敬天齋主人の日記帳

ようこそ、敬天齋主人のブログへ。お立ち寄り、真に有難うございます。 このブログは中国の伝統文化や古美術を愛してやまない私・敬天齋主人が、その日出会った 人や出来事、また趣味・嗜好など、勝手気まま、自由奔放に綴る日記帳です。

山手線の特別ラッピング車両「アイ・ラブ・台湾」4

山手線「アイ・ラブ・台湾」出遅れましたぁ。今、東京山手線で台湾の魅力を伝える特別ラッピング車両「アイ・ラブ・台湾」が運行しています。17日から始まったそうで、1カ月間の期間限定だそうです。今年1〜7月に台湾を訪れた日本人旅行者は昨年同期比17.93%増の延べ101万3668人と、台湾は相変わらずの人気旅行先です。

主催者JR東日本交通部(交通省)観光局が台湾系航空会社や旅行代理店などと協力して実現したそうで、社会人や家族連れに向け、同局の
  「思い立ったが台湾吉日」
のスローガンをダイレクトに呼びかけるとしています。

九フン(にんべんに分)や小型熱気球の天灯、マンゴーかき氷、小籠包、お茶、台北101(超高層ビル)、日月潭のサイクリングロードなど、さまざまなニーズに合った要素をちりばめ、台湾への関心を集めたいようです。僕は歩トンで経験していますが、こんなのを見ると、また行きたくなりますわぁ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

草津の「湯釜」4

草津の「湯釜」先日、朝の情報番組で、群馬県吾妻郡草津町の「上信越高原国立公園内」にある白根山が作り出す絶景「湯釜」が紹介され、思わず目を奪われました。

白根山山頂部に出来たこの湖は、直径約300m、水深30m、強酸性火口湖です。湖底から湧き出す硫黄泉はエメラルドグリーンの湖水で、冬季でも凍結しないそうです。湯釜のふちにある展望台から湖面が覗けるようになっていますが、現在、草津白根山の噴火警戒レベルが引き上げられており、火口から半径1km以内の立ち入りが禁止。草津白根山の噴火警戒レベルが引き上げられており、火口から半径1km以内の立ち入りが禁止になっています。

また、遊歩道が整備されているので、サイクリングの人も多く訪れるとか………。高山のため、気温、強風対策として夏場でも羽織れるものが必要だそうです。9〜16時と、冬期閉鎖になるので、11月上旬〜4月下旬は通行止めなので注意が必要です。また、駐車場から湯釜まで20分ほどの登りが続くので、疲れそうですが、ぜひ、行ってみたいと思います。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

頑張れ琴乃ちゃん!4

香妻琴乃223日、女子ゴルフのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは宮城県・利府ゴルフ倶楽部で第1ラウンドを行い、僕が応援する日本ツアーきっての”美女ゴルファー”、香妻琴乃(24=サマンサタバサ)ちゃんが久々にいいゴルフをしてくれました。

14年には初優勝のチャンスを逃したものの賞金ランク19位に入ったのですが、今シーズンは腰痛などに苦しみトップ10入り3回、賞金ランク56位と不調が続いています。

なかなか優勝に絡むコトが出来ずヤキモキしていましたが、昨日は7バーディー、ノーボギーの65という素晴らしいスコアで単独首位ですぅ。出だしの1番から2連続バーディ、圧巻は5番で7メートルのバーディーパットを沈めるなどパットが絶好調で、今季自己最少スコアをマーク、この調子であと2日間、戦って欲しいなぁ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

terrible draiver2

terrible draiver京都市下京区で今月1日から運用が始まった「優良ドライバーと高齢者の免許更新などができる」京都駅前運転免許更新センターで大トラブルです。

ここの電光案内板は液晶パネルで業務内容や受付時間を表示しているのですが、「高齢運転者」の英語訳として
  「terrible draiver」
と表示していたのです。外国人から指摘を受けた京都市が府警に連絡し発覚しました。

【terrible】用法
  terrible accident  悲惨な事故
  terrible at  ひどく下手である
  terrible at driving  運転が下手である

「高齢運転者」の英語訳が、何故「ひどい運転手」との英訳になるのか不明ですが、府警運転免許試験課は案内板を作った業者の英訳ミスと説明しています。って言うか、言い訳でしょうが。ちゃんと校正しろよって話ですわ。

結局、年上という意味の「elder」と入力し直し、表示を改めたそうですが、「確認不足で高齢者の方の気分を害し、申し訳ない」としていますが、日本人の英語力のなさが露呈する情けない事件です。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

幻のファインプレー1

横取りキャッチ9月17日に広島の本拠地・マツダスタジアムで行われた「広島×中日」戦8回裏の広島の攻撃で、丸選手が放ったホームラン性の打球を、フェンス際でスタンド最前列のファンが差し出したグローブでキャッチしてしまう出来事が起こりました。

