2022年09月01日

岸田政権の『資産所得倍増プラン』は、もっとも重要な視点が欠けている

金融や投資に関するスキルは、起業して成功するためにも、会社を経営するためにも、必要不可欠な要素だ。しかし、日本ではそのスキルを教える人材が不足している。人材育成が急務だ。

詳しくは、9月1日更新の 『経済の視点から日本の将来を考える』 でどうぞ。
keizaiwoyomu at 10:29|この記事のURL政策の提案 

2022年08月24日

金融関連の人材不足は深刻だ

私は日本最大の投資スクール『ファイナンシャルアカデミー』で講師をしていますが、数年前から受講生が大幅に増えているうえに、若い世代の割合がずいぶん増えてきていると実感しております。

それを裏付けているのが、野村総合研究所が3年おきに実施している「生活者1万人アンケート」という統計調査です。2021年の同調査によれば、日本人の証券保有は長年にわたって大きな進展がみられなかったものの、ここ数年で投資を始めた人が大幅に増加していることが確認されたというのです。

詳しくは、8月24日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 08:33|この記事のURL政策の提案 

2022年08月03日

日本の経済・社会が豊かになるために、やるべきことは極めてシンプルだ

日本経済が長期低迷から抜け出せない原因は、潜在成長率が過去30年にわたって低下し続けているからです。潜在成長率というのは、経済的に持続可能な成長率のことを指しており、その国の長期的な経済の実力と言い換えることができます。

日本の潜在成長率はバブル末期の1990年に4%程度と高かったのですが、2000年代には1%を割り込み、2010年代には0.5%まで低下しました。日銀の最新の推計では0.2%まで落ち込んでおり、このままでは2020年代にマイナスになるのではないかと危惧されています。

詳しくは、8月3日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。

2022年07月12日

日本に押し寄せる「3つの大きな波」に備えて、最優先でやるべきことは決まっている

日本の経済・社会が豊かになるために、やるべきことの優先順位は決まっている。「賢い予算編成」「賢い民主主義」になれば、豊かな社会は実現できるはずだ。

詳しくは、7月12日更新の 『経済の視点から日本の将来を考える』 でどうぞ。

2022年06月20日

小麦価格の高騰が新興国・途上国に激震をもたらすかもしれない

ロシアのウクライナ侵攻以降、原油や天然ガスの価格がいっそう高騰、そのあおりを受けてほとんどすべてのモノが値上がりし、世界的にインフレが深刻化しています。足元の消費者物価上昇率はアメリカと欧州(ユーロ圏)が8%を超え、新興国のトルコにいたっては70%に達しようとしています。

歴史をさかのぼってみると、このような高水準のインフレ下では社会的に不安が高まりやすく、革命や動乱が起こることが多いものです。物価が勢いよく上がることによって、庶民が日々の生活に苦しくなってしまうからです。とくに、小麦などの穀物価格の高騰には注意を払う必要があります。

この続きは、6月20日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 08:40|この記事のURL経済の分析・予測 

2022年06月16日

投資戦略フェア2022のお知らせ

6月25日開催の『投資戦略フェア2022』において、ライブ配信で講演をする予定です。

オンライン配信を毎週視聴していただいている方は実感していると思いますが、「どんな相場でも負けない投資戦略 ~ トレンドに基づく柔軟な対応の重要性」というタイトルでお話する予定です。

近年のマーケットをみていて確信したのは、「投資の分野は人がAIに負けない数少ない分野のひとつだ」ということです。その理由も、講演の最後のほうでお話できればと思います。

お申込みは、こちらからどうぞ。
keizaiwoyomu at 15:36|この記事のURL投資戦略 

2022年05月30日

グローバル経済が終焉すれば、企業や人々にダメージが大きい

米欧のメディアでは、ウクライナ危機によって、30年あまり続いてきたグローバル経済は終焉に向かっているといわれる。しかし、仮に終焉に向かうとすれば、その痛みはとてつもなく大きいものとなる。

詳しくは、5月30日更新の 『経済の視点から日本の将来を考える』 でどうぞ。

※ここのところ多忙なため、ブログの更新や連載の掲載が滞っておりました。ご理解いただければ幸いです。
keizaiwoyomu at 13:37|この記事のURL経済の分析・予測 

2022年03月07日

岸田首相の経済音痴が若い世代を窮地に追い込む

近年、若い世代を中心に、投資を学ぶ人々が増えてきています。私が講師を務めているファイナンシャルアカデミーでも、将来に対する不安から受講生が大幅に増えています。

そのきっかけが「老後資金の2000万円問題」だったことは、疑いのない事実です。この問題は、2019年に金融庁が出した報告書の中で「平均的な高齢夫婦世帯の家計は公的年金だけでは月約5万円の不足が生じ、20年で約1300万円、30年で約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になる」と示したことが起点となっています。

この続きは、3月7日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 08:56|この記事のURL政治の分析・予測 

2022年02月22日

統計的なデータでは、「デフレ」と「不況」は関係ない

統計的なデータで検証すると、「デフレ」と「不況」は関係ないことがわかる。「デフレ=不況」という常識は、データの加工・歪曲によって生まれた可能性が高いのだ。

詳しくは、2月22日更新の 『経済の視点から日本の将来を考える』 でどうぞ。
keizaiwoyomu at 16:00|この記事のURL経済の分析・予測 

2022年02月04日

脱炭素がもたらす「成長なきインフレ」

世界的にインフレが進んでいる。性急な脱炭素が主たる原因だ。

日本でも4月以降のCPIは2%に達するかもしれない。「成長なきインフレ」が迫っている。

この続きは、2月4日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 08:40|この記事のURL経済の分析・予測 
月別記事