敬天齋主人の日記帳

ようこそ、敬天齋主人のブログへ。お立ち寄り、真に有難うございます。 このブログは中国の伝統文化や古美術を愛してやまない私・敬天齋主人が、その日出会った 人や出来事、また趣味・嗜好など、勝手気まま、自由奔放に綴る日記帳です。

1月23日:「一無二少三多の日」3

一無二少三多おはよーございます。今日1月23日は「一無二少三多の日」です。なかなかピンとこないと思いますが、要するに「無煙・禁煙の勧め」の日なんです。

【一無】
身体に悪影響をもたらす「タバコの三悪」として、喫煙によって身体に運び込まれるニコチン、タール、一酸化炭素を指しています。若年層の喫煙ゼロを目標に掲げています。

【二少】
少食、小酒を指しています。生活習慣病対策として、食事療法という言葉がよく用いられるコトから、糖尿病、脂質異常症、高血圧の予防・治療の基本として、「腹八分目に医者いらず」を推奨しています。

【三多】
多動・多休・多接の勧めで、メリハリのある生活は、健康長寿には欠かせない要素としています。

さて、先に世界保健機構(WHO)が発表したデータとして、世界60億人の人口のうち20億人以上が肥満か太りすぎ、また学童期の子どもでは1億5,500万人が太り過ぎ、さらに世界の5歳以下の子どもでは2,200万人以上が太り過ぎという驚きの調査結果が出ています。太り過ぎはロクなコトありません。

「一無二少三多の日」、なかなかいい教えですねぇ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

トランプ“こき下ろし”商品2

チキン・トランプ中国語でヒラリーは「希拉里」ですが、アメリカ次期大統領・ドナルド・トランプは「特朗普」と表記します。中国は「中国と台湾は不可分『一つの中国』だ」と主張する原則に対し、就任前からツイッターなどでその考えを見直す可能性を示唆したトランプ氏。これに対しては、中国当局のみならず一般の中国人の間でも反発が強まっており、面白い商品が出回っています。

「酉(とり)」にちなんだニワトリ型宣伝バルーンは、英語「チキン」は俗語「臆病者」で知られており、侮蔑を込めているといわれています。他にもトランプ氏の姿を印刷したトイレットペーパー、「I LOVE CHINA」と書かれたアップル製スマホ「アイフォーン」用カバー、次々と“こき下ろし”商品が出回っています。

これ、本人が見たら、 ツイッターで“倍返し”するんだろなぁ、ハハ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

アパホテルCEO・元谷外志雄代表、ご乱心か?2

APAホテル問題アパホテルのCEO元谷外志雄代表の著作で、中国が犠牲者30万人と主張する「いわゆる南京虐殺事件がでっち上げであり、存在しなかったことは明らか」と記述しています。中華民国当時の首都・南京を占領した日本軍が、多数の敗残兵や住民らを殺害したとされています。しかし、犠牲者数や存否論争は今でも続く南京事件、中国犠牲者数が「30万人」と主張しますが、日本で支持する有識者はおらず、国を挙げた中国側の執拗な主張で、30万人説が国際的に一人歩きし、ついにユネスコ記憶遺産になってしまいました。

一部、事実でないコトを我慢ならない日本国民である元谷氏が、南京大虐殺を否定する書籍をホテルの客室に置いたコトは、僕は客商売をする人が何でこんなコトするんだろと不思議に思っています。中国外務省がアパグループを非難して国を挙げて攻撃するコトは明白なのに、それほど許せないコトだったのでしょうか。

しかし、27日からの春節休暇を前に、中国では複数の予約サイトでアパホテルの予約が出来なくなりました。アパホテルを検索しても表示されなくなっています。

それでも元谷氏は自分の主張を、アパグループを挙げて行う必要があったのでしょうか。元谷氏は書籍を客室から撤去する考えがないことを明言しましたが、「嫌なら泊まらなければいい」、また「言論の自由」を支持する声も多いようです。アパグループ支持の意見は「よく言った」、「中国に負けるな」、「炎上しても商売に影響しない実例を作ってほしい」という意見もあるようです。

しばらく、この騒動は続きそうです。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

第45代アメリカ合衆国大統領就任式3

アンチ・トランプ1月20日は「大寒」です。僕が生まれた1961年の今日、ジョン・F・ケネディ氏が第35代アメリカ合衆国大統領に就任しました。

アメリカ合衆国大統領の就任式は西暦年が4で割り切れる年の翌年のこの日に行われます。これは、アメリカ合衆国憲法修正第20条で
  「大統領の任期は1月20日の正午に終了すること」
とされており、その瞬間から次の大統領の任期が始まるからだそうです。

今日、いよいよ共和党のドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統領としてアメリカ合衆国議会議事堂で宣誓式(式典開始9:30〜 宣誓12:00〜)を行い、その後、就任演説を行います。女性蔑視の最右翼とも酷評される彼の就任式には、相当数のアンチトランプを掲げた民衆によるデモが予想されており、新大統領にとっては波乱の幕開けとなるコト必至です。

