打倒!三日坊主( ̄▽ ̄;)

今年もどうぞよろしくね♪

混乱中。
怖い怖い。

今洗濯物たたんでいたら、Tシャツの中からパサッと黒いものが落ちて来た。
Gです。
あの黒くてほどよく大きく成長されていたあいつです。

私一瞬飛んだと思う。
ズボンに落ちて動かないあいつをどうするべきか。
とりあえずGジェット片手に布団たたきでズボンごと窓の方へ滑らせて移動。
そのときコテって床に落ちた。

まさかのすでに死んでる。
そのまま窓の外にシュッっと出したんだけど。

何が怖いのかっていうと、今日洗濯物は室内干しだったっていう恐ろしい事実。
そしてどう考えても死んでいた理由が思いつかず。

もしかしてだけど〜〜♪
もしかしてだけど〜〜。
あいつ洗濯機の中にいたんでねーの?

そして洗濯物と一緒にぐるぐる回しちゃったんじゃないのかっていう。

今日は超大量に洗濯したんだけど。
やり直した方がいいのでしょうか。
忘れた方がいいのでしょうか。

本当に怖いです。。

先週末、中学校生活残り2回となった駅伝大会の一つがあった。
中3になってから成長期到来でずっと不調だった息子。
ここにきてやっと調子が戻り、残りの大会は 絶対記録を残す と日々受験勉強と練習に取り組んできた。
本当に3年になってからよくやっていると思う。
しかも今年は大会に出る3年男子が皆強く、かなり県大会出場を期待できるメンバー。
とても期待している。

大会当日、私はお友達のお母さんと3人で前半の女子の部を応援。
ラスト1mで抜かれ県大会を逃してしまった女子。
思わずもらい泣きしてしまった。

涙も乾かぬうちにコーチが私の元に飛んできて

「お母さん、息子さんがアップで転んで頭打ったので来てください。出血もしています」

と。

えーーーーーーーー!???うそーん

バクバクバク。パニックパニック。
慌てて救護室へ行くと、そこには左半身がドロッドロ泥まみれに汚れ大号泣している息子が(@_@)

・・・なんかこの光景よく見るよな。。

頭頂部が切れて5センチくらい出血しているが、意識もはっきりしていて少し安心。
でも泣きすぎて過呼吸になりかけている。

大会本部の方々や顧問の先生達が集まっていて、頭を打っているから救急車を呼ぶという。

え???救急車ですと?
絶対そんな大事ではないと思い

「私車で来ているので病院連れて行きます。」

と言ったのだが、頭だから怖いからとりあえず救急で診てもらいなさいと。
女子の試合見て泣いていた約10分後、まさかの救急車の中にいるという。
何これ?

救急車の中で傷の具合を診てもらったが、なんか大丈夫そうな雰囲気。
しかもあまりに息子が汚すぎるので着替えようということに。

救急で病院に到着して治療数分。
レントゲンとかMRIを撮るほどではないとの判断。
傷も切り傷でもなく擦り傷だし。
一日家で様子を見てください。と。

やっぱりね(-.-)

なんかすみません、こんなで救急車使ってしまって。
と大声で叫びたい気分一杯。

落ち着いて話を聞くと、アップでダッシュしていたら土がぬかるんでいて滑ってスリップし、その勢いで縁石に頭ぶつけたそうな。
半身泥んこも納得。
でもこの大会にかけていたから、相当ショック受けて落ち込んでた。
私にも「迷惑いっぱいかけて本当にごめんなさい。いろいろ準備もして貰ったのに。」とすごく気にしている。
何度も何度も謝るので、

私はあなたが活躍するから好きなのではなく、あなたがいる事でこうして思いもよらないアクシデントがあったり、一緒に喜んだり落ち込んだり、すべてがお父さんとお母さんの人生の楽しみだから気にするなと言いました。

