後の一死満塁、小島君に継投するくらいなら・・・。まあ“たられば”、結果論なのかもしれません。

打線不調の早稲田が勝つには、とにかく投手が失点を極力抑えること、数少ないチャンスをものにすることしかありません。髙橋監督がしきりにおっしゃっている“専守防衛”。今日の展開はまさにそれだったのです。しかし、試合の流れを手放すようなことがあると、さすがに勝てません。

今日の収穫は竹内君の好投。今年の早稲田はまずは投手陣です。そして、相変わらず不調の打線(5回までに10三振・・・)の中で、下位の木田君と吉見君が打ってくれたことも収穫。
春シーズンはさておき、秋シーズンでの大きな実りに結びつけていって欲しいものです。

■東京六大学野球春季 早稲田大学2対3x明治大学@明治神宮野球場 
2016年早稲田観戦成績1勝2敗
4真鍋8中澤9三倉6石井3立花7八木5木田2吉見1竹内

<写真はクリックすると拡大されます>

DSC_0212
好投の竹内君。ピンチを切り抜けて雄叫びを。

DSC_0105
安心して見ていられました。甲子園に出場した松阪高校時代から注目されていた竹内君。安定した投球、落ち着いたマウンドさばき。成長が形になって表れてきました。

DSC_0159
今日、活躍のサード木田君。石井主将との三遊間、って写真をよく撮ってしまう。

DSC_0186
早稲田の初安打は、木田君のリーグ戦初本塁打。ダグアウトと学生コーチ、背番号50の吉野享君の喜びが爆発。

DSC_0189
ホームインする木田君、次打者の吉見君とタッチ。

DSC_0192
ダグアウト前でもタッチ!スタンドも歓喜炸裂。

DSC_0057
キャッチャーの吉見君。試合前に竹内君と大遠投キャッチボール。見ていて楽しめました。

DSC_0059
ホーム近辺からレフト守備位置くらいまでのキャッチボール。うまいもんです。

DSC_0230
吉見君のタイムリーでホームインした八木君。笑いがとまらない。

DSC_0233
ダグアウトに入るまで笑いがとまらない。

DSC_0257
ピンチに登板。次打者を見ながら言葉をかわすバッテリー。

DSC_0269
小島君の勝負強い投球。不敵ささえも漂わせます。

DSC_0275
でも基本はクール。ピンチをしのいで静かに拳を固めてガッツポーズ。

DSC_0328
残念ながらサヨナラホームランの明治牛島君と。ホームインする牛島君とマウンドを降りる小島君。明と暗。

DSC_0321
チャンスを活かせない主軸中澤君。もどかしいでしょう・・・。

DSC_0314
明治の追加点を許さなかった好守、捕殺の中澤君。ダグアウトとスタンドに迎えられた場面。

DSC_0086
今日の大竹耕太郎君はお休み。試合前の様子から。背番号26は高校の先輩、山城君。

DSC_0357
試合後、応援席、観客席に一礼。1年生加藤君は何を思う。

DSC_0352
石井主将と早稲田。

DSC_0355
頑張れ!

お帰り、唐川!〜マリーンズ対バファローズ〜

ゴールデンウイーク期間中のマリーンズ観戦2試合目。楽しみにしていたナイトゲームも大雨・・・。しかし!唐川の今シーズン初登板。しかもオリックスの先発が金子とくれば相手に不足なし。ということでマリンフィールドへ。

今日の収穫は唐川。期待以上のピッチング。最速146キロのストレート。力強さは記憶にないほど。コントロールも良し、スタミナも充分。7イニングを88球、被安打5、与四球1、奪三振6、自責点2。立派にローテーションを任せられる内容。いやあ良かった、良かった。

試合は金子を崩せず負けました。要所要所をキッチリ抑えるあたりは金子らしい見事な投球術。仕方ありません。前日のイーグルス戦で大量得点したマリーンズ。翌日はこんなもんです。相手が金子ですし覚悟してましたから。

雨の中、観戦した自分を誉めておきたいような試合でしたが、とにかく唐川のピッチングで満足感すら(笑)。今日は“お帰り、唐川!”につきます。

★4中村8加藤7角中Dデスパイネ4ナバーロ6鈴木7清田2吉田3根元1唐川

千葉ロッテマリーンズ0対5オリックスバファローズ@マリンフィールド マリーンズ観戦成績2016  1勝1敗

<写真はクリックすると拡大されます>

DSC_0056
それでは、“からあげ”くんから。雨中でも撮りたくなる。

DSC_0065
見ているだけでも力強さが増していることがわかります。

DSC_0067
期待が膨らむ、ここからの唐川。

DSC_0166
最速だけ146キロだけでなく、140キロ中盤のストレートがビシビシと。こんな唐川見たことない。

DSC_0170
今シーズンから登場した新ビジョン。情報量豊富。

DSC_0176
好守の中村。

DSC_0138
残念ながら前日の4安打から今日はノーヒットに。がんばれ!元早大主将。そろそろユニ買いますから。

DSC_0200
打席に入る前の鈴木大地のルーティーン。ジャンプ!

