2018年06月18日

先送り体質の将来

日本が思考停止に陥り先送りになっているのは、原発の扱いだけではありません。少子化問題でも、財政健全化でも、社会保障改革でも、成長戦略でも、先送り体質が慢性化しています。なぜ先送りされてしまうのかというと、政治にとって優先されるのは、ある程度の成果が20 年先、30年先に表れる政策よりも、目先の選挙で投票してもらえる政策を実行することだからです。このままでは、遅かれ早かれ、日本の国難は必ずやってくることになるでしょう。

DSC_0501


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 12:03│政治分析 
レポート配信履歴
7/13・7/30

8/14

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。