その後一度会場に戻り顧問やコーチに挨拶して帰宅。
でもこの日の事は学校の中や部活動協力会の中でも大騒ぎになっているそうでビビってます。

この日の事を旦那に報告すると、びっくりしつつも爆笑し

「おまえ、記録には残らなかったけど、皆の記憶には残ったじゃん。さすがだな」

と言ってました。
あっけらかんとしている旦那にだいぶ息子も救われたと思う。

でもあの救護室で涙をぽたぽたこぼし泣いて落ち込んでいた様子を思い出すと、可哀想で今でも涙が出ます。
残り一回の大会は思い切り力を出せるといいね。

季節はトラックシーズン。
2週間ごとに記録会が続いてます。
中学最後の県大会をかけた成果を発揮する時。

なのに、なのに。。。うちの子絶不調中orz...
2年生冬の記録会で県大会突破記録を出したのに、3月末にオスグッド再発。
一ヶ月は痛みで練習にならず。

「オスグッド/どのくらい/治る」

って何百回検索かけた事やら。


治ってません。
あと1ヶ月で県大会出場への扉は閉ざされます。
前回の記事で貧血じゃないかって書いたけど、どうやら病院で言われたりしたのは「クラムジー」という成長期特有のスランプ。
オスグッド→クラムジーが半年おきにやってきて、その合間に急激にいい記録が出たりする。
今身長は171センチ。体重47キロ。
しかもまだ声変りしてません。
大きい小学9年生てきな。
筋肉もついてこない。
だってまだ子供だから。
でっかい身長の上に小学生みたいなあどけない顔がついてる。

でも周りの人たちは、同級生の大人な筋肉とうちの息子を比べ
「足が細すぎる」
「○○君や△△君はいい筋肉がついてきてるのに」
「もっと食事を頑張らなきゃダメだ」
とか、あーだこーだ言ってきます。

結構しんどいです。私が。
あちこち病院やら整体やら連れてって、食事もタンパク質中心にしてるし。
息子も筋トレもストレッチも時間がある限りやってる。
いろんな方法でもっと食べさせようとして努力してる。
でも無理やり口開けて押し込むわけにいかないし、じゃああなた代わりにやってみてと。

もちろん、息子の事を考えて言ってくれてるのは分かるんです。
でもどうしようもない時期ってあるんだなと。
今は身長の伸びが落ち着くのを静かに待って、高校行ったら筋肉付けて炸裂すればいいって家族で話し合ってモチベーション上げてます。

でも同じ部活の友達からの心無い言葉とか、こういう時はいつも以上に刺さるわけで。
昨日は悔しくて悲しくて一睡も出来ませんでした。

結局愚痴っただけですが。

いつかこの記事は笑って読めるようになるのでしょう。

焦ってるのは私一人であって。
旦那は高校、大学でピークがくりゃ問題ねーだろってヘラヘラしてるし。
息子君はなぜかへっちゃらな感じで毎日練習してます。
私一人がおちょこ以下の器の小ささのようです。

秋に開催される大きな駅伝大会。
その為に各部活の足の速い子達を招集して特設の部が作られる。
夏からかなりハードな走り込みが3ヶ月続く。

去年もそうだったけど、ここでオーバーワークで足を痛めてしまうのだ。
子供達は足が痛くても中々部活を休まない。
他の選手に負けたくないのもあるし、皆頑張っている中自分だけ休むのはとても勇気がいる。
それよりもっと練習して強くなりたいとすら思っている。

うちの息子はまだ成長期が来ていない。
筋肉は貧弱だし、足なんて棒のようであだ名は「ゴボウ」。
県大や全中に行く子達の体はもう出来上がっていて大人のような子達ばかり。
気持ちは焦るがシンスプリントとオスグッドを繰り返し、騙し騙しここまで練習を続けて来た。

なのに、ここにきて大会のタイムがどんどん落ちて来た。
しかも今まで出来た練習も激しい息切れでついていけない状態に。
ライバルにもどんどん抜かれて行く現実に困惑する息子。

病院に行って検査をした結果軽い貧血だと。
でも普通の生活では支障ないから病気扱いにもならず、サプリで調整することになった。

もっと練習したくても足が故障しない程度に、体が悲鳴をあげないように、食べ物、睡眠、ストレッチ、本当にシビアなスポーツだと最近実感している。
勉強もしなくてはだから、10時前に布団に入るのも努力しないと難しい。
頭を抱える日々。

週末、箱根駅伝の予選会を見た。
必死に頑張る選手達も何年もこうやって地道な努力の積み重ねでここにいるんだと思うと胸が詰まる。
息子とかぶる。

思い通りにならない事はこれからもたくさんあると思うけど、小学校の頃の「走るの楽しい!走ってくる♪」とキラキラした目で言っていたあの気持ちを忘れずに頑張って行けるといいね。ケイも私たちも。