DSC_0120
打ってください、ナバーロさん。まったくデスパイネといい、ナバーロといい・・・。

DSC_0089
やられました。さすがです金子。

DSC_0225
タイミングはアウト!のはずが吉田が落球。唐川をリリーフした藤岡の乱調でリズムも乱れました。残念ながら試合も・・・。

DSC_0207
ご贔屓の田村は出場せず。

DSC_0144
雨は全く弱くならず。整備も大変。

DSC_0084
観戦する方も大変。ちなみに私もこの方同様、マリーンズポンチョで観戦でございます。

DSC_0158
まー君の1500試合出場のゲームでもありました。お疲れさま!

熊本応援・今年は胴上げを!〜伊東監督&マリーンズ対ファイターズ〜

遅ればせながらの、今シーズンのマリンフィールド初参戦。このブログでは“館長”としてご紹介したこともあるSさんのお誘いでネット裏2列目という良席。マリーンズファン仲間でもあるTさん(こちらは“老師”としてご紹介したことも)と一緒です。

快晴のマリンフィールド。珍しく電車で行ったのでビール日和、野球日和。マリンフィールド名物の“マリーンズカンパイガールズ”からビール購入。まあ、それはいいとして、マリーンズ5対1の快勝。今日は根元の日。たびたびのチャンスで根元に打席がまわる流れ。きっちり打っての3打点。久しぶりの一軍、スタメンで結果を出した根元。伊東監督の選手起用的中。

投げてはスタンリッジが6イニング2/3を1失点。これで防御率は2.43という安定ぶり。タイガースファンの方が“すかたんリッジ”とかお呼びになられていたのが嘘のよう。

さて伊東監督と言えば熊本出身。地震発生直後には「飛んで帰りたい。正直、野球をやっている場合ではない」と素直に心情を吐露した監督。マリンフィールドで募金活動に立った際、涙したことがニュースで取り上げられていました。
生まれ育った故郷が…見るも無残な姿を毎日見てますからね。あそこに行けない悔しさとか…野球をやっていていいのかなという気持ちでいっぱい。少しでも熊本の皆さんの役に立ちたい。(募金活動を終えて)逆にこちらが勇気づけられた。私は直接被害を受けていないけど“頑張ってください”と言われて胸が痛くなった。野球で勇気を与えられたらと思うけど、それどころではない。“頑張ってくれ”としか言えない。まだ余震が続いている。ゆっくり休める環境だけでもつくってほしい。

采配や育成にも不満はありませんし、若手の力をひきだして見事な成績をあげてくれている伊東監督。人としての心根も伝わってくるようです。地元九州のチームということでは、もちろんホークスが頑張らなければいけないわけですけれども。マリーンズ、今年こそは是非とも伊東監督の胴上げを!

DSC_0053
★8岡田4中村9清田Dデスパイネ7角中4ナバーロ6鈴木2田村3根元1スタンリッジ

千葉ロッテマリーンズ5対1北海道日本ハムファイターズ@マリンフィールド マリーンズ観戦成績2016  1勝

<写真はクリックすると拡大されます>

DSC_0276
伊東監督。実は同世代です。

DSC_0217
レオガーデンという広告の上にライオンズ出身の監督。

DSC_0284
スタンドと勝利を喜ぶ。今シーズンは本拠地で優勝を!

DSC_0233
今日はこの人、根元俊一。

DSC_0232
2安打3打点の活躍、お見事!

DSC_0203
スタンリッジ。Sさんのレンズを借りて撮影。Sさんの新機ニコンのD500、羨ましい!

DSC_0249
ホールドの益田。力強さが戻ってきて好調。頼もしい!

DSC_0266
今日の締めくくりは松永。益田、松永、内と好調のリリーフ陣。あとは西野が復調すれば。

DSC_0269
勝利後のシーン。もちろん好きなシーンです。

DSC_0206
鈴木大地と中村の三遊間。世代交代が進んでいくマリーンズ。

DSC_0228
東洋大学でも、そしてマリーンズでも主将の大地。胸にキャプテンマーク。

DSC_0067
試合開始時、鈴木大地が守備につく際のルーティーン。

DSC_0096
今シーズンは打撃好調の岡田。今日も2安打。一年間、出場し続けてほしい!

