2019年12月19日

2030年には中途採用が5割を超えるだろう

トヨタは技術職や事務職を含む総合職の採用において、中途採用が占める割合を2019年度に2018年度の1割から3割に引き上げるといいます。中長期的には5割を中途で採用する方針だということです。

中途採用では職務における能力や成果によって評価が決まり、それによって給与や待遇を柔軟に見直す仕組みが取り入れられます。

この続きは、12月19日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※予定より1日早めて、本日から先日告知したプレゼントの配信を始めました。
※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 10:20│経済の分析・予測 | 未来の予測