8月のある朝、寝起きの旦那が右脇腹が痛いと言った。
相当痛むらしく、盲腸ってどっちだっけって言ってる。
私は病状を調べつつ病院を探したんだけど、旦那はシャワーを浴び仕事に行く準備をした。
いやいやいや、無理でしょ。
でも急には休めないって出て行っちゃった。
数分後TELで、
「吐いた。やっぱ病院行く。」
と戻ってきた。

どこが悪いか分からないから何科に行っていいか分からず、とりあえず一番近くの総合病院へ。
外科に回されたんだけど、すっごい人であふれかえっていてかなり待つだろう事間違いなし。
普通に座っていることも出来ず、看護師さんに相談して空いている処置室のベッドを借りた。
先にレントゲンとCTを撮り、血液検査、検尿したらすごい色の尿が出たらしくビビる旦那。
そんな旦那を見てもっとビビる私。

ベッドに横になっても痛みが取れずのたうち回り何度も嘔吐。

・・・・何これ、超怖いんですけど。

痛み止めを何度頼んでも医師から処方が出ないとダメと断られ続け、病院に到着してから1時間半位?してからようやく医師が来た。

レントゲンの結果結石の可能性が高いから泌尿器科に診てもらうようにと。

ここでようやく痛み止めの座薬をしてくれた。
が、全く効き目なし。
その間何度も嘔吐。
また数十分我慢して痛み止め入りの点滴開始。

泌尿器科の医師が来て、CTの写真を見せてくれた。
3.5ミリ位の結石が尿路をふさいで腫れている。
石が動いて尿が流れれば痛みは取れるとの事。
診断は尿路結石。

原因がはっきりしてやっと安心。

とにかく水分を取って尿を出して石を出すしか方法がないそうで処置する事もないんだけど、痛み止めが効かないから帰るのが怖ければ入院しようという事に。

私は一度帰宅してケイのお昼の準備と入院の準備。
その後また病院へ。
4人部屋でげっそりの旦那。
少し痛みが落ち着いて来たらしく、少し会話が出来る程度になっていた。
点滴も効かず、あの後注射でさらに痛み止めを打ったらしい。

病室で看護師から入院手続きの説明を受ける。
すると何故かどこかで聞いたようなセリフが。。

「ここは特別室なので差額ベッド代が3500円(だか)別にかかります。」

・・・・・・・・・・・・12年前の入院騒動リターンズ。

「いやいやいや、頼んでないのですぐに普通の大部屋に変えてください。」
(つか、四人部屋だけどね)

「え?はぁ。うーん・・・ちょっと後で相談してきます」
と看護師出て行ったまま戻らず。

実は私が帰った後、意識朦朧としている旦那に個室にするかと聞かれたらしく、大部屋でいいと答えた旦那。
「3500円の4人部屋でもいいですか」と再度聞かれ、うんうんとよくわからないまま頷いてしまったとか。
まさか特別室なんて思わなかったらしい。
特別室と言っても棚が付いているというだけなんだけどね。。



なんかさー、一気に不信感(-"-)


しかも外科で最初にレントゲンとCT撮った直後に、泌尿器科で再度レントゲン撮られたんだと。
何故立て続けに2回も?

いろいろが疑わしく感じてきちゃいまして。
結局看護師戻ってこないのでその日は私は帰宅。

2日目、病院に行くとまだ特別室にいる旦那。
「なんかずっとはぐらかされてて部屋移してくんない」

もう普通に歩けるようになって復活してたから、二人でナースステーションへ。

まずこちらが希望して頼んでいないので差額ベッド代は払えない。
承諾書はサイン出来ない。
以前も他の病院で同じ件で請求され、厚生省に問い合わせた事があると。
と訴えてみた。

すると誰が誰にどう言ったとか、どう説明したとかコソコソ話し合い始め、看護師長と相談するから病室で待つようにと言われた。

病室でしばらく待っていると看護師長が来て
「今回は差額代は頂かなくて大丈夫です」
と笑っていない目で笑顔で言われた。

その後速攻で別部屋に移されたんだと。


ちょーーーーー不信感。

なんでしょ、この近辺の救急対応の総合病院の体質。
ちなみにDAIGO的に言うならばNDGY病院。
そして前回の問題だったとこはTHKG病院。

普段病院なんて行かないからいざというとき困るな。

泌尿器科は隣の市に評判のいい専門医がある事が判明。
次は迷わず行ける。

でも入院費や保険の書類料金は普通だったし、外来の対応も良かったんだけどね。

あ、もう一個信じられん事あった。
処置室で嘔吐したビニール袋を病棟へ移動する旦那に持っていけと言われたって。
私は旦那のゲロをトイレに捨ててこいと言われた。
絶対普通ではないと思う。
びっくりした。

