April 17, 2009

iTunesの再生履歴を管理してみる

0b373207.pngラジオでプレゼントが当たったみたい。
めっさ嬉しい!何が当たったかは届いたら載せます。

ベースボール犬(こんな名前だっけ?)のミッキーが死んだらしいね。あの市民球場でボール運んでた犬。2代目とか出てこないんかな。


iTunesでは各曲に対して最新の再生日が記録される為、例えば「2008年、1年間で一番聴いた曲トップ10」みたいな情報は得られない。
Last.fmやmixiミュージックなどの再生履歴サービスを使えばある程度のことはできるけど、細かい情報が欲しいという人の為にツールを作ってみた。

コイツはiTunesの最近再生した曲のプレイリストをエクスポートし、ソイツを取り込んでDBで管理する。
なので、○月○日から×月×日の期間でのトップ10情報の抽出というような細かい指定が可能だ。

ただ上記のように再生履歴管理上、正確に集計しようと思ったらこまめにデータを取り込む必要がある。
エクスポートしたデータの中には同じ曲を何回再生していても、最新の1回分のデータしか出てこないので。
取れる情報は再生曲数、1日平均、曲ランキング、アーティストランキング、アルバムランキング、アーティストの曲ランキング・・・かな。

本体はExcelマクロでデータはAccessのDBで管理する。


使い方は、

・履歴をエクスポート
まずiTunesで最近再生した曲のプレイリストをxmlでエクスポートする。(1回目はプレイリストの条件を広くして過去の曲も取り込むとデータが多くなる)

・コード変換
そのxmlファイルをメモ帳で開き、名前をつけて保存で文字コードをUTF-8からANSIに変更して保存する。(文字化けするみたいなので)

・取り込み処理
変換したxmlを入力ファイル名に指定して取込処理を開始する。

・データ抽出
あとは、それぞれのシートからデータを抽出すればOK。
日付を入力すると、指定した範囲内のデータを抽出する。空白にしておけば全てが対象となる。
抽出する件数は出力件数へ指定しておく。

・補足
今あるデータよりも古いデータは取り込みません。
1月のデータ、2月のデータとある時、間違って先に2月のデータを取り込むと1月のデータは古いので取り込み処理の対象とはならない。
アーティストで集計するか、アルバムアーティストで集計するか、切替え可能。
ExcelからAccessのDBを使うのでAccessがインストールされてないと動かないかも。
バージョンの違いで参照設定とかやり直さないといけないかも。

こんな、感じです。

さて、何の役に立つか・・・、自己満足かな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Counter

    Archives
    Categories
    記事検索
    QR Code
    QRコード
    ギャラリー
    • 2021年に聴いた音楽を振り返る
    • 2021年に聴いた音楽を振り返る
    • 2021年に聴いた音楽を振り返る
    • 2021年に聴いた音楽を振り返る
    • 2021年に観た映画を振り返る
    • DataGridViewでソート後に選択したデータを取得する方法(VB2008)
    • Ankerのイヤフォン、充電器を買っちゃった(Amazonブラックフライデー)
    • Ankerのイヤフォン、充電器を買っちゃった(Amazonブラックフライデー)
    • Ankerのイヤフォン、充電器を買っちゃった(Amazonブラックフライデー)
    • Ankerのイヤフォン、充電器を買っちゃった(Amazonブラックフライデー)
    • Echo Show5を買っちゃった(Amazonブラックフライデー)
    • 自宅の固定光回線の会社を乗り換えてみた話
    • 自宅の固定光回線の会社を乗り換えてみた話
    • 無印iPadこと『iPad (第9世代)』を買った
    • 無印iPadこと『iPad (第9世代)』を買った
    GEMS RSS
    Recent Comments
    楽天
    楽天で探す
    楽天市場
    • ライブドアブログ