レフトの守備にいた中日・工藤隆人選手はジャンピングキャッチを試みましたが、そのファンのグローブをつかんでしまい、キャッチ出来ずにそのまま倒れこんでしまいました。画像を見ても分かると思いますが、放っておいたらファインプレーですし、そもそもこの打球、フェンスを越えておりません。

試合後、工藤選手は、
「あれは捕れましたね、正直。仕方ないです」
と語っていました。

観客が試合の邪魔をしてどないすんねん! フェンス際は外野手の守備力の見せ所です。わざわざ球場まで足を運ぶ野球ファンだったら、余計なコトをせず、見守ってもらいたいですよねぇ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

道修町「志津可」4

志津可昨日は午後から弊社倉庫のある道修町でランチを済ませてから倉庫で調べものに時間を費やしました。どうも夏の疲れが出始めているのか、ここは一丁、奮発してっと、近くのうなぎ屋さん「志津可」に入りました。

外観、めっちゃ渋いでしょお。店内に入ると、カウンター、テーブル席、1階にも2階にも個室があるようです。このお店、大正初期に創業し、現在で三代目の老舗江戸前鰻店です。鰻は名産地・静岡県などから「安全・安心の国産鰻」を活けで直送しているそうです。しかも関西では珍しく、江戸焼きで提供してくれるんです。

出前やご宴会、ランチの折詰等の電話が引っ切り無しに掛かっていたので、すごい人気ぶりが伺えます。肝心のうな重ですが、蒸してから焼く関東流で、歯が無くても食べれそうなほどのふっくら感ですが、タレは関西風を意識してるのか少し甘めのですから、関西人も違和感なく食べれるのではないでしょうか。

限定数提供で希少なブランド鰻「共水うなぎ」があるのですが、予約が必要なので、今度はトライしたいと思います。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

豊 散山書法篆刻作品展-参観記4

豊散山個展先週、奈良教育大学教授の豊 散山(豊田宗児)氏が、韓国ソウル「耕仁美術館(キョンインミスルグァン)」で書法篆刻作品展を開催され、初日のオープニングと祝賀会に参加してきました。

会場は仁寺洞(インサドン)のメイン通りから少し離れたところにある閑静で古い韓屋を改築して韓国伝統の建築美を思う存分、感じさせるいい会場でした。

作品は中国の古典をきちんと昇華した趣のある篆書作品、篆刻は鳥蟲篆の作品に人気が集まってました。ご本人もさぞや手ごたえのある、大満足の個展となったコトでしょう。

韓国篆刻界ナンバー1の権昌林先生、田道鎮先生や「韓国書藝」の崔光烈社長とも久々にお会いし、また金さんには三次会から四次会まで「熱烈歓迎」お世話になってしまいました。こういう交流は無理してでも続けていきたいなと実感しました。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

韓国岩海苔3

韓国海苔ソウルに行くと必ず立ち寄る韓国高麗人参百貨店。そこで働く金鐘洙とは、来日した折には大阪案内したりするほど仲良くなっています。今回の韓国出張でも、またまたお世話になりました。ここではいつもお土産用に韓国岩海苔をまとめ買いしているのですが、前々から疑問に思っていた質問をぶつけてみました。

  このパッケージの「気味の悪い子供」ってモデルは実在人物?
 ずいぶん前から同じパッケージだけど何歳?

驚いたコトに彼は即答してくれました。この子って、すでに現在は40歳を過ぎているそうで、この韓国岩海苔メーカー創業者のお孫さんだそうです、ハハ。溺愛ですなぁ。

それにしてもパッケージをよく見ると、「天然」と「岩」は漢字なのに、なんで「海苔」と思われる部分はハングルなんやろ?? さらに、販売元の住所はカタカナで「ソウル」って書いてるし〜〜〜。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

9月17日:「イタリア料理の日」4

イタリアンおはよーございます。今日9月17日は「イタリア料理(cucina(クチーナ)の日」です。

って、イタリア料理ってよく口にしますが、イタリア料理ってきちんと説明できます(笑)でしょうか。まぁ、単純にイタリアを発祥とする料理法ですとしか説明しようがないですが、ハハ。しかし、その歴史は古代ローマ帝国時代にまで遡るそうです。

世界中でドコに行ってもまずイタリア料理ってあるくらい、多くの国で好まれているコトは間違いありません。2010年、ギリシャ料理、スペイン料理、モロッコ料理とともに、イタリア料理も「地中海の食事」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されています。

イタリア料理の代表といえば「ピザ」とパスタ」ですが、ピザが現在の姿になったのは18世紀前後のナポリでのコト、パスタが現在のような茹でる調理法が確立されたのは1000年頃だそうです。「トマト」は食べれるかどうか定かでなかった当時、チーズと一緒にパン生地に乗せ食べ始めたのがきっかけで、貧乏な庶民が始めたB級グルメでした。しかし、次第に評判となり、19世紀にイタリア王妃のマルゲリータが太鼓判を押したコトで、イタリア全土まで広がる人気料理になったそうです。

パスタも当時は揚げる・焼くの二通りの調理法でしかなかったようで、味はチーズを振り掛けただけのシンプルなパスタだったようです。しかし、16世紀頃にナポリで飢餓のときの備えとして保存食用「乾燥タイプ」が開発され、現在のスタイルが広まったそうです。

あぁ、パスタが食べたくなってきましたぁ〜〜〜!

