2019年09月06日

来年になれば、米中の立場が逆転するかも

ここ数カ月の経済指標を見ると、米中貿易摩擦のあおりを受けて、アメリカの農業が大打撃を受けているばかりか、製造業の雇用までもが減少してきています。前回の大統領選で勝敗のカギを握ったラストベルトの各州では、とりわけ製造業の雇用が落ち込みを見せ始めています。

来年11月のアメリカ大統領選までのスケジュールを考えると、トランプ大統領は米中貿易摩擦を来年の春先までに休戦、または収束へ向かわせる必要があります。それができなければ、支持基盤である農業や製造業に従事する人々から見放され、大統領選に敗れる可能性が高まっていきます。

これまではアメリカが一切の妥協をせずに中国を強く攻め立てていましたが、中国があと数カ月も我慢すれば、トランプ大統領のほうが合意を急がなければならない状況に追い込まれてくるでしょう。米中貿易摩擦は中国のほうが不利だと言われてきたなかで、来年になればアメリカのほうが多少の妥協をしてでも、合意をしなければならないのではないでしょうか。


  ←応援クリックお願いします!
keizaiwoyomu at 18:29│政治の分析・予測 
レポートの更新履歴・更新予定
更新済み
9/3(ミニ情報)
9/6(ミニ情報)
9/11(ミニ情報)
9/13(レポート)
9/19(ミニ情報)

更新予定
9/24~25(ミニ情報)
9/26~27(ミニ情報)
9/30(レポート)

※予定日を保証するものではございません。ご了承ください。