戸塚啓オフィシャルブログ

スポーツライター戸塚啓のブログ

欧州リーグ残り2カ月、W杯で対戦する各国主力の動向やいかに

 1位コロンビア、2位コートジボワール、3位日本、4位ギリシャ、である。代表選手のクラブでの活躍度から判断する、グループステージ突破の可能性だ。

 コロンビアは主砲ファルカオが離脱しているが、アタッカー陣はのきなみ好調だ。
ドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンでプレーするアドリアン・ラモスは、ここまで得点ランキング3位の16ゴールをあげている。アシストも「7」を記録しており、チーム総得点の64パーセントに絡んでいる。

 ヘルタとは15年6月末まで契約を結んでいるが、複数のクラブが関心を寄せている。レバンドフスキをバイエルンへ放出するドルトムントが有力な移籍先だが、アトレティコ・マドリーやモナコも獲得を検討中と伝えられる。

 FCポルトのジャクソン・マルティネスは、ポルトガルリーグの得点ランキングで首位を走る。リーグ戦であげている15ゴールのうち、ほぼ半分に相当する7得点を残り30分以降で記録している。先制点も多い。ゲームを動かす一撃、ゲームを殺す一発が目につく。ストライカーとしての危険度を高めている印象だ。

 リーガ・エスパニョーラでは、カルロス・バッカが奮闘している。加入1年目のセビージャで、チームトップの14ゴールをマークしているのだ。

 2列目のプレーヤーも、ホセ・ペケルマン監督を満足させている。背番号10を背負うハメス・ロドリゲスは、モナコで得点とアシストを積み重ねている。右サイドアタッカーのファン・クアルドラードも、フィオレンティーナで定位置を確保している。

 3月5日のチュニジア戦に、ペケルマン監督は4-2-3-1の布陣で臨んだ。1トップに指名されたのはバッカで、W杯予選で重用されたテオフィロ・グティエレス、ラモスはいずれも途中出場だった。ファルカオ不在でも、指揮官は豊富な選択肢を持つことができているのだ。

 サブリ・ラムシ監督が束ねるコートジボワールも、攻撃陣が充実のパフォーマンスを見せている。昨シーズンのエールディビジ得点王で、今シーズンからスウォンジーでプレーするウィルフリード・ボニーは、チームに「12」の得点をもたらしている。2列目左サイドを担当するサロモン・カルーも、リーグアンのリールで10ゴールを記録している。また、代表で背番号10を託されるジェルジーニョが、セリエAトップタイの8アシストをマークしている。

 セイドゥ・ドゥンビアも復調傾向だ。昨シーズンは腰痛などでシーズンのほとんどをサイドラインの外側で過ごしたが、今シーズンはここまで13ゴールで得点ランク首位に立つ。調子をあげると得点を量産するのが彼の特徴で、W杯にピークが合えば重要な役割を果たすかもしれない。

 破格のシーズンを過ごしているのはヤヤ・トゥーレだ。リーグ戦17ゴールはプレミアリーグの得点ランク3位に食い込み、所属するマンチェスター・シティではクン・アグエロを抜いてチーム最多である。
 
 2列目からの効果的な飛び出しと高精度のフィニッシュは、コートジボワール代表でも威力を発揮する。3月25日に開催されたマンチェスター・ユナイテッドとのダービーでも、ダメ押しの3点目をゲットしている。キャリア最高と言っていいシーズンは、ブラジルW杯でのパフォーマンスにもつながっていくだろう。

 長く代表を支えてきたディディエ・ドログバは、ガラタサライで健在ぶりを示している。リーグ戦では10ゴールを記録し、3月5日のベルギー戦でも途中出場からネットを揺らした。ただ、3月22日のリーグ戦を鼠蹊部の痛みで欠場しており、復帰時期がはっきりとしていない。

 コロンビア、コートジボワールに比べると、ギリシャは明るい材料が少ない。
得点源のコンスタントティノス・ミトログルが、1月から移籍したフルアムで出場機会を失っている。ケガの影響だ。サイドアタックとリスタートのキッカーを任されるゲオルギオス・サマラスも、セルティックで途中交代のカードに甘んじている。
さらに加えて、レギュラーGKのオレスティス・カルネジスが、所属するグラナダで定位置をつかめていない。フェルナンド・サントスが統べるチームは、攻守両面に不安を抱えているのだ。

