皆様、こんにちは~

この夏もあとわずか!
今日、我々はKeiyaku・Kekkonの正式なスタートをお知らせできることを嬉しく思います


1082732




バグ修正、スマホのアプリ開発、新機能の追加見た目改善等を含む長い夏を経てKeiyaku・Kekkonはついに安定した状態といえるでしょう既に1500を超える登録と数十マッチもあります。このサービスがようやく人々のニーズに応え、着実に成長し始めてきたところで、次の段階に進む準備が整いました。


どういう意味かというと...

...下記の通り、



1. サイトの新デザイン

私たちはサイトの外観を完全に変えました。特に、ユーザーのプロフィールページをより直観的にナビゲート出来るように改良しました。数ヶ月前に比べると、特に携帯電話でよりきれいにサイトが表示されています。


2. サイトパフォーマンス改善

この、我々はサイト上の30以上のバグを修正しました。UIや壊れたリンクに関して指摘されていたほとんど解決されました全体的に、ユーザーテストで一般のコンピューター利用者なら十分にサイトを利用できることが示されていますが、これからもバグなどの不具合や改善すべき点に優先順位をつけて対応していきますご指摘がある方は遠慮なくこちらのアドレス宛にお問い合わせください: support@keiyakukekkon.com


3. アルファ・メンバーシップの終了

すべてのサイト機能を利用できる無料ティアメンバーシップは終わりましたこれからも引き続き無料で登録をして自分のプロフィールやコントラクトの作成をすることはできますが、無料ティアメンバーシップでは、メッセージ、ウィンク、そしてプロポーズを送ことはできません。FAQ[「よくある質問」コーナー]で我々がKeiyaku・Kekkonを有料サービスに保つことの重要性を説明しています。有料であることに躊躇いがある方もいるかもしれませんが、無料有料アカウントを取得する方法もあります。友達を紹介するか、ソーシャルメディアで私たちについて投稿するだけでいいのです。


4. スマホのアプリ

AndroidとiOSの両方基本的なスマホのアプリを作成しました。Keiyaku・Kekkonはそれぞれのオンライン・ストアでダウンロードできます。いずれのバージョンも特別複雑なものではありません。根本的にはモバイルサイトと変わりはありません。しかしモバイルブラウザよりもアプリを好む人のために用意しましたこのサービスがより多くの注目を得ることができれば専任のモバイル開発者を雇い、より良いアプリを開発しようと考えてます。


今後:未来

我々の希望、さまざまな改良の結果サイトが収益を生み始めることです。その収益により、サービスを継続的に改善していきたいと考えています。バックエンドシステムを完全に再構築し、高品質のネイティブなスマホアプリを作成し、最終的には人々の配偶者探しをサポートするためのさらに多くの機能追加願っています。


もちろん成長と収益は努力なしにはやってきません。今年末までにユーザー数を2倍にするという目標を掲げ、今後数ヶ月間マーケティングに注力していきたいと考えています。こういった動きへの協力にご興味がある、または良いアイディアがある場合、是非メールでご連絡ください: support@keiyakukekkon.com

経験豊富なマーケティング担当、グロースハッカー、および開発者には有償での機会もあります


何百ものアルファとベータ版のユーザー忍耐サポート、及びフィードバックに感謝します。 1年前に始まった小規模な実験が、このように現状の交際カルチャーに挑戦するリアルなコミュニティに成長したのです。この勢いのまま前進していきましょう~

今後とも引き続き宜しくお願いいたします!

Keiyaku・Kekkon (Yakukon)チーム一同より





結婚の経済学

 

 

得する人生にようこそ

 得する人生にようこそ


「貯金が無いからまだ結婚できない。」

「昇進するまでもう少しの辛抱だ。」

「まずは学校を卒業しなければ!」

「年収1000万円を超えて家を買ってからでないと結婚できない!」

 

「結婚はお金がかかる!」

 

上記のような文句を聞いたことがあると思います。先進国では、下落しつつある結婚率に対する最も一般的な説明は経済関連のものに違いありません。

 

