2011年12月08日

2011近畿赤十字大会

日時:2011年10月1日(土)・2日(日) 
会場:舞洲(高槻主催)

昨年の大会において、異常な猛暑により熱中症が続発したことが考慮され、8月を避けて10月に近畿大会が開催された。また今回からフットサル(男女混合)が競技種目に加わった。
宿泊ホテルは、大阪中之島のリーガロイヤル。近隣開催ということもあり病院出発が15:30分だったため、午前中に大山の体育館で練習を行なった。全員が一堂に会して練習する機会はなかなか無いため、ポジションがすべて埋まった中でのレシーブ確認やコンビの確認など良い最終調整ができた。
高速道路の渋滞もなく16:40分頃には、宿泊ホテルに到着した。夕食&抽選会が18:00開始でそれまで若干の自由時間があったため、キャプテンの呼びかけでホテル近くの公園でボールを使って体を動かすことにした。全員が円陣つくって「古今東西パス」をしていたが、お題に答えながら若い女の子たち十数人がキャーキャー言いながら1つのボールをパスしている姿は、傍目にちょっとあぶない集団に見えた(笑)


続きを読む
keizi at 23:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)振り返り(反省 Orz) 

2011年09月15日

合宿の振り返り

2011(平成23)年9月3日・4日
希望が丘 体育館

2011(平成23)年9月3日(土)・4日(日)、希望が丘体育館と草津体育館で合宿を行なった。進行速度が遅い台風12号の影響で2日ほど前から風雨が強く、実施できるか判断が難しかったが、選手たちの合宿に向けた意欲も強く、また名神高速道路も通行止にまでは至っていなかったため決行した。

集合は病院に午前10時。参加者は19名。車4台に分乗し、10時30分頃出発。東インターから栗東インター経由で向かった。台風の影響で高速道路に50キロの速度制限が出ていたが、空いていたため、途中、昼食購入にコンビニに寄ったりしたが、11時40分頃には全員到着した。

昼食をとりながら初日の練習メニューを打ち合わせ、あわせてナカニシを今回から声だし係に任命し、副キャプテンのオオタ・ミズタニ(今回はふたりとも不参加)と併せてキャプテンをサポートしていく体制とした。

【9月3日 参加者】
ナカムラ、タニグチ、イサカ、オッピー、
ササキ、ヘキ(タイラ)、マツダ(ヨシダ)、ワッキー、タツモト、ワケバヤシ、タツミ、ナカニシ、シゲモリ、シモオカ、オク
マユ、アオヤマ、ヨシダ、イマムラ

【練習内容】
予定より早く到着したため30分繰り上げて12時30分から開始し、17時まで練習した。たくさんの助っ人(みんなアリガトウ!)が参加してくれたこともあり、とても充実した内容の練習ができた。特に普段できないブロック練習に時間を割くこともでき、スパイクなしの紅白戦で意識してブロックに取り組めたため、すぐにその効果が見られた。
ミズタニ、オオタが不参加だったため、ヘキ、マツダ、シモオカ、シゲモリでポジションカバーした。本番の大会でも、誰かが不調・故障などで離脱することは十分あり得るので、戦力ダウンとならないよう、バックアップメンバーの底上げは重要となる。そういう意味でも、スパイクが打てるヘキ、マツダ、オオタの3人が複数のポジションをこなせることがチーム力向上の重要ポイントになる。ヘキ、マツダが合宿に参加して、複数ポジションの練習をしっかりできたことは収穫だった。

ブロックについては、絶対的なエーススパイカーがいないチームの現状とレシーブトスの成功頻度が少しずつ増している現状を併せて考えた場合、ブロックでなんとかワンタッチすることの有用性が増している。また、チームとしての攻撃力を少しでも向上させる観点からすると、ブロックは貴重な攻撃のひとつであり、この向上が攻撃力アップに直結する。ブロックはシャットアウトできれば、クイックなどの攻撃より早いうえにリスクが少ない(クイックは、チャンスボールレシーブとセッタートスとスパイクの3プレーが必要なうえ全て的確に処理しないと攻撃として成り立たない)ことを踏まえたうえで貴重な攻撃と認識して、しっかりブロック練習に取り組むべきである。

