猿田峠の西東(13)〜猿田の天神社(宗像市)白鯰の恩返し2〜武守神社(宗像市)

2011年08月26日

白鯰の恩返し1〜武守神社(宗像市)

 以前(2009.9.21~26)、「なまず神社」として豊玉姫神社(佐賀県嬉野市))と、大森神社(福岡県福津市)()()()()()」のことを書いた。

628武守宮旧境内鯰池 その頃、宗像市武丸にも白鯰の伝説があることを、下記図書で知っていたが、この伝説地が分からず、本稿を書けないままになっていた。

 この図書の一つは、(a)「宗像伝説風土記<上>」(上妻国雄著、1978.4西日本新聞社刊)である。



 この「白鯰の恩返し」の記事のなかに、「武丸の百姓たちは…滝壷の右手に小さな社を建てて白鯰を祀り…滝壷は、いまも碧水を湛えて、その霊験を物語っていますが、この池を干そうとすると、必ず雨が降ると伝えられています」とあり、「白鯰を祀った権現堂」と付記した社殿写真が掲載されていたが、権現堂の正式名称や所在地が書いてなかった。

 もう一つは、(b)「宗像遺産・暮らし遺産編」(2009.3宗像市刊)で、そのなかの「白鯰の恩返し」に、「武丸では、…白鰻に感謝し、滝壷の横に小さな社を建てて白鯰を祀りました。それからというもの、この滝壷を干そうとすると、必ず雨が降るようになった」という記事があったが、この記事には写真はなく、また、「小さな社」の名前も書いてなかった。

 ともあれ、これらの記事から推して、その頃、今も武丸には滝壷(鯰池)があり、その横に権現堂(小さな社)があるのだと信じていた。

 ただ、同上図書(a)に載っていた社殿の写真が、武守神社(福岡県宗像市武丸字的場1345)に類似しているとは思っていたものの、同社の境内には滝壷などはないので、ここではないと思い、それ以上深く考えなかった。

 しかし、最近になって宗像市内の滝は、妙見の滝多禮瀧の口瀑布(津瀬の滝)のみであることが分かり、そうしてみると武守の鯰池の滝は現存していないということなのではないかと思った。

  そこで、改めて武守神社に行ってみることした。そこで、図書(a)掲載写真が武守神社の社殿に間違いないことを確認した。やはり、この境内には滝壷はない。
  しかし、今度ばかりは、荒れ気味の拝殿のなかに入って、欄間等に掲げてある「武守権現神社由緒」ほかをじっくりと読んでみることにした。

  拝殿内の高い欄間上に掲げてあった「武守権現神社由緒」は、年輪が見える自然木の厚切り板にぎっしりと小さな墨字(楷書体)で書いてあった。
  かなりの達筆で長文の上に、板の表面にニスが塗ってあり、立つ位置によって板面が光って読めない部分ができるので、立つ位置を移動しながら、時間をかけて懸命に読んだ。
  気付くと汗で濡れた首や腕が蚊に刺されて腫れあがっていた。

  由緒には、武守神社のことを「武守権現神社」と書いてあるが、これは、この神社が明治以前、神仏習合の権現神社(権現社)であったことを物語るもので、多分、この「権現」の呼称が使われたのは明治以前のことではないかと思う。
  ただ、現在も「権現社」の神額が掲げてあり、境内に石仏や仏堂もあるので、武守権現神社と書いているのではないかと思うが、正しくは、もと宗像七十五社の一龍王権現社(龍王神社)だったのではないかと思う。

  ともあれ、「由緒」を読み進めて行くうちに、この権現社は、もとは「権現山(標高200m)の上中腹(武丸字久戸1535番地)」に鎮座していたことが分かった。

  さらに、「由緒」のほかに掲げてある「白鯰池の由来伝説記」に「神社(旧境内)」の文字があり、
  また、「森と滝と滝壷(鯰池)の鯰と村人たちの絵馬(平成5年(1993)4月奉納)」〜武守権現神社の神池にすむ白鰻が池水を干しあげられない為恩返しに雨を降らす伝説伝承のため拙画で往時の情景を偲ぶ〜、
  加えて「旧境内鯰池(1982年の写真)」(※左上の画像)の掲額があるのを観て、やっと、武丸の「白鯰の恩返し」の伝説地が、別の場所にあった武丸神社の旧境内であったことに気付いた。

  図書(a)で掲載写真が、現武守神社の社殿なのに、記事の内容は旧境内のことだったということで、考えてみれば、この写真は、「白鯰の恩返し」の舞台が武守神社であったことを知る手がかりになったことでは非常にありがたかったが、この写真に惑わされてもいた。

  今回、本稿を記すにあたって、かつての武守神社の旧境内のことは調べていないが、とりあえず現時点での武守の白鯰伝説を覚えとして、ここに書き留めておくことにする。

 ※つづく→「白鯰の恩返し1〜武守神社(宗像市)」。

※参照2009.11.19「宗像にて(冷えこんだ日に)」。

keitokuchin at 01:20│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猿田峠の西東(13)〜猿田の天神社(宗像市)白鯰の恩返し2〜武守神社(宗像市)