2017年09月06日

井沢元彦氏と語る世界と日本の未来(前編)

混迷を深める世界。日本はどうなるのか。

まったく解がないように見えるが、実は、その答えは「歴史」の中にある。『逆説の日本史』の人気作家・井沢元彦氏と、経済アナリストの中原圭介氏が、物事の本質や真実を問う「哲学的なアプローチ」から、2回に分けて「日本の進むべき道」を探る。

この続きは、9月6日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載コラムのタイトルは編集者の意向で変わるケースがございます。ご了承ください。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:52│経済分析 
レポート配信履歴
9/14・9/29

10/14

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。