DSC_0080
新スコアボード。両翼の新ビジョンとあわせて豊富な情報量。

DSC_0171
ご贔屓の栗山監督。応援しています、マリーンズ戦以外では。

IMG_0982
青空の球場で飲むビールは美味い!

残念、山中〜スワローズ対カープ〜

ジョンギヤンジさんのお誘いで久しぶりにスワローズ観戦。昨年の日本シリーズ第5戦、ホークスが日本一を決めた試合以来です。球場に着いてみれば席はバックネット裏の前から3列目という良席。持つべきものは友です。しかし、こんなに前の席ならカメラ持って来ればよかった・・・。

試合は初回に菊池のツーラン、4回には鈴木のツーラン、田中のツーランというホームラン攻勢で7対0。試合は早々に決まってしまいました・・・。田中、菊池、丸、新井、エルドレッドと1番から5番まで打率3割超。6番の鈴木も絶好調で前日にはホームラン連発。カープ打線、恐るべし。

投げては野村が被安打5で堂々の完封。意外にもプロ入り初。明治大時代の野村を知っている者としては遅すぎると思えるくらい。彼本来の力を発揮してくれるシーズンになることを。この打線に黒田、ジョンソン、野村の先発投手陣。リリーフ陣が安定してくれば。多くの野球ファンが自分の贔屓チームの次に、優勝してもらいたいと思っているチームとも言われるカープ。マエケンが抜けて苦しむかと思いきや、今シーズンのカープは楽しみになりつつあります。

さて、スワローズ先発はサブマリンの山中浩史。熊本出身(天草市)です。必由館高校から九州東海大、そしてホンダ熊本と生粋の熊本の選手。ホークスから移籍して3シーズン目。昨シーズンの優勝に貢献した山中、地震発生後2度目の登板は辛い結果となってしまいました。サブマリン投手がコントロールが甘くなってしまうと滅多打ちにあう。マリーンズファンの私が渡辺俊介で経験してきたことです。残念ながら今日の山中がまさにそれ。5回まで責任を果たすということでマウンドを降りられず8失点。少々、かわいそうですら。頑張って欲しかったのですが・・・。3番手で登板した松岡健一も熊本出身(玉名市)。山中と同じく九州東海大卒。こちらは2イニングを無失点でした。

東京ヤクルトスワローズ0対8広島東洋カープ@明治神宮野球場

IMG_0976
サブマリン山中投手、がんばれ!

FullSizeRender
明治神宮野球場90周年だそうです。

IMG_0978
試合帰り外苑前駅そばの中華「福新楼」へ。名物の「牛肉の牡蠣油炒めとたっぷり生キャベツ」を。美味しい!

秩父宮が燃えた〜サンウルブズ、熱き初勝利〜

★ 神宮球場での早稲田対立教戦から秩父宮ラグビー場へはしご。早稲田は負けたけれどサンウルブスが勝った一日。神宮で募金、秩父宮で黙祷した一日。秩父宮でも多くのトップリーガー、ラグビー選手たちが募金活動に立っていました。

★ スーパーラグビー、日本での開催試合はここまで全試合観戦しています。ブログにはおいおいアップを。と言いながらなかなか実行できていませんが(笑)。

★ サンウルブズは全敗と残念な結果ですが、スーパーラグビーはワールドカップやテストマッチと違って、エンターテインメントなラグビー。そのスピード感とパワフルなプレーが楽しませてくれます。是非、生観戦を!

★ そして、この日はサンウルブズの歴史的初勝利。ジャガーズも今シーズン初参戦のチームとは言え、その主軸がワールドカップでベスト4となったアルゼンチン代表。となると厳しい戦いになることを覚悟しての観戦。

★ ジャガーズ、迫力のアタック。ところが後半になって少しずつ動きが鈍くなって、ディフェンスにもほころびが。一方のサンウルブズは懸案のスクラムも負けず、ブレイクダウンで奮闘してのターンオーバー多数、そしてトゥシ・ピシ、立川、笹倉のアタック。いやいや、勝った時というのはメンバー全員の動きが良い。今日のサンウルブズがまさにそれ。献身的な姿は胸が熱くなるもの。

★ 終盤の秩父宮の熱さは、ワールドカップでジャパンが南アフリカを破った時を彷彿させるもの。集まった全員が重ねていたでしょう。興奮しました。そして、ちょっと涙腺やられました。

スーパーラグビー サンウルブズ36対28ジャガーズ@秩父宮ラグビー場

<写真はクリックすると拡大されます>

DSC_0408
終盤、試合を決定づけたトライに歓喜爆発!

DSC_0417


DSC_0402
そのトライは立川が!

DSC_0423
顔色なしのジャガーズ

DSC_0444
歴史的なスコアボード

DSC_0430
そして勝利に歓喜爆発!

