オリヅルラン

水栽培をしているオリヅルランの根、意外ときれいです。(^−^)
水栽培を始めたころはこんな根じゃなかったと思うのだけど、
気付けば、こんな風に白くて太い根に成長していました。

オリヅルランは、ポピュラーで育てやすいという印象があります。
日本ぽい名前ですけど、原産地はアフリカということです。
スリムで長く伸びた葉が涼しげで好きです。

オリズルラン←根は多肉質なんだそうです。
透明がかった白い根のいくつかは膨らんでいます。
な〜んか、大根の赤ちゃんみたいです。

ところどころ黒っぽいのは、実家で土植えしてあった物を引き抜いてきたものだからかななんて思ってます。

←こんな風に引いてみても、根本の黒い部分はちょっと目立ちます。
ランナー(走り茎)が出てきたら、それをカットして水栽培してみたいです。
やっぱりこんな風に黒っぽくなるかどうか気になるんで。
って、まあ、そんなことは気にすることでもないか。ハハッ(^_^;)


オリヅルランって、ユリ科って知ってました?
英名はSt.Bernard's lilyだそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ  


ところで、、、、、
今、気になってる植物は「花と観葉植物のChouchou,te」さんのウンベラータです。


最初からウォーターサンド育ちなのがいいです。
うちでハイドロカルチャーにしたウンベラータ、瀕死状態です。すごく心配。