2006年03月25日

消火栓配管

258af8e7.JPG今日は、一箇所残っている消火栓の配管をしました。
土間配管で既設の建物の基礎をくぐって、建物内で立ち上げるという配管の予定でした。
それで、建物内の床のタタキのはつりからスタートしました
はつってもはつっても中々終わりません
結果から先に言うとタタキのコンクリートのあつさは200mmでした
予想をはるかにこえていたため時間的にも大幅なロスとなりました。
基礎下をくぐすにもかなり深かったのでPPを使ってくぐすことにしました。
17時を過ぎると建物の鍵をしめられてしまうので、電気屋さんの手をかりて基礎下のPPをくぐらせて、内部の鋼管の立ち上げを先に決めました。
これをすると外部のメインで走ってきているVPとの接続が困難になることは予想していたのですが、時間的にそうするしかありませんでした。
最終的な外部の配管はのように完了したのですが、かなり苦労しました。
では分かりづらいですが、基礎下をくぐったPPとVPの高さの差は150个らいあり、この距離でPPがぎゃくぞりしているものを、一人で収めるのは手を付ける前から難しいのは分かっていました
それでも自分に「俺は一人でもできる!!やってやる!!」と意を決して着手
奮闘すること30分強!!
収まりました
久々に自分の仕事に酔って、配管完了した瞬間に「よっしゃ」と叫んでしまいました。
まあ、きまってよかった
これで明日はゆっくり休めるなっと
keiyuuintention68 at 18:38│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