DSC_0453


DSC_0458


DSC_0316
今日はとにかく立川が攻守に活躍。

DSC_0362
大ベテラン大野。ウォーター!

DSC_0364
足もつりそうに・・・。

DSC_0386
途中交代の時にはスタンドから大拍手。もっとも人気のある選手のひとりが大野。

DSC_0326
ワールドカップで大活躍したエルナンデス。今日はキックが冴えず。

DSC_0307
ハーフタイムにはTシャツのバズーカを矢富が登場

DSC_0310
試合前には熊本地震で亡くなられた方に黙祷。半旗です。

がんばれ熊本!がんばれ大竹耕太郎くん!

熊本地震でお亡くなりになられた方、そのご家族、ご親族の皆さまには心よりお悔やみ申し上げます。熊本、大分をはじめ、九州の地でご苦労をされている皆さん、大変な状況、ほんとうにお疲れさまです。とにかく、まずは地震がおさまってくれないと・・・。揺れが続く中での避難生活、くらしは辛すぎます。阪神淡路大震災で震度7を経験した私ではありますが、震度5や6クラスがこれほど続くことの怖さは想像を絶するものです。
熊本は拙ブログにもしばしば登場してきた三十路さんのふるさと。ご家族、ご親族も大変なご苦労をされているとのこと。他人事ではありません。復旧とご無事を心よりお祈りしております。

★ 今日の早稲田の先発はエース大竹耕太郎君。早稲田でのデビュー以来、このブログでも何度も取り上げていますが、熊本の済々黌高校出身。地震が発生してからも熊本の知人たちの安否を気遣う、あるいは募金の告知をしている大竹君のツイートをtwitterで拝見していました。その心痛、いかばかりか。そんな中で投げる大竹君を応援する、そしてせめて募金だけでもさせていただくことを目的に神宮球場へ。

★ しかしながら、今日の大竹君は彼らしいピッチングではなく、苦しいものとなってしまいました。コントロールがままならず、ボールが高めに浮いたところを痛打されて被本塁打2、自責点4。平常心というわけにはいかなかったでしょう。勝つことを自らの使命といつも以上に強く思っていたでしょうから、この結果は残念です。次の登板での活躍を期待するのみです。

★ 早稲田の課題は打撃。その不安が明らかになってしまった一戦。8安打1四球で9残塁。最終回も無死満塁で無得点。チャンスを活かせない・・・。気がかりなのは3番の中澤君。なによりも本人が最も苦しんでいるでしょう。なんとか立ち直りのきっかけをつかんで欲しいものです。

■東京六大学野球春季 早稲田大学1対4立教大学@明治神宮野球場 
2016年早稲田観戦成績1勝1敗
9三倉4真鍋8中澤6石井3立花2吉見7八木5木田1大竹

<写真はクリックすると拡大されます>

DSC_0089
まずは大竹君らしい写真から。

DSC_0090


DSC_0135
打っては1安打。大したものです。

DSC_0205
本塁打を浴びて表情も・・・。

DSC_0213
マウンドから降りる大竹君にスタンドから大きな拍手。大竹君の心情は伝わってきています。

DSC_0297
試合終了後、悔しさが伝わってくる表情。

DSC_0223
層の厚い投手陣。リリーフ二番手は北濱君。2イニングをナイスピッチング。

DSC_0262
終盤は吉野君に。投手陣が充実しているだけに・・・。

DSC_0250
石井主将、今日は無安打。3番の中澤君も無安打・・・。

DSC_0116
好守を見せてくれた八木君。笑顔でダグアウトに。

DSC_0187
加藤君は大竹君にポカリを。

DSC_0232
加藤君、いかにも打ちそうな雰囲気。そして今日は大学初安打!

DSC_0238
表情もゆるむ。

DSC_0272
監督!ここからの立て直し、よろしくお願いします。

DSC_0294
Go,Waseda!

2009年12月7日、「ぽっちゃりスポーツ天国」から引っ越してまいりました。
これからもご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

2007年7月からの
「ぽっちゃりスポーツ天国」は、こちらでご覧いただけます
よろしければ、どうぞご覧ください。
livedoor プロフィール
青木宣親応援生活
  • 青木宣親応援生活
  • 青木宣親応援生活
  • 青木宣親、初ヒットおめでとう!
  • 青木宣親、初ヒットおめでとう!
  • Norichika Aoki 2009-2011 Photo Book
  • 青木宣親応援日記
  • 青木宣親応援日記
バンクーバー五輪観戦記
  • 浅田真央の世界選手権(結果あり注意!)
  • オリンピックを観ながら世界を旅する
  • Beauty in Vancouver
  • 世界のカーリング好き
  • カーリングに魅了された二日間
  • バンクーバー2日目
  • 冬のバンクーバー祭り
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