二泊三日で退院した旦那。
でも今回よほど痛くて辛かったんだろうね。
めちゃくちゃ真面目に薬飲んでる 笑
そして食生活も真面目になっている。

夜寝る前にスナック菓子ペロリ。いつもコーラとか飲んでたし、揚げ物大好きだったし。
好きなだけご飯おかわりしてたし。
最近の健康診断で中性脂肪の数値がやばかったんだよ。
どっか体に来るよって言ってたら腎臓に来た。
もう若くないね。私も気を付けよう。



気が付けば一年以上放置状態。
こちら家族皆元気です。

ケイは中2になりました。
駅伝部所属。今トラックシーズン真っ盛りです。

前回の記事で一年後にはすね毛もボーボー、声変りもしているだろうなんて想像していましたが・・・
・・・全くその兆候がありません。
キンキン高い声でよくしゃべり、よく笑い、反抗期は?って感じで。
言うなれば小学校8年生といった感じ。

身長は163cm、体重は41圈 かなりの痩せすぎ。
もう少し筋肉を付けないとダメだと言われ肉料理をたくさん作るのですが、食べるのは旦那ばかり。
健康診断で中性脂肪が厳重注意になりました。
中々ケイの食が増えないのがマジで悩みの種。
運動量が半端ないから食べても食べても追いつかない。
成長期が待ち遠しくなっています。

小学校の頃陸上でライバルだった他校の子達はどんどん大人みたいな体つきになり、タイムもすごい離されて最近焦りを感じている様子。

4VBlKZvG_lIC6761497930916_1497930956









練習に関しては相変わらずストイック。
今はテスト前で部活ないんだけど、勉強の合間に7キロペース走してきてた。
朝も早起きして坂道トレーニングやジョグしたり。
私はご飯を作る事と試合の応援に行く事くらいしか出来ないけど、ずっと励まし続けようと思います。

DGGEGS1_f9tMhfr1497929907_1497930320










部活は小学校からの仲いい仲間に恵まれ、本当に楽しくやっています。
お母さん仲間もいい人達ばかりで遠征の時も皆でワイワイしながら楽しい中学校生活を送らせてもらってます。
不思議と長距離やってる子って優しい性格の子が多い気がする。

MK0po4BUNTkQnXh1497930643_1497930848










楽しそうな部活の様子。
写真撮ると大体宙に浮いてる。

今週は期末テスト。
中学校生活は本当に忙しいです。

あと半月ほどで卒業式。
6年生の一年間の早かった事と言ったら。
きっと中学校生活もあっという間に過ぎ去っていくんだろう。
あと一年もしたらつるんつるん肌のケイもすね毛とか生えたり声変わりしてるんだろう。
ひげとかも?

信じらんない・・・orz

少し子離れしていかないと。。

あさっては卒業生を送る会がある。
まず、泣くかも・・の前に私の花粉症がひどくて朝起きてから目が真っ赤。
鼻水ダーダー。
いつでも涙流せます状態。
大きいタオルハンカチ持っていかないと。

ケイは中学が楽しみで仕方ないらしく、早く卒業したいらしい。
まぁ中学校は小学校の隣だからね。
寂しくはないだろうな。

少し前からケイがオンライン英会話を始めた。
ネイティブキャンプってとこ。
レッスンし放題で一カ月4950円。安すぎる。
最初は嫌がってた感じだったけど10日もしたらだいぶ慣れてきて、ここ数日は発音がかなり良くなって来てる。
子供の吸収力半端ない。

ケイがやってるのを見て後ろで一緒に発音練習とかしていた私。
なんだか私もやりたくなっちゃって、でもウェブカメラで見る自分の映像が恐ろしくぶっさいくに見えて躊躇 笑

でも何か始めたいと思っていたから、親子で出来るか確認してみたら親子で1人分のレッスン代でいいと言われついにデビューした〜。

いやーー、初レッスンは緊張で変な汗ドバー!
息子の後ろで聞いてるのと違うのよ。
最初だからか、緊張しちゃって半分頭真っ白。
口も動かないし声も小さいし。
OKだかYesだか、返事の仕方もどうすんだかわかんなくなる始末。
途中「はい」とか答えてたし 笑

