2019年05月

2019年05月29日

労働生産性の国際ランキングに惑わされるな

日本経済の未来を考えるうえで、今後の労働生産性の水準は最も重要な指標の一つだといえます。現状はどうなのかというと、2017年の日本の1時間当たりの労働生産性は47.5ドルであり、経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国のなかでは20位と下位に甘んじています。

おまけに、この労働生産性の水準はアメリカの72.0ドルの3分の2程度に過ぎず、データが取得可能な1970年以降、先進7カ国のなかで最下位の状況が続いているのです。少子高齢化の進展による労働力不足が深刻になるなかで、「シニア世代」の活用が注目されている。

この続きは、5月29日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。

  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:13|この記事のURL経済の分析・予測 

2019年05月28日

経営者にとって大チャンスがやってくる

米中貿易戦争の先行きが不透明な情勢のなかで、実は経営者にとって大きなチャンスが近づいていることをご存知でしょうか。それは、景気のトレンドが2020年~2021年に転換する可能性が高まってきているからです。

この続きは、5月28日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。

  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:23|この記事のURL経営の助言 

2019年05月27日

米中貿易戦争の今後のシナリオ

米中貿易戦争の今後のシナリオは、主に以下の2つになるのではないかと考えております。

(シナリオ1)
G20の米中首脳会談では合意に至らない
      ↓
米国が中国からの全輸入品に25%の高関税を課す
      ↓
米国の株価が昨年12月の水準に接近する
      ↓
米国が当初案から妥協し、中国と合意に達する

(シナリオ2)
G20の米中首脳会談では合意に至らない
      ↓
米国が中国に高関税を課すことに猶予期間を設ける
      ↓
今後も協議を続けながら合意を目指す

トランプ大統領が強気の姿勢を崩さないのは、米国の景気が経済指標上は堅調なうえに、株価が史上最高値からまだ大して下げていないからです。

とりわけ株価は大統領にとって最重要指標であるため、株価が昨年12月のように暴落することがないかぎり、米国が中国に対して安易に妥協することはないでしょう。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 11:49|この記事のURL政治の分析・予測 

2019年05月22日

働く人が将来の不安を感じない会社とは

少子高齢化の進展による労働力不足が深刻になるなかで、「シニア世代」の活用が注目されている。

2013年に施行された改正高年齢者雇用安定法では、希望者を65歳まで雇用することが企業に義務付けられたが、化粧品・健康食品メーカーのファンケルは65歳の定年後も働き続けられる制度を導入した。同社の社長、会長を歴任し、現在は副会長を務める宮島和美氏に、制度導入の狙いなどについて聞いた。

この続きは、5月22日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。

  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:52|この記事のURL対  談 

2019年05月15日

21世紀のGDPが信用できない理由

マクロ経済学で最も重要な指標はGDPだといわれていますが、本当にそのような認識のままでよいのでしょうか。なぜそのような疑問を呈するのかというと、2000年以降の経済データを子細に見ていくと、「GDPが増加する」=「国民が豊かになる」という定式はもはや成り立たなくなってしまっているからです。

この続きは、5月15日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。

  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 06:19|この記事のURL経済の分析・予測 

2019年05月13日

市場の見通しに変化なし

令和相場は「波乱の幕明け」などといわれていますが、私の見通しは4月18日の記事とまったく変わっておりません。

日米の株式市場はともにボックストレンドに入っていて、景気後退や企業収益に対する懸念が上値を抑える一方で、世界的な金融緩和への流れが下値を支える状況になっています。

NYダウのチャートはトリプルトップを形成し、しばらくは上値を追うのは難しいでしょう。当然のことながら、NYダウと連動性が強い日経平均も同じ展開になることが予想されます。

次の劇的な変化が起こるとすれば、夏場までに米中が合意するか、年内にFRBが利下げするかでしょうが、果たしてそのようになるのでしょうか。


  ←応援クリックお願いします!

2019年05月07日

日本企業がGAFAやBATに負けない理由とは

日本経済を支える製造業には、GAFAやBATに打ち勝つポテンシャルがあるのをご存知だろうか。新しいビジネスモデル「データ・プラットフォーマー」で日本の最先端を走る、コマツの坂根正弘相談役にお話を伺った。

この続きは、4月30日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 06:00|この記事のURL対  談 
レポートの更新履歴・更新予定
更新済み
11/5(ミニ情報)
11/11(ミニ情報)
11/15(レポート)
11/19(ミニ情報)
11/21(ミニ情報)
11/26(ミニ情報)
11/28(レポート)

更新予定
今後はレポートやミニ情報の最後に掲載します。ご了承ください。