評論家は、ここ数10年の賃金の伸び悩みや共働き世帯の標準化を指摘します。20代~30代の人は特に良い仕事を得る見込みがないことを訴えます。

彼らは露骨な恨みを抱きながら、自分たちの両親のように終身雇用を保証され、片親が家で育児をしながら家族や車、一戸建ての家を養うことが期待できないと嘆いています

現代経済は団塊の世代とは大いに違うのは確かです。グローバリゼーション、技術の進歩、労働組合組織率の低下、大量の女性労働力これら全てが生活の経済学を大きく混乱させた要因です。

しかし、好ましい変化もあることを忘れてはいけません。今日、数多くの新しい頭脳労働職(ナレッジ・ワーカー)やかつてないほどの、在宅勤務をする機会があります。

そして、ここ数十年間の経済的激変を通してずっと変わらず、個人の生活水準を高める要因は、結婚です。

 

 

結婚はどうやって生活水準を高めるのか?

 核家族
核家族

 

昔から、結婚は貧民や労働者階級が経済的地位を高める主要な方法です。結婚は、女性にとって経済安全保障であり、若い男性にとってやる気を引き出す要因だと理解されていました。現代ではより多くの女性が働いているので、若い男性はかつてなかった圧力をかけられています。昔の女性は、キャリアを始めたばかりの青年と結婚して一緒に成長することを厭いませんでした。主人が結婚式の日から既に家や車、株式を持っていて安定した中流階級の生活についていることを条件とせず、寧ろ、家庭を築く最初の数年間を泣き言を言わず耐え抜くのが普通でした。

上記の昔のやり方は現代でも優れた戦略です。20代の時に彼女できなかった男が30代になると立派な仕事に就き、安楽な生活を送っています。今の現代人の考え方は、相手が既にキャリアのほぼ頂点に至っていなければ結婚したくない、というものです。しかし、これは特に、最も美しく、最も子供が生まれやすい時期を無駄にしてしまう女性たちにとっては不利な考え方です。彼女たちが30代になり、ふと気が付くと自分の年齢層に出世している頼もしい男が沢山いるのにも関わらず殆どみな既婚者です。

男性にとっても不都合です。なぜなら、統計によれば、結婚は男性の経済力を著しく高めます。これにいくつかの理由がありますが、主に、妻からの金銭的なサポートや、家事を請け負ってもらうことが男性のキャリアに大きな貢献をします。既婚男性が愛する家族の生活水準を高めるためにやる気を持つことも、彼らの方が収入が多い要因の一つでしょう。

俺たちは奴隷じゃないか!」と、主婦たちを奴隷の監督に例える皮肉屋もいますが、実にバカバカしいことです。妻の生活を快適なものにしようと努力する男性が「奴隷」であれば、年老いた親の介護をする女性や、養子をもらう人、ペットを飼う人も、みな「奴隷」ではないでしょうか?「愛する者の面倒を見る」=「支配されている」や「奴隷にされている」では決してありません。

さて、経済学に戻りましょう。太郎さんと花子さんという一般的な日本人がいます。二人とも20代前半の新入社員で一人暮らししています。では、問題です。太郎さんと花子さんが結婚したら、具体的にどのような財政面での利益が得られるのでしょうか?

花子と太郎

花子と太郎

三つのシナリオを検討しましょう:

フルタイムで共働きする

太郎さんがフルタイムで、花子さんが専業主婦する

太郎さんがフルタイムで、花子さんがパートで働く


もちろん、フルタイムで働く花子と専業主夫 の太郎といった逆転の仮定としてもみることが出来ます。

シナリオの場合、太郎さんと花子さんが一緒に住み始めると、所得が一気に増加します。二軒のアパートの家賃を払わなくて済みますし、より良い地域でより広い住まいに引っ越すこともできます。より多くのぜいたく品やバケーション、高品質の車が買えます。子供ができるまで、二人とも何の心配もなく全力をキャリアに注ぐことができます。そしてさらに、結婚すると配偶者控除が様々な保険料を安くします。

シナリオの場合、太郎さんは花子さんを支えなければなりません。しかし、花子さんも太郎さんを色々な方法で支えます。家事を請け負うことで彼の時間を節約し、居心地の良い家庭環境を作ります。買い物や料理、家計の管理などをすることで、太郎さんが一人暮らしの頃よりも生活費を減らすことができるかもしれません。しかも、花子さんは太郎さんの勉強を手伝ったり、昇進に必要な学業の復帰や残業をする自由を与えることで主人のキャリアを支えることもできます。恐らく最も重要なことに、太郎さんは花子さんからの愛や感心など、精神的な支えのおかげで野心に燃え、大志を抱くようになる可能性もあります。
 