彼が公約として掲げた以下の項目、
 1. メキシコ国境に壁を築く
 2. 不法移民の強制送還
 3. イスラム教徒である難民の受け入れを拒否
 4. オバマケア(医療保険制度改革)の廃止
 5. 対中国政策(対中強硬策)
 6. TPP脱退
どうするんだろなぁ………。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

欧陽詢楷書墓誌集3

BOOK-欧陽詢楷書墓誌集先日、東京のある先生のお宅にお邪魔した際、最新刊の書籍を見せられました。

欧陽詢楷書墓誌集、欧陽詢書丹の墓誌名拓が紹介されているのですが、「姚辯墓誌」と「爨娘子墓誌」以外は全て2000年以降の出土と記されていました。姚辯墓誌ほ出土してしばらくしてから小生が“あるルート”から入手して数名の先生にご紹介した経緯があり、早速、本文を見せてもらったのですが、「あれ?」って思われる掲載になっています。

見開きで全套本が掲載されているのですが、本文は剪装本が掲載されていて、明らかに定本が違います。しかも、全套本は上部が欠落しているのに、剪装本はその部分が掲載されています。文字の調子から見て、明らかに
剪装本の方がよさそうです。

原石の所在地も明記されていませんし、謎だらけの出版物で、頭を抱えてしまいました。どなたか審議についてご教示くださいませんでしょうか。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

大きな縁起物4

エベっさん-縁起物えびす信仰の福笹、吉兆笹は、元々は京都ゑびす神社から始まり、その後、オリジナルな札の形態を倣ったものが広まったと言われています。笹は孟宗竹の葉で、新年、めでたき(芽出度き)松竹梅の竹で、絶やすことなく年中青々と繁って折れるコトがないコトから、縁起物の象徴も呼ばれます。そして、節目正しく真っすぐ伸びて成長する性質は、家運隆盛、商売繁盛につながると縁起を担がれてきました。

笹に飾り物を付けたもののほかに、福をかき集める「福熊手」、かき集めた福を取り入れる「福箕」や「福籠」、飾り物には、大宝、福俵、千両箱、福輪、福鯛、大判小判、宝来、金蔵、駒札、福熊手、福箕、小槌に、宝船、福鈴など、ご利益投資と考える浪速の商人が、これでもかというくらい大きな縁起物を買って帰ります。

去年から取り掛かった「民間に眠る名品シリーズ」三冊、また「書法漢學研究」合併号も無事、上梓したので、ここからこの勢いのまま今年も乗り切ろうと、これまでにない「大きな縁起物」を奮発しました。エベっさん、商売繁盛、頼んまっせぇ〜〜〜。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

書法漢學研究 19/20合併号 刊行5

1920号組見本-2書法漢學研究 19/20 合併号、ようやく納品されました。昨日、発送作業を行いましたが、降雪で配達が遅れる地域もあるとのコト。今しばらくお待ちくださいませ。

目次
巻頭カラー「未剔本大盂鼎」(縮小38.9%)
未剔本「大盂鼎」楊沂孫釋 張効彬跋 
 林 宏作(桃山学院大学名誉教授)
「大盂鼎」未剔本考
 伊藤 滋(東京学芸大学非常勤講師)
大倉集古館蔵「晋沛国相張朗碑」考察 
 近藤 茂(アートライフ社 代表取締役)
沈遼と北宋書壇(一)
 陳志平著(中国・★南大学芸術系教授)★「既」の下に「旦」
 菅野裕子訳(立命館高等学校教諭)
安田老山の芸術境 ―岐阜に残る作品群をめぐって―
 村田隆志(大阪国際大学専任講師)
昭和三年の御大典と山本悌二郎
 井後尚久(澄懐堂美術館 学芸課管理主任)
長尾雨山漢詩補遺集(二)―庄司乙吉との交流から始めて―
 大野修作(書法史家・元京都女子大学教授)
本画仙紙伝統製法を物理的に測定、考察する
 青柳貴史(株式会社宝硯堂・製硯師)
董其昌とその時代
 富田 淳(東京国立博物館 企画課長)
書って何?
 桐山正寿(毎日新聞社学芸部編集委員)
三浦英蘭と松丸東魚―二人を結ぶ『文藝春秋』のビール広告―
 森岡ゆかり (近畿大学非常勤講師)
漢詩紀行 第五次安藤豐邨詩書展西安訪中に際して
 安藤豊邨(毎日書道会評議員)
長堀特集 番外編(前編) 
 花田尊文(神戸松蔭女子学院大学専任講師)

では、これから東京出張して来ます〜〜。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

弊社刊「民間に眠る名品」シリーズの新刊「中国名家書翰選粋」5

中国名家書翰選粋-組見本ついに納品されてきました。

新刊「中国名家書翰選粋機↓供廚鯑鷓、同時出版させていただきました。中国明清朝期に活躍した13名の書家の尺牘、詩翰、詩稿、原稿などにスポットを当て、原色・原寸で紹介するものです。先に上梓した「呉昌碩手札詩巻合刊」同様、創作を意識した作品とは違い、日常の筆跡を知るためには尺牘(手紙)は最高の資料です。

