2018年06月15日

日銀に打つ手なし

いよいよECBが2018年中に量的緩和を終了すると決定しました。次の世界的な景気後退期が来たときに、日銀だけが政策手段を失うことになり、想定されるオリンピック不況の深刻化が心配されるところです。

DSC_0500



  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 10:24│金融政策の分析・予測 
レポート・ミニ情報の配信履歴
3/5(ミニ情報)
3/8(ミニ情報)
3/12(ミニ情報)
3/13(ミニ情報)
3/15(レポート)
3/18(ミニ情報)
3/18(ミニ情報2)

※届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。