最後に、シナリオの場合は、シナリオ良い点が組み合わさったものです別々に暮らしているよりもお金があります。花子さんの収入が103万円以内であれば、太郎さんの所得税が配偶者控除を受けます。太郎さんは花子さんに支えられるのに対して、花子さんは経済の安全を確保し、仕事の時間を減らすことができます。

大事なポイントは、上記の全てのシナリオにおいても、二人は別々に住むよりもいっそう裕福に暮らしています。統計データを見て既婚者と独身者の暮らしを比較すれば、「お金がかかるから結婚できない」と言うのは間違っていることが明らかになります。上記のシナリオで示されているように、結婚が引き起こすチームワーク効果、即ち資産の出し合いが互いの生活水準を高めることは客観的に確認できます。

・・・これらのシナリオを証明するために模擬家計簿を作りましょう:

 

具体例
ニューヨーク
ニューヨーク


具体的な数字を見てみましょう。東京に住んでいる平均的な人を例に挙げます。東京は世界で最も物価が高い都市の一つであり、「結婚する金銭的な余裕がない」と言う若者で溢れています。下記と同様な計算はあらゆる先進国の大都市に当てはまります。


東京在住の独身者の毎月の生活費はいくらでしょうか?分析してみましょう:

 

東京の郊外にある1Kアパート:家賃6万円
電気・ガス・電話・インターネット:2万円
食費:4万円
貯金:2万円
娯楽費・臨時費・その他:3万円

総計の生活費:月々17万円


東京に住むのに17万円は全然悪くないでしょう。日本全国の平均月収は凡そ25万円(税引き後22万円)ですが、東京都内の平均月収は35万円でその他の地域をかなり上回ります。念頭に置くべき点は、この月収の数字は全ての年齢層を平均化したものです。大学卒業したばかりの若年者は平均より給料が安いので、20代の日本人の平均月収はどちらかというと20万円に近いです。それでも、月収20万円だけで、東京で十分に安楽な生活を送れるし、3万円ほど小遣いの余裕もあります。

家族を養うのに必要なお金はいくらでしょうか?こんな安い給料で妻と子供二人を支えることは可能でしょうか?

家族を支える場合、ライフラインという電気ガスなどの料金や食費が高くなりますし、より広い生活空間が必要になるので、家賃も高くなってしまいます。月々の家計を20万円まで増加し、娯楽費をちょっぴり節約すれば、無理なく暮らせます。

 

家賃(東京の郊外にある2-3LDKアパート):8万円
電気・ガス・電話・インターネット:3万円
食費(週15千円):6万円
貯金:15千円
娯楽費・臨時費・その他:15千円

総計の生活費:月々20万円

 

東京でさえ、月収20万円の男性は専業主婦と二人の子供を養うことができます。毎年のように外国旅行ができるような華やかな生活では決してないですが、安楽に暮らせて貯金もできます。食費は、家族が毎日3食を食べて、1食当たり700円を使う、という計算を基にしました。700円を少なく感じる人もいると思いますが、賢い節約術と少しだけ料理の腕前があれば、4人家族を500円以内で食べさせることができると、私たちは保証します。納得できない方は下記のリンクをご覧ください。

さらに、他に負担を軽くする方法がたくさんあります。日本国内の多くの地方では、子供持ちの家族は2万円ほどの児童手当をもらい、これは保険料などに充てるのにとても便利です。一方ご主人の方は仕事だけに集中し、おまけの収入を稼ぐために残業したり、昇進するために頑張ったり、より良い仕事に転職するために夜間学校に通ったりできます。

月収20万円に留まって給料が上がらないまま一生を過ごす日本人は非常に少ないです。月収20万円の人はおそらく、5年後には月収25万円を受けていて、色々な生活水準のアップグレードを行えるでしょう。奥さんはバイトや在宅勤務をして余分に稼ぐこともできます。さらに節約して例えば貯金やぜいたく品を我慢して_他のものに当てることもできます。