ケイほど成長するとは思えない自分。
慣れたら少しはマシになるのか?
やっぱあれだね。子供にだけやりなさいって押し付けてブーブー文句言うのは駄目だね。
自分がやってみて初めてわかる苦労。
ケイの緊張や発音の難しさが理解出来て良かった。
一緒に頑張って行きます。
いつかペラペ〜ラになれる日を夢見て。。

あと2カ月でケイは小学校卒業。
早いな〜。
もう6年経ったのか。
私にベタベタくっついて来るのもあと少しなんだろうな。

お正月は弟宅。
10か月になる姪っ子が可愛くて。
なぜか我が家3人にあまり懐いてくれなくて。。 それでも振り向かせたくて必死。

ケイが麻雀覚えたからジジと弟と弟の奥さんとハルと私で入れ替わりながら麻雀大会。
にぎやかでのんびりとしたいいお正月でした。

弟宅は横浜で箱根駅伝を走る場所からすぐ近く。
ケイはそりゃーもう楽しみにしていたわけで。



1区トップの青学久保田選手。
格好いい!

さてこの画像の中にケイ映ってます。


沿道右側を疾走するアホそうな黄緑トレーナー。

正月明け早々笑って貰えたかな?
前日に走れそうな広い歩道を探しに旦那と下見に行っている 笑
当日は車道側の場所取りでひしめき合っている人々のはるか後ろで黙々とアップする小学生。
実はこの映像より500m位前から走り続けていた。

いつかは車道側を走れるといいね!

夏〜秋にかけて1000mの大会が続いた。
力は付けて来ているのに本領発揮出来ず。
6年だからこそのプレッシャーはかなりのものらしい。
それを乗り越えるのも試練なんだよね。
体は鍛えられてもメンタルを鍛えるのは至難の業。。

市の大会では昨年より順位を下げ10位。(去年は8位)
タイムも去年より1秒遅い。

悔しい!<旦那と私が

あのくそ暑い中、応援行ってるだけでもぶっ倒れそうな中で走り続けてるの見てるし、苦手なストレッチも毎晩やってる。
何でタイムが出ないんだ。。

レースの日の夜、ケイに
「悔しかったね。」
と言ったら

「そう?」
とケロっとしてる。

「え?悔しくないの??」

「だって俺まだ通過点だし」

え?あ、そ、っそうっすか。

すげーポジティブだな。

というか、うちら親だけが負けて落ち込んでたってね。
去年より当然もっと上だろうって勝手な期待して盛り上がってたうちらが反省。
うん。こういう時期もあるわな。

次は冬の駅伝大会に向けての練習。
めちゃくちゃ張りきってる。
2キロの方が好きなんだと。
今週も来週も大会。
嬉しそう〜♪

負けてもへこたれず、ただただ好きで走り続けてる。
頑張れ!

IRRc6GZe0AXPdiP1444790148_1444790287

6年ぶりに胃カメラ検査してきました。

なぜならここ一年位ちょくちょく胃炎が復活していたから。
長引かないから勝手にPMSだと思っていたんだけど、1週間前にひどい張り、胃が固い感じ、ムカムカ、そして強烈に痛くなり怖くなって前回と同じ病院に電話をすると、来週キャンセルが出たからすぐに検査出来ますと。

なんかこういうのって怖い。
話がトントン拍子だと何かあるんじゃ?みたいな。
前回も予約は数カ月先だったはずだし。

恐怖感いっぱいで検査当日。
前回全く平気だった胃カメラ。
今回はカメラを入れる時と出す時、オエオエ感いっぱいだったんだけど(T_T)
麻酔の看護師さんもなんだか雑な感じだったし。
医師の当たり外れあるわ〜。

検査の結果・・・・


慢性胃炎
胃の中真っ赤!



そしてまさかの・・・・・・・・・







ピロリ菌陽性








えーーーーーー!!!\(◎o◎)/!


6年前のピロリ菌除菌、見事に失敗でしたがな。

除菌して良かった♪と、あの喜びに満ちた日々は一体・・・


ただ、この数年で除菌が胃炎でも保険適用になったり、薬もいろんな種類が出来たらしくかなり進歩してるんだと。
昨日から二次除菌開始しました。
除菌成功かどうかの検査キットも貰ってきたからね。
どうか今度こそ全滅頼むよ!

このページのトップヘ