また、言うまでもないがブロックの種類には
シャットアウト・・・止めてそのまま相手コートに決まる
ストップ・・・・・・止めたが相手に拾われる
ワンタッチ・・・・・味方がレシーブトスに繋げられた
レシーブが精一杯で、攻撃できず相手に返した
ワンチしたがレシーブできず決められた

等があるが、最後の決められた場合以外は、すべてブロック成功と理解しても構わない。

ラストボールの返球時にまだまだコースが甘い点の改善を目指して、紅白戦時にこちらのスパイクを無し(スタンディングスパイクとレシーブトス時のみスパイクOK)という変則的な紅白戦を行なった。この練習の狙いは、ラストボールをかなり厳しく攻めの姿勢で狙わないと得点できないことと、ブロックが貴重な得点源になることを身をもって体験させることであった。
成果としては、ブロックでワンタッチする回数が増加した。やはりスパイクを打てないという状況になるとブロックへの意識が相当高まるようで、相手チームのマユとアオヤマのスパイクをシャットアウト・ストップできる回数が多かった。裏を返せばやはり試合中のブロックへの意識・マークする相手の確認など心掛け次第でブロック率はまだまだ向上できるということか。
また副次的な効果としては、ワキサカがジャンプしながらオーバーで返球していたが、これがスパイクのタイミングを掴むのに効果があったようで、スパイク解禁後の球威がよくなっていた。
肝心のラストボールの質については、まだまだ甘く、なかなか得点できなかった。相手チームの真ん中にオッピーがいたためナイスレシーブで拾われることが多かったのも確かだが、そのオッピーに返球してしまうことが多くあった。ここが大きな問題で最低でもオッピーを外して返球しないと、なかなか得点、あるいは相手を崩すまでには至らない。チーム全体的に腕の筋力不足が明らかでオーバーで早くて強いボールを返せないことが根本的な問題か。これは日々の腕立て伏せ等、地道な努力で十分に改善できるはずである。


翌2日目は、宿泊ホテル側の横柄な対応で併設体育館の使用ができなかったようで、急遽、フクイの手配で押さえた草津の体育館で行なった。怪我の巧妙ともいえるが10:00〜17:00と当初の午前のみの予定以上にみっちりハードな練習ができた。レシーブトスなど基本的なプレーの反復、確認をした。昼食時間も長く取らず、体力的に追い込めたかなり充実した練習ができたようである。

【9月4日 参加者】
ナカムラ、フクイ、イサカ、オッピー、
ササキ、マツダ、ワッキー、タツモト、ワケバヤシ、タツミ、ナカニシ、
シゲモリ、シモオカ、オク


今年の合宿は、台風の接近で決行するか判断が難しかったが、結果的には体力的にも相当追い込んでできたし、技術的にも間違いなく向上できたと言える充実した内容だった。さらにオクに至ってはナカムラ先生に勉強までみてもらって宿題も片付いて学力的にも向上した(笑)
台風のせいで花火ができなかったのは残念であったが、夕食会で親睦も深まりチームのまとまりもさらに良い状態をキープできている。
事故も怪我もなく、非常に充実した合宿であった。大会まで1カ月を切った。

今回、勤務等で残念ながら参加できなかったメンバーも個々で出来る限りの努力をして欲しいし、全員が万全の心構えで大会に臨むようにしたい

keizi at 23:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年08月01日

練習試合VS大阪 振り返り

日時:平成23年(2011)7月23日(土) 13:00〜17:00
場所:テルサ
対戦相手:大阪赤十字病院
対戦戦績:6セット行い、1勝5敗
参加メンバー:中村、谷口、福井、伊坂、日吉
佐々木、平、水谷、吉田、八木、巽、中西、分林、重森、辰本、
アオヤマ(助っ人)、マユ(助っ人)

■概要
集まりがイマイチだったため、こちらにはスパイカーの助っ人ふたり、大阪も男性陣レシーバーとライトのふたりが入った状態で行った。

今回は速攻を仕掛ける回数を少しでも増やすという観点からサーブレシーブのフォーメーションを変更し、中西にサーブレシーブを取らせることにした。(代わりにワッキーのポジションをアウトに。)