これらは家族が何を優先したいのかによって大きく違います。一緒に過ごす時間を最も重視する家族もいるし、より広い家に住みたい家族や、旅行したい家族、自由に外食したい家族などもいます。健全な夫婦は互いの価値観を認め合い協力していきます。

まとめ

カップルの目標
カップルの目標

最後に伝えたいポイントは既に明らかなポイントです。即ち、結婚は経済的な利益とは別の利益をも与え、とりわけ多くの人にとって一生の愛と交友を確保してくれるものです。そして、子供を育てるのに最良の環境です。子供を持つ喜びや血筋が代々受け継がれる誇らしい気持ちは計り知れません。不幸せな結婚や離婚の場合でさえ、子供を作ったことを後悔する人は非常に少ないです。配偶者や子供をもつ抽象的な利益に関してこの記事では説明しませんが、経済的な観点に関して疑っている人たちのためにこの記事を書きました。

結婚は金持ちだけのものではない!と言うことをこの記事から学び取ってほしいです。むしろ、あらゆる経済的階級にとって安楽な生活への道なのです。

 

美味しい節約ご飯のリンク集:

食費月2万円の新婚者:https://www.youtube.com/watch?v=5p-qApj1OVw

2万円の食費の予算:https://www.youtube.com/watch?v=wlMcbW1kTHQ

50130円の手作り弁当のレシピ:https://www.youtube.com/watch?v=E6CCca3SrOg

安い一人ご飯:https://www.youtube.com/watch?v=SYj3k3rVI5Q

激安パスタのレシピ:https://www.youtube.com/watch?v=Sajx4ZnB3zQ

食費月3万円の10人家族:https://www.youtube.com/watch?v=L_7nQxMLwdA

(安いけど激安ほどじゃない)美味しいレシピ:https://www.youtube.com/watch?v=qoGI78-FSko

1ドル健康食事(英語):https://www.youtube.com/watch?v=oFt7zAsO-8U

 

 

 

 

続きを読む

ケイヤクケッコンのユーザーの皆様へ

平素より大変お世話になっております。寒暖の差も激しい3月でしたが、桜もあちこちで例年より早く開花・満開し、東京ではもう葉桜になってるところもほとんどで、すっかり春になりましたね。

ケイヤクケッコンも多忙な月でした。いくつかのプロモーションにより、ユーザー数は倍増しました。いくつかの不具合も修正し、サイトのパフォーマンスが更に改善されました。これらの変動を受けて、ここで二つの更新情報です!

1. まず、明日4月1日から、アルファ会員オプションが登録時の選択肢からなくなります。ご存知とは思いますが、αユーザーは、ウィンク、メッセージ、およびプロポーズ等を送る事を含む当サイトの全機能にアクセスできます。 4月1日以降、無料会員レベルと有料会員レベルのみが提供されます。無料のメンバーシップを持つユーザーは引き続きプロフィールやコントラクトは作成できるものの、ウィンク、メッセージ、そしてプロポーズを送信することはできません。

有料加入料は月3000円となりますが、そのコストを削減する方法を色々設ける予定です。例えば、ユーザーは、より多くの月額分を前払いすることで大幅な月額割引を受けることができます(当サイトの会員ページをご覧ください)。また、友達の登録やソーシャルメディアによる投稿・口コミなどでケイヤクケッコンのことを広める事を通して、無料アカウントから有料アカウントへのアップグレードができる紹介制プログラムも検討しています。
最後に、サイトを通じて実際に結婚したユーザーには、その旨お知らせ頂ければ全額の払い戻しを行うつもりです。その場合、詳細は追ってまたお知らせします。

2. ケイヤクケッコンでは、当サイトを通して一番最初にゴールインしたカップルに¥10万円の'御祝儀'金を贈呈致します。応募資格として、カップルのお二人が当サイトを使用して出会ったことが必須であり、(婚姻届など)合法的に結婚していることの証明が必要となります。詳細はこちら。



早期からこのサービスに価値可能性を見いだし、利用していただいている皆様に改めて感謝致します。ケイヤクケッコンの未来は明るく、皆で共に「結婚」をもう一度素敵なものに!

~ ケイヤクケッコン チーム一同

↑このページのトップヘ