2017年07月27日

日本が少子高齢化を止める唯一の方法とは(前編)

今後の日本について懸念すべき最大の問題は、誰もが認めるように「少子高齢化」だ。私は2011年、建機の最大手コマツが本社機能を地方へ分散しようとしていることを知ったとき、少子高齢化の緩和や地方衰退を止めるためには、同社の取り組みを多くの大企業が見習う必要があると直感した。だが今現在、本社機能の一部を地方に移すという動きは、トヨタ自動車やアクサ生命など、少数の大企業でしか行われていない。

実際、本社機能の地方への分散は、具体的にどれほどの効果をもたらすことができるのか、私自身もずっと気になっていた。そうした矢先、偶然にもコマツの坂根正弘・相談役とお会いし、今回インタビューをする機会を得た。日本の将来を考えるうえでも、ぜひ括目していただきたい。

この続きは、7月27日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載コラムのタイトルは編集者の意向で変わるケースがございます。ご了承ください。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 09:13│政策提案 
レポート配信履歴
10/11・10/28

11/14・11/29

12/16

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。