環境

2011年01月01日

スマートグリッド関連株に注目

アルプス電気、新電元、シャープ、富士通などスマートグリッドに期待して、株式投資を行った。

スマートグリッド関連は、米オバマ新政権が大統領選で当選したころ、グリーンニューディールをぶち上げたが、その中核をなすのが景気対策法の一環としてのスマートグリッド関連だった。

スマートグリッドに注目してみると、今後一段と成長していくと見られる太陽光や風力などは、その発電量が天候や気候に左右される。

非常に不安定なため、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網が必要となることから、スマートグリッドが必要となる。

この次世代送電網こそ「スマートグリッド」。

ITと環境の融合ともいえる。

日本でも進めている。

シャープは、太陽光発電でトップ。

アルプス電気は、官民ファンド投資第1号で新会社設立。アルプス電気と東北大学が共同研究を進めてきた、電気自動車や次世代送電網(スマートグリッド)向けの電子部品事業を手がける。

その他の環境関連注目株

旭化成は、二酸化炭素を原料とするポリカーボネート製法で先端を走っており、温室効果ガス排出量を2020年までに25%削減で、アメリカや中国を巻き込むことができれば、市場が世界中に広がる。

三菱重工業は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルと発電所から出る大量の二酸化炭素(CO2)を回収して油田に送り込み、原油を増産するプラントを開発、事業化する。

2007年04月28日

日本製紙が再生紙を販売中止

日本製紙は古紙100%の再生紙の販売をこの9月をめどに中止するという。続きを読む

2006年09月27日

アクションパワーが楽エン本舗と提携

9月27日、アクションパワー(大津たまみ社長)は、楽エン本舗と業務提携をすることになった。

業務内容はネット通販事業。続きを読む

2006年09月01日

インドネシアで植林活動

トヨタ自動車系部品メーカーのトヨタ紡織が、インドネシア林業省や日本のNGO(国際緑化推進センター)と連携し、熱帯林の再生に取り組むことになった。

同社の現地法人では、ケナフを栽培して自動車のドアの内装材に使っているため、ミモザアカシアなど年間約5万本を植える植林活動を行う計画でいる。続きを読む

2006年06月20日

サラヤがボルネオゾウと森を守る取り組み

第4回日本環境経営大賞「環境プロジェクト賞」受賞。

「ボルネオゾウと森を守るプロジェクト」と、6月17日、朝刊に自然派のサラヤの大きな新聞広告があった。続きを読む

2006年06月19日

ロハスデザイン大賞

このほど「第1回 ロハスデザイン大賞」の授賞式が開催されたようです。

健康と環境に優しい新たなライフスタイル、LOHAS(Lifestyles of Health And Sustainability、ロハス)のコンセプトにマッチした製品やサービスが、大賞に選ばれたようです。続きを読む

2006年04月24日

LOHASをビジネスに活かす5つの提案

「いよいよ今週は第10回LOHAS会議がサンタモニカで開かれます!」とLOHASプロデューサーの大和田順子さんから、メルマガが届いた。

「LOHAS-WORLDが公式窓口となり、初めて日本ルームが開設されます。銀座吉水、菊水酒造、ペリカン石鹸・・・」

企業や団体9社が出展、日本からも40人以上の方が参加の予定だという。続きを読む

2006年04月18日

ゴールドパックがジャスダック上場

2006年4月18日、ゴールドパック株式会社(代表取締役社長幡鎌武夫)が、ジャスダック証券取引所に株式を上場した。

同社は1959年(昭和34年)に東洋食品株式会社として設立。以来、同社は清涼飲料の開発製造により発展した。続きを読む

2006年04月13日

名古屋にオアシスOptlife

このほど名古屋にOptlifeという雑誌が創刊された。

名古屋市中区栄あたりで配られているフリーペーパー。だが他のフリーペーパーとは趣が違う。続きを読む

2006年03月17日

消費者意識のブランド化

ベンツをなぜ買うのか?高速性能がいいから?乗り心地がいいから?続きを読む
スポンサー
ads