江戸時代初期創業の「小鯛雀鮨鮨萬(こだいすずめずしすしまん)」(大阪市)が節分用巻きずし「招福巻」の商標権を侵害されたとして、大手スーパーを全国展開する「イオン」(千葉市)に使用差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、使用差し止めなどを命じた1審・大阪地裁判決(08年10月)を取り消し、原告側の請求を棄却した。

 1審判決は「商標権侵害に当たる」と判断した。しかし、塩月裁判長は「05年以降は極めて多くのスーパーで『招福巻』の商品名が用いられており、普通名称になっていた。商標権の効力は及ばない」と指摘した。

 1審判決によると、小鯛雀鮨鮨萬は88年、招福巻を商標登録。イオンは12種類の具材を使った巻きずしを「十二単(ひとえ)の招福巻」の名称で06年と07年に販売した。【牧野宏美】

 ▽小鯛雀鮨鮨萬の話 担当者がいないのでコメントできない。

 ▽イオンの話 当社の主張が認められたと理解している。

【関連ニュース】
節分の縁起物:くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺
掘り出しニュース:4メートルの赤鬼 仁王門前に登場
節分会:福豆300キロ準備--日光・輪王寺 /栃木
ロールケーキ:工夫の「恵方ケーキ」 山形でコンテスト、菓子職人が競う /山形
子供鬼やらい:来月3日の節分に 参加者を募集--伊勢・おかげ横丁 /三重

土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)
「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
小沢幹事長 地検の事情聴取終わる(毎日新聞)