本書で紹介した尺牘は、
「中国名家書翰選粋 機
 陳洪綬手札
 梁同書手札
 伊秉綬手札
 吳雲手札
 楊峴手札
 趙之謙手札/書翰
 蒲華詩稿
  A4並製 全頁カラー 本文126頁

「中国名家書翰選粋 供
 阮元手札
 樾祖孫父子三代手札/詩翰
 翁同龢手札
 吳大澂手札
  A4並製 全頁カラー 本文132頁

となっています。図版監修・釈文は桃山学院大学名誉教授・林 宏作氏に依頼しました。箱書、装丁、題箋など、伝世経緯の分かる箇所も掲載、そして全文原寸掲載、さらに全頁カラーにて紹介しております。

定価はそれぞれ3,000円+税です。是非、多くの方のお手元に置いていただきたく、告知させていただきます。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

ハリウッドサイン2

Hollywood-悪戯年末年始、Los Angelesに旅行して来た友達からニュースが………。

ロサンゼルスの観光名所・ハリウッドサインに悪戯したヤツがおるらしいです。どうやら、1月1日早朝に「HOLLYWOOD」を「HOLLYWeeD」にしたようです。現在、WeeDは一字だけ「O」に戻されて写真のようになっているそうですが、Weedは一般的には「雑草」ですが、隠語は「マリファナ」ですから、かなり悪質な悪戯ですよねぇ。

犯人は地元アーティストのザック・フェルナンデスという人物で、Hollywoodサインの部分まで登るのも大変なのに、“単独登頂”して悪戯したようで、防犯カメラにもバッチリ映っています。こいつ、この後、どないなるんだろなぁ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

散華3

散華−画像寺院で法要を巌修する時に、諸仏を供養するために花が撒かれます。これを散華というのですが、何千枚もの紙花が御堂の屋根から撒かれ、蒼天に五彩舞う情景には格別の風情があるとされています。

元々は蓮弁など生花が使われていたのですが、いつからか蓮の形をかたどった色紙が代用されるようになりました。一部の寺院では著名な画家に原画を描いていただき、それを元に木版などで印刷したものを「記念品」として使用したり、販売しており、なかにはそれらを美術品として蒐集する方も少なくありません。

写真は昭和55年に東大寺の大修理落成記念に作成された、杉本憲吉(上)、平山郁夫(下)、両画伯の散華です。なかなかユニークで可愛らしいんです。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

Profile
敬天齋主人
敬天齋主人プロフィール

1961年8月1日大阪府堺市生まれ。 立命館大学経営学部経営学科卒。 趣味はゴルフ、元極真会館空手マン (芦原道場)も今は影も形もなく錆びついた中年、トホホ…。 書道関連・中国関連の仕事に従事して十数年、年に3〜4度は単独訪中、完全にマニアと化してしまう。
斎号


敬天齋は私の齋号です。実は出版に携わる私の書斎は、書籍・雑誌等の資料で埋もれています。いつからか事務所は勿論、家内の実家にもダンボール数十箱、弟の家にも数十箱、ガレージも山積みになってしまいました。当然事務所にも避難(?)させたのですが、新しい資料や必要な書籍が出るとつい買ってしまいますので、日に日にこの事務所も手狭になってきました。

ある日その状態を見かねた友人の上海人が「まるで天一閣ですね。」と言ったのです。

「天一閣」、それは中国浙江省寧波にあり、明代に焼失しその後再建された「天一閣」という、日本で言う国会図書館みたいなトコのことです。希少価値があり、資料的価値の高い、「人に自慢できるライブラリーになればいいな。」というところから、≪天一閣を敬う≫イコール敬天齋とその友人が名づけてくれたのです。

自身も気に入っていまして、いろいろなトコでペンネームとして使っています。中国の友人からも齋号印のプレゼントをもらったりしますので、所有する印も数十個になりました。
Archives
訪問者数

Recent Comments
アートライフ社の仕事
どうぞお気軽にお問合せください。
あなたの“素敵な一冊”を必ずお創り申し上げます。

●北野摂山個展<書・篆刻>
B4版変形 本文104頁オールカラー(綴込3頁)
2002.08


●小伏小扇書展
A4版横 本文48頁2色刷(カラー4頁)
2002.09


●小林鷺游 CALLIGRAPHY WORKS
B5版 本文40頁(カラー8頁)
2004.07


●石廬印存
A4版 本文オール2色刷80頁
2004.08


●大家 勝ステンドグラス作品集
A4版上製 本文96頁オールカラー
2004.10


●大槻吟風作品集
A4版 本文40頁(カラー8頁)
2005.10


●古溝幽畦作品集
A4版 本文24頁(カラー16頁 2色刷6頁)
2006.02


●有野ソウ(王編+争)扇書作品集 FROM THE UNIVERSE
A4版 オールカラー本文52頁 綴込1頁
2006.07


●小伏小扇書展 
心の庭・数
A4版 オールカラー本文62頁 綴込1頁
2007.01

  • ライブドアブログ