2018年01月

2018年01月30日

第4次産業革命で雇用は激変する

小売りの世界ではインターネットの発達がアマゾンドットコムなどの巨大IT企業を台頭させると同時に、ついに雇用を脅かし始めています。

しかし、製造業の世界では今後10年先~20年先を見据えて、人工知能(AI)を備えた機械(ロボット)を導入することで、生産性を飛躍的に向上させる「新しいモノづくり」を目指しています。目下のところ、世界の大手製造業は試行錯誤を繰り返しながら、新しい工場での実験に取り組んでいます。

この続きは、1月30日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載コラムのタイトルは編集者の意向で変わるケースがございます。ご了承ください。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:53|この記事のURL経済分析 
レポート配信履歴
7/13・7/30

8/14

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。