春到来藤原里奈さんお疲れさまでした(るり色の砂時計)

2009年03月30日

櫻満開の甘木

30  今日は仕事を休んで、ゆっくり朝寝坊していようと思っていたら電話で起こされた。櫻見の誘いだった。午後から車に同乗し出かけた。
  秋月神社に参拝し秋月城下へ、杉の馬場は、満開の櫻のトンネル、観光客の流れはとめどなかった。
  左上の画像は、大手門石垣下の濠を染める花絨毯(花いかだ)、櫻の花びらがぎっしりと濠の水面を埋めていた。

  その後、久しぶりに赤岩宮に立ち寄り、甘木公園にも行った。
  公園内の神社に参拝し咲き誇る櫻花を見ながら池を一周した。
  左下の画像は、甘木公園の池縁で、快晴の青空に溶け込むように花びらを広げる櫻樹。
jpg2

  
  風は冷たく肌寒さはあったが、気持はすがすがしかった。
  櫻見を兼ねて神社なども参拝でき、この地区だけでもまだ行かねばならない聖地を多く残していることを思い出した。
  必ず体調を戻し、なすべきことをしなければならない時期がきているのだと強く感じた。



 ※追記:ネットで「藤原里奈」をリンクしたら、どういうわけか、このページが開いた。
 藤原里奈さんについて記したのは、「2009年04月02日藤原里奈さんお疲れさまでした(るり色の砂時計)」です。

keitokuchin at 23:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
春到来藤原里奈さんお疲れさまでした(るり色の砂時計)