2017年04月

2017年04月25日

欧州の政治リスクが後退したわけとは

フランス大統領選の第1回目の投票では、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相と国民戦線のルペン党首が決選投票に進む結果となりました。直前の世論調査によれば、マクロン氏がルペン氏を逆転して僅差でトップに立ちましたが、実際の投票も同じような結果となっています。

少し前の3月に行われたオランダ下院選挙では、与党である自由民主党が第1党を維持し、極右政党の自由党に競り勝ちました。「自由党が第1党に躍進する勢い」という事前の世論調査もあっただけに、このときは「やっぱり欧米の選挙では世論調査があまり当てにならない」ということが証明されていたわけです。

この続きは、4月24日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載コラムのタイトルは編集者の意向で変わるケースがございます。ご了承ください。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 09:45|この記事のURL政治分析 

2017年04月13日

トランプ大統領は米国経済を衰退させかねない

今となっては、読者のみなさんも米国のトランプ大統領の性格がよくおわかりになっていることと思います。彼は自分にとって不都合な事実を認めないばかりか、自分を正当化するためには「平気で嘘をつく人物」であるということです。

さらに困ったことに、自分に対する批判には感情的になって反論せずにはいられない「短気で攻撃的な性格」であるということです。そのうえ、経済や歴史を知らない、あるいは知ろうともしない反知性の象徴のような人物であるともいえます。トランプ大統領の偏った物事の見方は、あらゆる事象の一面しかとらえていないのです。

経済や歴史を知らない、反知性の典型例を挙げるとすれば、まずはNAFTAの見直しを取り上げることができます。確かに、米国の製造業がNAFTAの仕組みを使いメキシコへ工場を移転することで、製造業の一部の雇用が米国から奪われたというのは事実であります。

しかしその一方で、メキシコの農業は米国の農産物の攻勢にさらされ、壊滅的な打撃を受けたという事実も無視してはいけません。NAFTAによって雇用が奪われたのは、米国だけではないというわけです。

この続きは、4月13日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※今回のコラムでは、最後のほうにメディアでは知られていない重要な事実を記載しています。
※連載コラムのタイトルは編集者の意向で変わるケースがございます。ご了承ください。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 09:38|この記事のURL経済分析 

2017年04月05日

ローマの記事は読んでほしい

ブログやオンラインの記事では、それぞれがどのくらい読まれたのか、はっきりと数字に表れるようになっています。ですから、雑誌の連載とは違って、読者がどういったテーマに関心があるのか、リアルタイムで認識することができます。

しかしながら、私の悪いところは、読者にあまり媚びることはしないということです。今年に入ってからは、そういった思いがいっそう強くなり、自分がその時に書きたいものしか書かないという傾向が鮮明になっているように思われます。

その結果として、書き手がこれは読んでほしいと思う記事と、実際に閲覧数が多い記事のあいだで、大きな乖離が生じるケースも見られるようになってきています。

実のところ、今年に入って書いた記事のなかで、私がいちばん読者に読んでほしかったのは、『古代ローマの栄枯盛衰から学ぶべき教訓 』という記事です。古代ローマの発展が現代でいう「中間層」の拡大によってもたらされたこと、その衰退のきっかけが中間層の没落と格差の拡大であったことなどを、現代の問題に照らしながら書いています。

今のところ、あまり読まれていないのが残念です。あまりの長文になるのは避けたかったために、はしょってしまった部分もありますが、ぜひ読んでいただきたいと思っております。

『古代ローマの栄枯盛衰から学ぶべき教訓 』はこちらから。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 16:27|この記事のURL
レポート配信履歴
10/14・10/25

11/13・11/30

12/10(本年最終号)

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。