今月はゴールデン・ウィークがあったため、
土曜日のカルチャーセンターも振り替えとなり、
今日は、朝から夕方まで開講していました。
神奈川県逗子市の小笠原学園で、
午前9時30分から11時までは「朗読入門」。
午前11時から午後12時30分までは「声の演技術」。
場所を移動して、
藤沢市の湘南台カルチャーセンターで、
午後3時から4時30分まで「ボイスアクト」を開講しました。

今日から、「声の演技術」も「ボイスアクト」も、
アフレコ練習に入りました。
教材に使った作品は、
高校生の女の子同士の会話と
小学校低学年と幼稚園児の会話です。

講座に参加されている皆さんは、
もちろん立派な大人ですが(笑)
今日の演技は、思い切り年齢の低い役でした。

多少人にもよりますが、
自分と同じ世代の役柄を演じるより、
相当に世代の離れた役をする方が、
どちらかといえば、演じやすいと思います。

今日の生徒さんも、
思い切り羽目を外して(?)
小さい子供の演技をされていました。
これがまた、皆さんお上手なんです!

たまにはこういった極端な演技をしていただくと、
かえって同世代の人物の演技をするときに、
しっかりと落ち着いて、的を得た演技ができます。

次回も引き続き、同じ教材での練習ですが、
今日以上に “はじけて” いただけることを
期待してます(笑)