今朝も関東地方に大きな地震がありました。
ちょうどテレビのNHKをつけていたのですが、
放映中の連続ドラマを中断して、
緊急地震速報が流れました。

                  

この緊急地震速報、
3月11日の東日本大震災が発生するまでは、
そう頻繁に聞こえるものではありませんでした。

でも、11日当夜、
さいたま市の沼影小学校の体育館で
一睡もできなかった時、
ラジオのNHK放送から、何度となく流れました。

実際に速報が流れた直後に地震がきます。
だからある意味で、
心して身構えることができます。

大震災から1ヵ月が経った今も、
余震が続いています。

弊社のパソコンの修理を終えた際に、
業者さんと相談して、インターネットの速報を
スピーカーを通して聴くことができるようにしました。

そのおかげで、テレビやラジオを切っていても、
事務所のスピーカーから速報が流れ、
とっさに身構えることも
できるようになっていました。

それが昨夜の大きな地震で、
情報を流す側のサーバに不具合が生じ、
今日一日は、速報も聴けない状態が続きました。
やむなく、日中ずっとNHKテレビをつけ、
不測の事態に備えていました。

ようやく夕方には復旧し、
今は速報への対応も可能になっているようです。

今回の大震災以降、
いろいろなことを考えるようになりました。
地震や津波に対する誤った知識や知らない情報、
自分の身を守るということの何たるか、
それらをしっかりと考える機会になりました。

もちろん、緊急地震速報が鳴らないに
こしたことはありません。
でも、いざというときの心構えを、
今まで以上にすることができるという
ありがたさを噛みしめています。


本日、福島県社会福祉協議会様から
お知らせがあり、延期となっていた研修会を
正式に実施することが決定したとのことでした。
まだ開催日等は未定ですし、
本来、対面による打ち合わせをして
企画を煮詰めていきましょうといっていた矢先、
大震災が発生したため、
それ以上進展がありませんでした。
でも、本日のお知らせを受け、
弊社でも準備を進めることができます。
主催者様とともに、よりよい企画を作っていきたい、
そう思っています。