2018年09月11日

坂根正弘氏に聞く(1)

少子高齢化は日本が抱える最大の課題だ。建機の最大手・コマツの坂根正弘相談役は会長時代に本社機能の一部を石川県・小松市に移転。少子化対策にも熱心に取り組む、日本を代表する経営者だ。その坂根氏に「なかなか変わらない日本の大企業の問題点と少子高齢化打開への道筋」を聞く。

この続きは、9月11日更新の『中原圭介の未来予想図』でどうぞ。

※連載コラムのタイトルは編集者の意向で変わるケースがございます。ご了承ください。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 09:26│政策提案 
レポート配信履歴
10/14・10/25

11/13

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。