開始前に本番の緊張感をもって臨むように指示し、特に最初の1セット目の出足の5点先取を目指したが、サーブレシーブで崩され逆に大阪にリードを許すことに。その後もレシーブの凡ミスが続き、いいところのないまま、あっけなく1セット目を取られてしまう。

さらに2セット目もまったく立て直せないまま連敗。ほとんどうちの良いところがでないまま負けた。これが大会であれば、この時点で大会敗退が決定となるところである。
結局、この日は6セット行なったが最後の1セットを取れただけで5連敗してしまった。相手の男性ライトの攻撃が相当決まっていたとはいえ、それにしてもやられ過ぎた。

う〜む。

原因としてまず挙げられるのがサーブレシーブで、足の長いインかアウトかぎりぎりのサーブにジャッジを迷ってしまいレシーブミスを重ねた。コーチ達からの「うしろから!うしろから!」というアドバイスも届かず同じようなミスが続いた。
それに引っ張られてしまったのか、チャンスボールの精度もとても悪かった。うちはレシーブチームなのでレシーブの調子が悪いとやはり苦しい。

サーブレシーブが入らない → トス乱れる → 攻撃しきれない

チャンスが入らない → トス乱れる → 攻撃しきれない

序盤の3セットはほとんどがこのパターンだった。

対策としては、サーブレシーブに関しては、
・アウト臭くても必ず拾う。
・とりあえず上げてしまってツートスで攻撃に繋ぐ
・セッターがなんとか立て直す
等が現実的な対策か。

チャンスについては、普段あれほど入らないことは無いが、全体的にいつもよりボールをさわる位置が高く、そのため若干テンポが早くなってしまい、チームも落ち着かなかった。ボールを床ぎりぎりまで呼び込んでレシーブすれば精度も上がるし、テンポも落ち着く。試合中の早い段階でこの点をプレーしながらでも修正できるようにならないといけないが、言うは易し行なうは難しで、プレーしながら修正していくことは相当むずかしいようだ。やむを得ず何人かのメンバーやポジションを入れ替えてみたところ多少、落ち着きを取り戻せたようで徐々に良いレシーブも出始めた。

結局、最終セットでようやく、うちのチームらしいレシーブで粘って速攻を仕掛けることができて勝利できたが課題の多い練習試合だった。

■良かった点
・唯の速攻を仕掛ける回数が増えた
・ブロックでなんとかワンタッチすることが増えてきた
・分林のサーブが良かった

■悪かった点
・サーブレシーブが悪すぎた
・チャンスが入らなさすぎた


keizi at 00:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)振り返り(反省 Orz) 

2011年07月17日

カラオケ ランキング

祇園囃子が聞こえる季節。みなさん、夏バテせず元気にしてますか?タニグチです
m(__)m

さて、バレーボールが大好きな我がバレー部メンバーですが、練習後にゴハンやお酒飲みにもよく行きます。その流れで2次会でカラオケに行くこともあります。で、そのカラオケも結構楽しいんですよね

で、今までメンバーが歌った曲でタニグチ的によかったランキングをまとめてみました。


まずは、5位
レミオロメン「3月9日」を歌った福井コーチ
福井君はいろんな曲を歌いますが、なかでもバラードが秀逸でほかにも尾崎豊や浜田省吾も上手ですがこれは特によかったね〜。聴かせるね〜。


4位
湘南の風「睡蓮花」を歌った佐々木&里子
まさに夏の曲を女子ふたりで熱唱タオルふり回して盛り上がってテンション上がった
この曲は盛り上がるんで男性陣で練習してマスターしたいですな〜。


3位
class「夏の日の1993」を歌った重森
この時のカラオケで一番盛り上がったのは、この曲を重森が歌ったときでしたが、まず選曲のセンスが良いね
重森自身は20代前半なので、1993年当時は6歳前後のはずなのに、あえてこの曲。なぜ知っている?なぜ歌える?1993年青春まっ只中だった俺は超なつかしかった(笑)

2位
木村カエラ「バタフライ」を歌った水谷
これはね〜もうね〜カワイすぎてね〜反則ですね(笑)曲と水谷が合い過ぎとる。
水谷はいきものがかり「じょいふる」という武器も持ってますが、こっちも盛り上がるね。