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

2016 百舌鳥八幡宮秋祭り4

2015ふとん太鼓毎年、ご紹介しておりますが、明日から僕の生まれた地元・百舌鳥八幡宮で「百舌鳥八幡宮秋祭り」が開催されます。百舌鳥八幡宮秋祭りは仲秋の名月に当たる旧暦8月15日にかけて行われるため「月見祭」とも呼ばれているのですが、古くより堺、泉州の人々に親しまれてきました。

この祭は、稲の豊年満作を祈る祭りと八幡宮に伝わる放生会と満月を祝う風習とが習合して神社の例祭となったものです。記録によると、もう300年以上の伝統がありますが、近年は勇壮華麗な「ふとん太鼓」で有名になりました。ふとん太鼓奉納行事は宮入が9月17日(土曜)と、宮出が18日(日曜)に行われます。

ふとん太鼓は、大太鼓と小太鼓がありますが、いずれも太鼓を納めた台座の上には5段の朱色の座布団が積み重ねられ、その形状から「ふとん太鼓」と呼ばれます。太鼓本体を支える台座部には荘重な彫り物が施され、ふとん部は金縄や大小の房で豪華絢爛な装飾が施されています。運行時には高さ約4メートル、重さ約3トンとなり、約60〜70名で担がれます。

現在、ふとん太鼓は百舌鳥地区の氏子9町がそれぞれ大小一基ずつ奉納しています。宮入日には、各町ふとん太鼓は、午前11時より約1時間ずつ順に境内を練り歩き、運行は夜10時30分まで続きます。宮出日も同様に午前10時より各町順々に約1時間ずつ境内を練り歩き、境内での運行は夜10時に終了します。

あぁ、血が騒いでくるぅ〜〜〜。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

Profile
敬天齋主人
敬天齋主人プロフィール

1961年8月1日大阪府堺市生まれ。 立命館大学経営学部経営学科卒。 趣味はゴルフ、元極真会館空手マン (芦原道場)も今は影も形もなく錆びついた中年、トホホ…。 書道関連・中国関連の仕事に従事して十数年、年に3〜4度は単独訪中、完全にマニアと化してしまう。
斎号


敬天齋は私の齋号です。実は出版に携わる私の書斎は、書籍・雑誌等の資料で埋もれています。いつからか事務所は勿論、家内の実家にもダンボール数十箱、弟の家にも数十箱、ガレージも山積みになってしまいました。当然事務所にも避難(?)させたのですが、新しい資料や必要な書籍が出るとつい買ってしまいますので、日に日にこの事務所も手狭になってきました。

ある日その状態を見かねた友人の上海人が「まるで天一閣ですね。」と言ったのです。

「天一閣」、それは中国浙江省寧波にあり、明代に焼失しその後再建された「天一閣」という、日本で言う国会図書館みたいなトコのことです。希少価値があり、資料的価値の高い、「人に自慢できるライブラリーになればいいな。」というところから、≪天一閣を敬う≫イコール敬天齋とその友人が名づけてくれたのです。

自身も気に入っていまして、いろいろなトコでペンネームとして使っています。中国の友人からも齋号印のプレゼントをもらったりしますので、所有する印も数十個になりました。
Archives
訪問者数

Recent Comments
アートライフ社の仕事
どうぞお気軽にお問合せください。
あなたの“素敵な一冊”を必ずお創り申し上げます。

●北野摂山個展<書・篆刻>
B4版変形 本文104頁オールカラー(綴込3頁)
2002.08


●小伏小扇書展
A4版横 本文48頁2色刷(カラー4頁)
2002.09


●小林鷺游 CALLIGRAPHY WORKS
B5版 本文40頁(カラー8頁)
2004.07


●石廬印存
A4版 本文オール2色刷80頁
2004.08


●大家 勝ステンドグラス作品集
A4版上製 本文96頁オールカラー
2004.10


●大槻吟風作品集
A4版 本文40頁(カラー8頁)
2005.10


●古溝幽畦作品集
A4版 本文24頁(カラー16頁 2色刷6頁)
2006.02


●有野ソウ(王編+争)扇書作品集 FROM THE UNIVERSE
A4版 オールカラー本文52頁 綴込1頁
2006.07


●小伏小扇書展 
心の庭・数
A4版 オールカラー本文62頁 綴込1頁
2007.01

  • ライブドアブログ