jpgこれまで「うつ病」発症の詳しい仕組みは不明だったのですが、名古屋市にある名城大学や名古屋大学など研究グループがマウス実験により発症メカニズムの解明が出来、新たな治療薬開発に役立つと発表しました。

成長期のストレスによるうつ病を解明するため、マウスを使って検証した結果、ストレスによって脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下するようで、実験により、うつ病などが発症するというメカニズムが初めて解明出来たようです。

これまでは脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンといったモノアミンの減少による「モノアミン仮説」、受容体(自己受容体)の増加による「受容体仮説」などがありましたが、メカニズムが解明されれば、集中治療や治療薬開発に直結すると思われますので、うつに悩む人やその家族にとっては朗報と言えるかもしれません。

ホント、医学は日進月歩ですねぇ。

Blogランキング参加しています。ポチッとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