2019年06月17日

金融庁の報告書に関する所感

国会の審議を見ていて辟易するのは、野党が「2000万円不足する」という言葉をクローズアップして政府批判を繰り返している一方で、政府・与党は「報告書はないものとする」として、本質的な議論がなされない状況になっているということです。

少子高齢化が加速していく社会では、公的年金の制度をどのように維持していくのか、それと同時に、自助努力を支える仕組みをどのようにつくっていくのか、先送りをせずに早急に議論するべきです。

そもそも今回の金融庁の報告書など出なくても、国民はずっと前から将来への不安感を和らげるために、消費を抑えて貯蓄するという堅実な行動を取ってきています。国民が持っている将来への不安を解消しようと努力することなく、政治が見て見ぬふりをしてきた責任は大きいでしょう。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 08:35│その他 
レポートの更新履歴・更新予定
更新済み
8/1(ミニ情報)
8/2(ミニ情報)
8/8(ミニ情報)
8/10(レポート)
8/15(ミニ情報)
8/19(ミニ情報)

更新予定
8/26(レポート)
8/28~30(ミニ情報)

※予定日を保証するものではございません。ご了承ください。