2018年10月09日

米国の景気後退のサイン

米国の長期金利が9月下旬から3%の壁を突破、3%を下値に固めつつあるようです。これまでの講演やレポートでも指摘し続けてきたように、長期金利が3%を超えてくるようになると、自動車ローンやクレジットカードローンの延滞率が上昇、個人消費に悪影響が出始めてくることが予想されます。

2019年後半に大型減税の効果が薄れてくることを考えると、長期金利が現在の3.2%前後で推移し続ければ、米国は2019年中に減速傾向が鮮明になり、2020年には景気後退入りが意識されることになるでしょう。当然ながら、長期金利が3.5%まで達するようなことがあれば、景気後退はそれよりも早まる可能性が高まっていくのはいうまでもありません。

ですから、今後の米国の長期金利の推移には細心の注意を払う必要があります。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:55│経済分析 
レポート配信履歴
10/14・10/25

11/13・11/30

12/10(本年最終号)

※レポートが届いていない場合、ゴミ箱または迷惑メールBOXをご確認ください。