そして1位はみんなも納得でしょう
唯の「ヘビーローテーション」です
AKBの、ではなく唯の、と言っても許されるでしょう(笑)

いやー、初めて唯のヘビーローテーションを見たときは衝撃でした。歌って踊れる新人が現れたと。
バレーではセンターですがAKBでもセンター獲れるんじゃないのかと思いました(笑)
akb

唯はその後、院内旅行でも「あやや」を歌ったそうですが、そこでも予想通り大盛り上がりだったそうです。今年の院内旅行も楽しみですうる星やつらのラムのラブソングあたりを歌ってもらいたいものです(笑)


今年の新人さんとは、まだカラオケいく機会がないのですが、どうなんでしょうか?唯を越える新人さんは現れるのでしょうか?楽しみですね〜


keizi at 01:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑感(コラム?) 

2011年06月20日

練習試合振り返り

この前の練習試合を簡単に振り返ってみた。


日時:平成23年(2011)6月18日(土) 13:00〜17:00
場所:テルサ
対戦相手:大阪赤十字病院
対戦戦績:6セット行い、5勝1敗
参加メンバー:谷口、福井、伊坂
佐々木、太田、平、水谷、脇坂、巽、中西、分林、重森、奥(看護学生)


■良かった点
・複数のポジションを試すことができた。(分林のセミ、平のセッター、太田の後衛など)
・セットがすすむごとにブロックが良くなった。分林がセミ、平がライトの時にブロック力UPした。
・巽がサイン出せた。
・自発的に試したコンビのBセミが急造のわりに精度が高かった。
・脇坂のスタンディングスパイクに成長が見られる。
・水谷のカバーとチャンスがほぼ完璧。
・中西、重森、水谷のサーブが良かった。
・佐々木のレシーブと奥のスパイクが安定していた。
・中西と平はラストボールを返す時、厳しい所を狙っていた。


■悪かった点
・脇坂がスパイク決めても喜ばない。
・ラストボールを甘いチャンスボールで返してしまう。
・サーブで標的を狙いきれない。
・ラリーが続きバタバタし出すと、立て直せない。(ゆっくりしたチャンスを入れられない。)
・ラリーが続くと後衛が2〜3歩、無意識に前に詰めてしまい、相手のライトの長いスパイクをアウトとジャッジミスしてしまう。
・水谷のツートスの精度が悪かった。
・ブロックができない(特に序盤)


keizi at 23:23|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)振り返り(反省 Orz) 

2011年05月30日

「楽しくて、熱い」ということ

うちのチームの特長は、「楽しくて、しかも熱い」ことです。
バレーボールが好きな人が集まって練習もニコニコ笑いが絶えず楽しくプレーしていますが、ユル〜いまったり系の楽しさとはちょっと違い、「熱い」気持ちが自然に出てきてしまう雰囲気があります。
真剣にボールに向かっているから活気にあふれ、熱い雰囲気になるんでしょう。

文章では伝えにくいですが、うちのチームの「楽しい」と「熱い」部分のバランスの良さは絶妙で、素晴らしいものがあります。これは他チームに絶対に負けていない部分でとても誇れることです。楽しいだけでもない。熱いだけでもない。楽しくて、熱い。

この楽しさと熱さの素晴らしい絶妙のバランスは、昔からあった訳ではなく、ここ10年ほどかけて少しずつ、少しずつチームに定着したものです。

その昔、熱さを求める人から「コートで笑顔を見せるなんて」と言われたこともありましたし、楽しさを求める人から「こんなに必死な雰囲気では楽しくないです」と言われたこともありました。そして両方の人がチームを去っていきました。とても悲しかったことを覚えています。
その経験から、「楽しくて、熱い」チームをみんなで目指してやってきました。

そして、時は流れ、今。

楽しくて、しかも熱い素晴らしいチームになっています。そのチームが見せるバレーは、観戦している者まで興奮させ、ワクワクしてしまいます。

例えば、ここ数年の大会などでうちの試合を観戦している他チームの人たちが知らず知らずのうちに試合に引き込まれ、興奮して思わず大声で応援してくれたことは、一度や二度ではありません。観ている人にまで「熱い」気持ちが伝わるからこそ、声を出してしまうのでしょうし、「楽しさ」が伝わるからこそ、応援してくれるのでしょう。

