2019年10月02日

バランス感覚がない極論はポピュリズムを引き付ける

各都道府県では10月から、2019年度の最低賃金の改定額が発効されます。最低賃金を引き上げ続けると生産性が上がるという呪文のような言説が日本でも広がってきている昨今、実は最低賃金の引き上げのペースが上がったことで、日本の生産性が逆に下がっているという現実をご存知でしょうか。

日本の企業全体の99%を占める中小零細企業は、アルバイトやパートで成り立っている業種が多いのですが、最低賃金の引き上げペースが近年上がっていることから人手不足が深刻化し、かえって中小企業の生産性がいっそう低下するという現象が起きています。これはどういうことなのかというと、・・・・・

この続きは、10月2日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※昨日の記事に引き続き、本日の記事もアクセスランキングで1位を獲得しています。感謝申し上げます。
※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 09:55│経済の分析・予測 
レポートの更新履歴・更新予定
更新済み
11/5(ミニ情報)
11/11(ミニ情報)

更新予定
11/12~14(ミニ情報)
11/15(レポート)
他、市場が急変した場合

※予定日を保証するものではございません。ご了承ください。