オムサさんの「心の経営」の講習に行ってきました。

今日の講師は、BAGZYの久保社長。

心の経営の先駆者として最近では、NHKに出られたりしてます。

異業種からの講演依頼もあって年間300をこなす方。

 

今日は、心にビンビン響いてきました。

経営をしていく上で重要なのは、従業員満足お客様満足である。

お客様満足をする上で大事な指標は、大きく3つ。

1つは、予約率を上げる

2つは、紹介をあげる

3つは、地域に好かれる

です。

 

1つ目の予約率ですがこれは、再来店率に直結しています。

いいお店は、予約していく。

どうでもいいお店は、飛び込みで行く。

居酒屋と同じ。

ちょっといい居酒屋や何かイベントがある時は、必ず予約をする。

予約を取ってもらえる=お客様の会いたい人になる。

予約を取ってもらうとたくさんの準備が出来る。

それも予約の方の為に。

目指せ再来店率(予約率)100%です。

 

2つ目は、紹介を増やす

人でも物でも店でもいろんな場所でも紹介する時は、どんな時でしょう?

それは、圧倒的にその人にとっていい場所、いい事がある時。

紹介する時に「あの店は、味がボチボチやから行ってみて」

って言わないでしょ。

絶対に「あの店は、メッチャおいしいか行ってみて」

など圧倒的に何かが違う時なはず。

そして何よりまったく知らない店より知ってる人に紹介してもらったほうが行きやすいし、こちらも対応しやすい。

会話も弾むしね。

紹介のお客様が増えるとお客様の質もグッとよくなる。

紹介は、重要!

 

3つ目は、地域に好かれる

隣、近所のお店に「あそこは、ねえ・・・」って悪く思われてると、絶対に流行らない。

店の中では、すごくいいスタッフでも店を出たとたん、くわえタバコでさらにポイ捨てをして爆音のバイクで帰って行く。

そんなスタッフが周りの方々にどう思われているか。

絶対にいい印象は、無いはず。

そして「あの店は・・・」って事になる。

だから地域であるイベント(お祭りや清掃など)には、積極的に参加をしたほうがいい。

参加してて悪く言われる事は、無いはず。

参加してなければ、何を言われてるやら・・・。

そしてどうせお金を使うのなら近所の店で使った方がいい。

歓迎会や店で飲み会など。

それが店の宣伝にもなるしね。

使った分は、必ず何かの形で帰ってくるのが世の常。

地域を侮っては、いけない。

地域になくては、ならない店になれればいい。

 

ここまでは、お客様について。

また、スタッフ満足については、アップします。

また、来月もあるのでかなり楽しみな講習です。