「観ている人が興奮するバレー」という点に関しては、和歌山や第二に負けていない、いや、もうすでに勝っていると思います。

大事なんでもう一度、書いておきます(笑)

「観ている人が興奮するバレー」という点に関しては、和歌山や第二に勝っています。


みんなにはうちのチームの「楽しくて、熱い」ことに誇りを持ってもらいたい。

そして、大会で和歌山や第二に勝って「観ている人が興奮するバレー」の究極の形を会場中の人に味合わせてあげて欲しい。

想像してみてください。大会で和歌山や第二に勝つ自分達を。大歓声が鳴り止まない大興奮の会場を。拍手や笑顔や涙を。

今のチームなら、それも決して夢じゃない。

そう、思います。


keizi at 18:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑感(コラム?) 

2009年04月14日

おっぱいバレー

みなさん、こんばんは。タニグチです。
やっと、ようやく、約1年ぶりにオオノがこのブログ更新してくれました。ま、今後はそのようなことがないよう僕もがんばって書くようにしよう。




さて、話は突然かわって気になる映画の話。


それは、綾瀬はるか主演の映画「おっぱいバレー」

私が心から愛する「おっぱい」と「バレーボール」がひとつに合わさった刺激的なタイトル(笑)


実は2年ほど前に原作の単行本が出たときもメッチャ気になって買うか迷ってたのです。
でも当時、バレー部のみんなにこの話をしたときに「タニグチさん、好きそう」みたいな、なんか冷たい感じの、なんかちょっと「汚らわしい」みたいな目で笑われてたので、買うのあきらめた経緯があります(笑)


まあね、綾瀬はるかのおっぱいが(・)(・)ボロロ〜ンとスクリーンいっぱいに出るならみんなになにを言われようが、どう思われようが見に行きますけどね(笑)

(・)(・)ボロロ〜ンあったら興行収入も新記録樹立しちゃいそうですけど、そんな訳ないですからね。


今回も自重します







keizi at 03:05|この記事のURL雑感(コラム?) 

2009年03月31日

遅くなりました…

1年前に頼まれていたのですが…、すみません…。
言い訳はしません……。

ところで、もう4月で新人さんが入ってきます☆
私のところにも4人入ってくるのですが、私の同期と下の子が新しい1年目さんの
チューターさんになる予定で、私は何も役がありません…笑
って笑ってられないのですが…涙

バレー部に入ってくれる子がいればよいのですが☆

新人歓迎会はいつなんでしょう★?
いっぱい来てくれるとうれしいですね。

私ごとですが、最近消化器の外来らへんをうろちょろしてます。
CRCとしての仕事をして、あたふたしています。そんな私を見かけたら声かけてください☆ 外来は知ってる看護師さんがいないのでとても不安になりながら仕事してます……。

って、もう書けません…やっぱり上手く書けませんでしたが…。
次は、よくスーパーで会う水谷さんに回します。
お願いします★

keizi at 00:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年04月22日

合宿どうする??

こんばんは。たにぐちです。

夏の合宿どうする??やるならそろそろ予約しないとね。

7月か8月にやっといた方が良いように思うのだけれど・・・


ご意見待ってまする( ´∀`)つ




PS
今日、太田を廊下でみかけた。随分とお姉さんらしくなっていたので誰かわからなかった(笑)
keizi at 19:35|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2008年04月07日

花見

f59b8ce7.JPGワッキーこと脇坂です!!
ブログネタを探してました(笑)

先日、初めて清水寺に行って桜を見てきました。
桜はとてもキレイだったのですが、人と車が多すぎて、もう勘弁です…。
でもバレー部で花見(宴会)したいです!!


今日はきっと新人さんが病棟に来るのかな?と思ってワクワクしてますが、私は休みですw


新人さん勧誘に燃えます!!
そして歓迎会!!楽しみです。


何を書いたら…
次は大野さんにお願いします('-'*)♪
keizi at 11:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
みなさんからのコメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: