2020年06月29日

歴史の教訓を無視する為政者たち

私は大学で歴史学を専攻しましたが、感染症の専門家と歴史の研究者の回答は同じです。それは、感染症には複数の波があるということ、感染を抑えるためには安易に規制を緩めてはならないということです。

しかし米国は、今回も歴史や科学の知見を活かすことができず、懸念していた第1波の再拡大を招いてしまいました。新規感染者数(7日移動平均)は6月25日に過去のピーク(4月9日の31,630人)を上回り、27日時点で36,408人にまで増加しているのです(グラフ参照)。

米国感染者最新

米国は経済活動を再開するのであれば、「外出時は必ずマスクをする」「ソーシャル・ディスタンスを保つ」など、各々の州政府がルールの周知徹底を行うべきだったと思います。おそらく、日本もこのままでは、米国と同じ行程を辿ることになるでしょう。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」―― 為政者にはこの言葉を肝に銘じ、しっかりと対応してもらいたいところです。
keizaiwoyomu at 12:49│政治の分析・予測 | その他