2018年04月10日

返済計画が杜撰な住宅販売の現場

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズが経営破たんしました。金融の知識を多少なりとも持っている者にとっては、同社のビジネスモデルが早晩行き詰まるだけでなく、多くの自己破産者を出すことになるだろうということは、いたって常識的なシナリオでした。

東洋経済オンラインの連載でも、過剰な不動産融資が孕む問題点はサブリースの難点も絡めて何回か述べているので詳しい説明は割愛しますが、シェアハウスの所有者の大半を占める30代~50代の会社員に対して1億円超の融資をしたスルガ銀行が批判されるのも当然のことでしょう。

しかし、大手のハウスメーカーも本質的には同じようなことをやっています。通常、住宅購入者に対する銀行融資は年収の5倍程度がぎりぎりの許容水準のはずですが、大手のハウスメーカーではこの水準を超える返済計画書を提案し、銀行はその融資を実行しているという事例があまりに多いのです。

私がいちばん直近で聞いた事例では、年収の10倍もの融資を受けて住宅を買った人がいるといいます(メーカーはセ〇〇〇ハイム、融資は北〇銀行)。知識のない購入者に年収の10倍もの借入れを勧めるのは、その購入者に将来自己破産者になれといっているようなものです。

目先のノルマや利益のために、メーカーも銀行もモラルが崩壊してしまっているように思われます。監督官庁による早期の是正措置が求められますが、このまま放置したら大きな問題に拡大していくのは必至でしょう。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 10:50│その他 
レポート配信履歴
4/11・4/28

5/14

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。