2019年10月01日

2020年以降は、最低賃金の上げ幅を2%台に鈍化させたほうがいい

2019年度の最低賃金の改定額が10月から各都道府県で発効されます。

最低賃金を引き上げ続けるといえば、反対する国民はほとんどいないでしょう。同じように、最低賃金の引き上げペースを加速するといえば、低所得者層はみな喜んで期待することになるでしょう。

しかし、引き上げのペースを上げ過ぎると、救済されると思っていた低賃金の人々が真っ先に解雇されてしまうというパラドックスをご存知でしょうか。その理由というのは、・・・・・

この続きは、10月1日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 08:31│経済の分析・予測 
レポートの更新履歴・更新予定
更新済み
10/4(ミニ情報)
10/7(ミニ情報)
10/15(レポート)
10/18(ミニ情報)

更新予定
10/23(ミニ情報)
10/25(ミニ情報)
10/30~31(レポート)
他、市場が急変した場合

※予定日を保証するものではございません。ご了承ください。