2019年12月02日

定年消滅時代をどう生きるか

(講談社)2019/12/11発売


2020年は 日本の雇用が大変革の胎動を始めた年になります。若手にとっても、中堅にとっても、ベテランにとっても、高齢者にとっても、無縁ではいられない雇用の流動化が起ころうとしています。

これは、私たちにとって大きな危機であり、大きなチャンスでもあります。今後10年~20年で起こる雇用や仕事の変化を説明したうえで、新しい働き方や自らの価値の高め方について紹介しています。

本書がみなさんにとって、明るく前向きに生きるための一助としていただけたら幸いです。

(プレゼントのお知らせ)新刊『定年消滅時代をどう生きるか』(12月11日発売)をご購入された方には、『2020年の経済と市場の見通し』をプレゼントさせていただきます。年末が近いということもあり、12月22日を締め切りとさせていただきます。ブログ右下のお問い合わせフォームの本文の欄に「124ページの最初の4文字」をお書きのうえ、お申し込みください。プレゼントは12月20日~23日に配信させていただきます。(※電子書籍は種類によって文字がズレるので、不可とさせていただきます。)
keizaiwoyomu at 09:12│拙書の紹介 
レポートの更新履歴・更新予定
更新済み
11/5(ミニ情報)
11/11(ミニ情報)
11/15(レポート)
11/19(ミニ情報)
11/21(ミニ情報)
11/26(ミニ情報)
11/28(レポート)

更新予定
今後はレポートやミニ情報の最後に掲載します。ご了承ください。