2020年10月23日

スガノミクスが今やるべきこと

私は、2012年12月の安倍政権発足当初から、たとえアベノミクスがもたらす円安によって企業収益や株価が上がっても、その恩恵は大半の国民に及ぶことはなく、格差拡大がいっそう進むだろうと警鐘を鳴らしてきました。 

実際にアベノミクスを支えてきたのは、日銀による異次元の金融緩和と政府による巨額の財政出動の両輪でした。それに加えて、主要輸出先である米国を中心に世界経済が順調に拡大してきたことも、日本の景気回復には追い風となりました。その結果として、企業の経常利益は2倍程度まで増加し、日経平均株価は2倍超に上昇したというわけです。

しかしその一方で、国民生活に目を向けると景色は一変します。

この続きは、10月23日更新の『経済ニュースの正しい読み方』でどうぞ。

※連載記事のタイトルや小見出しは編集者の意向で行われるので、誇張気味になるケースがございます。その点はご了承ください。
keizaiwoyomu at 09:18│政策の提案