敬和学園大学バドミントン部 松浦進二監督の新・一球入魂 

バドミントン人生を振り返り、反省、いや紹介していきたいと思います。みなさん読んでよ!

2010年08月

握手がつないだバドミントンへの縁、高校生の進路を考える

この前発売したばかりの「バドミントン・マガジン」に、武下利一が2ページ特集されていました。
武下のこれまでのバドミントン人生を振り返って、今、敬和を選んでがんばっている姿が描かれてました。

4644145938_b00655ece6_b



高校生のみなさん!

沖縄のインターハイも終わりましたが、参加した関係者のみなさん、どうでしたか?
納得できる試合でしたか? まあ納得してるのは優勝者ぐらいで多くの人は納得してないと思いますが・・・


でも皆さんには まだ時間があります
大学や社会人でバドミントンを続ける人、続けるかどうかで悩んでいる人もいるかと思います。



自分たちの時代は実業団が勧誘に来る時代ではなく、バドミントンを続けるとしたら、大学でした。
私はインターハイで優勝したので、いろいろな大学(関東のC大、N大、NT大、関西のK大など)が勧誘に来ました。
でも、もうバドミントンを真剣に続ける気はなく、地元で就職するつもりでしたので、全てお断り しました。

大学には行きません・・


しかし、法政大学の鈴木監督(当時)がしつこかった(笑)
鈴木監督だけは2、3回くらい家に来ました。ずっと断り続けてたんだけどほんとにしつこくって。

ただ何回も来てもらううちに自分は大学で続けなければいけないのかなと思うようになってきた。
そして、じゃあ4年間バドミントンをまた頑張ろうかなと少し思い始めたころに・・・


鈴木監督が 「うちで頑張ってやろう」 と手を出してきて、何故か思わず自分も握手してしまった…。
それが法政に、というか大学に進路を決めたいきさつです。


皆さんもこれからいろいろと進路のことで悩むと思いますが、いろんな人に相談して、いろんな人のアドバイスを聞いて、そして最後は自分で進路を決めるのがいいと思います。


そして、私が握手を求めたら皆さんも迷わず握り返してください

頼むよ!!

山形学院さんようこそ!高校生を集めてのバドミントン合宿

8月3日から5日まで、山形県の山形学院高校バドミントン部の1・2年生が敬和に来てくれました。

敬和の練習に参加したいというお話をいただき、新潟県内からも北越高校、新潟商業高校、新発田商業高校の選手たちが参加して、体育館を借り切って合同練習というかたちを取りました。
DSC_9171


実は、敬和バドミントン部と山形県は縁があって、山形出身の市村(山本学園高校出身)と佐藤(鶴岡工業高校出身)は、国体山形県代表を目指して、日々がんばっています。

山形と新発田は近いし、山形の高校生たちも敬和に来て、もっともっとがんばって強くなって欲しいと思っています。

DSC_9176


今回の合宿は、私がいうのもなんですが、けっこう選手たちにはいい練習になったのではないかと思います。
見ていて、選手たちが日に日によくなっていくのがわかりました。
初日と最終日ではいろんな面が変わっていったと思います。
DSC_9169

DSC_9187


いつも講習会等で言っているけど、ほんとに強くなるには、自分の体と精神面を痛めつけないと強くならない

参加した選手たちは、これからの学校での練習もカンバってください!!



今回の合宿の様子は、山形学院高校さんのホームページでもご紹介いただきました。
http://www.y-gakuin.com/students/1559.html

ありがとうございます。

新発田から新潟のバドミントンを盛り上げる!中高生技術講習会

7月25日に新発田市バドミントン中高生技術講習会が行われました。

会場は、大学のすぐ隣にある新発田中央高校。
講師は、私がつとめてきました。

午前中は主にトレーニング的な練習を、午後からはシャトルを使ってのノックなど行いました。
DSC_7526

DSC_7467
もちろん、うちの部員も連れていき、実技の指導を手伝わせました。最後には、模範試合もやらせました。
DSC_7514

DSC_7350


正直、新発田の高校や中学は、新潟県のトップレベルには少し及ばないところがあると思います。



ただ、敬和学園大学がある新発田市です。
私の心情としては、新発田市の中学・高校が県のトップになってもらいたい!
私や敬和学園大学が協力できる分には、できる限りこれからも協力していきたいと思っています。

参加した選手のみんなには、今回の練習をいい刺激にして、強くなるために頑張ってほしい。
そのためには、これから学校に戻ってからの練習が大切です。ガンバレ!


もちろん、新発田市の学校だけでなく、敬和学園大学で練習を希望する県内の皆さん、いつでも声をかけてください。
新潟県が全国のトップレベルに近づけるように、これからも協力を惜しまずやっていきたいと思います。


ガンバレ、新発田市!ガンバレ、新潟県!!

プロフィール

敬和学園大学バドミントン部

敬和学園大学バドミントン部監督の松浦進二です。
松野修二氏とのダブルスで全日本総合バドミントン選手権で10回優勝、シングルスでも3回優勝しています。バルセロナオリンピックでは、ダブルスで5位入賞を果たしました。

記事検索
ギャラリー
  • 全日本学生バドミントン選手権大会17日の結果
  • 全日本学生バドミントン選手権大会17日の結果
  • 全日本学生バドミントン選手権大会17日の結果
  • 全日本学生バドミントン選手権大会16日の結果
  • 全日本学生バドミントン選手権大会16日の結果
  • 全日本学生バドミントン選手権大会16日の結果
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