厚生労働省は12日、今春卒業予定の高校生らがいる一定の世帯を対象に、これまでの授業料滞納額を無利子で貸し付ける特例措置の実施を決め、各都道府県に通知した。保護者の失業などで授業料を払えなくなった高校生が卒業できるように支援する。
 特例措置は、都道府県社会福祉協議会が主体となって実施している「生活福祉資金貸付制度」の教育支援金の貸し付け条件を緩和し、2009年度に限り、卒業までに必要な滞納額を一括して貸し付けることにした。 

【関連ニュース】
私立高授業料支援、拡大を検討へ=高校間の競争促進も
「いのち守る」政治に全力=景気対策、切れ目なく実行
高校無償化法案を閣議決定=授業料負担を軽減
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集
政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集

天下り14法人に公募要請=厚労省(時事通信)
<愛知処理業者>暴力団系企業に2.7億円 下請け装う(毎日新聞)
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破-感染研(時事通信)
藤川市議、進次郎氏が自民新プロジェクトの「応援隊」(スポーツ報知)
<里山問題>週内に宅地開発会社側が名古屋市を提訴へ(毎日新聞)