 もっとも、日本も状況は似ている。本田圭佑と香川真司が所属先でゴールをあげられず、吉田麻也がケガで戦線離脱してしまった。

 残り2か月弱となった欧州各国リーグを、それぞれの国の選手はどのような結果で終えるのか。日本代表だけでなく、各国の主力の動向からも目が離せない。

ファウルを受けて「ゴロゴロ」するのは有効な手段

 村井満Jリーグチェアマンの『3つの誓い』は、色々と考えさせてくれる。
 
 ひとつ目の「笛が鳴るまで全力でプレーする」には賛同する。チェアマンは具体例として、「簡単に倒れない」、「倒れても笛が鳴るまでプレーを止めない」と言い添えた。

 まったくもってそのとおりである。異議はない。

「痛くもないのに痛がって、ピッチの上でゴロゴロしない」とも付け加えた。

 これはちょっと、同意しかねる。

 20世紀ならともかく2014年のサッカーで、「痛くもないのにゴロゴロ」する選手はそもそも少数派だ。相手がやらないから自分もやらないという連鎖が、ゴロゴロを減らしている。

 その一方で、僕はゴロゴロを必要悪のようなものだと思っている。1980年代のディエゴ・マラドーナは、ゴロゴロを得意とした。彼には明確な意図があった。

 21世紀なら一発退場間違いなしの悪質なファウルが、当時は警告の対象にさえならなかった。マラドーナやジーコは、ユニホームを引っ張られたり、足を蹴られたりするばかりである。”やられ損”は著しい。彼ら攻撃の選手にとって、ゴロゴロは自己防衛策のひとつだったのだ。
 
 ゴロゴロするぐらいだから、接触プレーがあったのは間違いない。そこですっと立ち上がらずにゴロゴロするのは、ファウルがあったという事実を主審に意識づけしたいのである。自分にファウルをしたのはあの選手だと、記憶させたいのだ。
 
 同じ選手がまたファウルを冒せば、「二度目だから警告でしょ?」と主審にアピールできる。複数のブラジル人選手に聞いたゴロゴロの意図だ。
 
 21世紀のサッカーは反則に厳しくなったが、反則がなくなることはない。反則か否か、警告か警告でないのかは、主審の主観に委ねられる。ファウルがあったという意識づけをする必要性はあり、ゴロゴロはその有効な手段なのである。
 
 ゴロゴロが試合を止めるとしても、時間にすれば30秒から1分ほどである。この短い時間に繰り広げられる駆け引きは、その後のゲームを引き立てる要素のひとつだ。取り除くのはもったいないし、取り除いたらいけないと、僕は思うのである。

長友を走らせた“スーパーサブ”遠藤のワンタッチパス

 3月の国際Aマッチは難しい。ほぼ例外なく数カ月ぶりの招集になるからで、3月5日のニュージーランド戦も昨年11月19日のベルギー戦以来である。

 対戦相手の実力を考えれば、4ゴールより2失点が重い。後半はほとんどの時間帯で、主導権を握られた。守備のリスタートには、相変わらずひやりとさせられる。

 だが、4か月ぶりのゲームである。3対2で勝利したベルギー戦の延長線上で語れないのは、最初から分かっている。所属クラブから代表へ頭を切り替え、ピッチ上で代表のプレーを確認することが、この試合の第一義的テーマだった。

 今野、内田、長谷部、柿谷が欠場したことで、いつになく新鮮な顔ぶれとなった。ザックも(珍しく)交代枠をすべて使った。バックアッパーのアピールが注目された一戦だが、目についたのは遠藤なのである。

 後半開始直後の50分のプレーは、いかにも彼らしい。本田、吉田らとパス交換をしてリズムを作り、大迫がポストプレーから落としたボールをワンタッチで左サイドへ送った。浮き球のパスは、長友にわたる。走り込むスピードを落とさず、プレスバックしたサイドハーフが飛び込めないところへ。「ピタリ」という表現は、こういうパスのために使われる。
 
 国立の観衆も、テレビの中継も、カットインからシュートへ持ち込んだ長友のプレーに視線を奪われた場面である。それにしても、遠藤のパスがイメージを生み出したからか、イメージどおりだったからである。
 
 ベルギー戦に続いて後半途中から出場した遠藤には、スーパーサブ的な起用を望む声もある。1月で34歳になった年齢も、彼への評価を厳しくしているようだ。背番号7を見つめる周囲は、確かに変わってきている。
 
 遠藤自身はさらりとしたものだ。「自分ができることをピッチで見せればいい」と話す。
 
 長友を走らせたワンタッチパスは、まさに彼の「できること」だろう。そして、最終的に監督が頼りにするのは、自分ができること=いつもの自分を表現できる選手である。 
Profile

戸塚啓

スポーツライター。サッカー専門誌記者を経て98年よりフリー。00年3月からサッカー日本代表戦はすべて現地観戦中

Hot Topics

不動の絆    ベガルタ仙台と手倉森監督の思い

戸塚啓(著)

『不動の絆』~ベガルタ仙台と手倉森監督の思い


メールマガジン

メールマガジン

戸塚啓のトツカ系サッカー
※毎週金曜日発行

Calendar
Categories
  • ライブドアブログ