本日、千葉県民生委員児童委員協議会様主催
『活動記録出前講座』を聴講してまいりました。
全国各地で活動されている
民生委員・児童委員さんや主任児童委員さん。

皆さんは日々の活動内容を
『活動記録』という形で整理して
提出することとなっています。

現在日本には23万人に及ぶ委員さんが活動中。
お一人おひとりが提出されてきた記録内容は、
最終的に厚生労働省に集約され、
次年度の施策推進や、
委員活動にともなう活動費の算定根拠づくりに
活用されていくことになっています。
また、活動内容は厚生労働省の『福祉行政報告例』で
報告されています。
現在は平成22年度分が報告されています。

厚生労働省福祉行政報告例

千葉県民生委員児童委員協議会様では、
県内各地で活動されている委員の皆様に対して、
具体的な記録のポンントなどを解説するため、
“出前講座”という形で開催されています。

本日は、八千代市で開催されるということで、
私も聴講させていただきました。

CIMG0001
午後1時すぎ、
八千代中央駅に到着。





この駅で下車したのは、これで2度目。
前回は、昨年4月27日、
八千代市民生委員児童委員協議会連合会様の
研修会に登壇させていただいたときでした。

当時のブログ記事はこちら

今回の会場となったのは、
八千代市役所や
八千代市社会福祉協議会が集まるエリア。

CIMG0002ここで、
午後1時30分から
午後3時30分までの
2時間にわたり、
開催されました。



CIMG0003『活動記録』に
書き込むときの
ポイントや留意点などを、
いくつかの演習を
はさみながら
解説してくださいました。


民生委員・児童委員、主任児童委員の皆様の
日々の活動内容を集約していく『活動記録』。
とても大切で貴重な財産となるデータだと思います。

民生委員・児童委員、主任児童委員の皆様を対象に
研修会をさせていただくことの多い私としては、
あらためて、もっともっと勉強しないといけないなと
感じています。

本日は、たいへんお邪魔をいたしました。
誠にありがとうございました!