2018年04月17日

日本の国難

(講談社)2017/4/19発売


明後日、新刊 『日本の国難』(講談社)が出版されます。『経済はこう動く』(東洋経済新報社・2016年10月) 以来の書き下ろしです。目次は以下の通りです。

はじめに
第1章 世界金融危機「再来」の可能性
第2章 日本経済を蝕む最大の病
第3章 2020年以後の日本の雇用
第4章 2020年以後の日本の企業
第5章 2020年以後の日本の賃金
第6章 生き残る自治体と転げ落ちる自治体
おわりに

本書は、2020年の東京オリンピック以降の日本経済や国民生活がどうなっているのかについて、日本の企業や雇用、賃金にスポットをあてながら、楽観的にも悲観的にも偏らずに冷静に分析を述べたものです。

2020年前後から世界経済の大きな流れが変わるなか、少子高齢化が世界でいち早く進む日本は、ITやAIといった技術革新によって本当に国民生活を豊かにすることができるのか、経済の常識がはらむ根本的な誤りも含めて説明していきたいと思います。

興味がございましたら、ぜひご覧いただきたいと思っております。

  ←応援クリックお願いします!

keizaiwoyomu at 09:02│拙書の紹介 
レポート配信履歴
4/11・4/28

5/14・5/31

6/13

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。