スウェーデン研修

2015年01月05日

新年あけましておめでとうございます!

2015年年賀状 小川カラ[1]
予防歯科とハイクオリティー歯科で歯と健康を大切にする
山下スマイル歯科 院長の山下圭造です。
DSC_5788
故郷の懐かしい神社に初詣ができ、新たな気持ちで新年を迎えることができました。
本日からこころ新たに診療をいたします。
2014年の最大のイベントは夏にスウェーデンのマルメ大学にて勤務医の山本歯科医師、歯科衛生士の矢下と予防歯科研修を受けたことでした。
DSC00474
研修は明日から使える知識・テクニックを学ぶためだけではなく、予防歯科で目覚ましい実績をあげている、スウェーデンの歯科医療の「哲学・考え方」をダン・エリクソン教授をはじめマルメ大学歯学部の錚々たる先生方から学ぶ素晴らしいものでした。
その哲学・考え方は、「科学的根拠に基づいたリスク評価を行い、科学的根拠に基づいた最小侵襲の治療を行う」というものでした。
講義の内容はカリエスのリスク評価、カリエスの進行速度、深いカリエスに対する処置、MI歯科医療、薬剤と疾患のパターン、歯周炎のリスク評価、ナショナルガイドライン、サリバテスト(虫歯菌検査)の分析、遺伝とカリエス発生の関係、インプラント周囲炎、キャピテーションシステム等など非常にバラエティーに富んだ分野を学びましたが、根底には常にその哲学・考え方があり、その哲学・考え方をさまざまな角度から学ぶことができました。
日々の予防歯科を実践する中で生まれたいくつかの疑問に対しても、直接ディスカッションするチャンスが多くありました。
また、山下スマイル歯科から3名で参加することで、医院全体のレベルアップにするための素晴らしい経験でした。
DSC00093
2015年も学んだことを活かして予防歯科とハイクオリティー歯科をさらに高め、山下スマイル歯科全体で患者さんの歯と健康を大切にする歯科医院作りをすすめていきます。



keizou_yamashita at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月25日

研修 @ スウェーデン・マルメ

8月17日からスウェーデンにあるマルメ大学にて
1週間程研修を受けてまいりました
勤務医の山本 茜です


事の始まりは、とある12月の昼下がり。

「先生、スウェーデンの研修行く?」院長からのお言葉
これが歯科予防の世界で20年から30年も日本の先を行くと言われている
スウェーデン研修へのスタートでした

もちろん「行きます!!」と即答したのは言うまでもありません

 

大いなる期待とワクワク感、そしてほんの少しの不安を抱きながら
待ちに待った研修は始まりました
DSC00451

DSC00047
最初の講義は研修目的と歯科医学の本質について

私達の仕事とは何か?興味深い内容とユーモアのある先生のお話で、
私たち受講生は歯科医療のあるべき姿、
予防の世界へと一気に引き込まれました 

DSC00522
 

虫歯の予防にはとにかくフッ素!!というスウェーデン

それを肌で感じ、フッ素の予防効果について再認識しました。

また、スウェーデンの素晴らしい所は、
病気の重症度や治療方法の優先度が数値化され、
全てがエビデンスに基づいている

また医療が有料になる20歳以上の方々に検診を受けてもらおうと
個人に合わせた治療法、定期健診の期間などが
料金体系とともにプログラム化されている。

 

などなど、国をあげて予防に取り組んでいるのです

 

削る、つめる、削る、銀歯を入れる、時には抜歯。
治しても治しても虫歯というものはなくならない。

何故なくならないのでしょう?

それは、虫歯になる環境を断ち切らない限り、
同じ生活ではまた虫歯になってしまうからです

 

日本に住み、日本の環境、
制度の中で生活している私たちに何ができるのか。

それには原因を知ってもらい、
虫歯にならないようなちょっとした生活のコツを伝えること、
そしてフッ素で予防すること。

これが今回のスウェーデン研修で学びそして出した答えです。

シンプルこそが健康の秘訣。

健康でおいしく物が食べられるように!!これが私達の願いです
DSC00076



keizou_yamashita at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月19日

スウェーデン マルメ研修に行ってきました!

こんにちは!

歯科衛生士の矢下幸恵子です。

 

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

実は、8/17〜8/24に、スウェーデンに海外研修に行ってきました

行ったのは、スウェーデン南部の都市・マルメという所です

 

スウェーデンは、予防歯科の先進国で、スウェーデンのお子さんたちは、ほとんど虫歯になったことがないくらい、予防が成功していることで、有名です

そのスウェーデンで、院長、勤務医の山本の3人で、最先端の予防歯科について学んできました!!
DSC00355

 

1週間みっちりの講義で、たくさんのことを学びましたが、私が印象に残っていて、今後の診療に生かせそうなのは、「虫歯予防には、何よりもフッ素!!」ということです。

 「フッ素は、虫歯予防に効果的」というのは歯科では常識ですが、その研究がさかんで、エビデンス(証拠)に基づいた治療や予防を行っていて結果として、虫歯予防が国レベルで成功しているというのが、スウェーデンです。

12歳児で虫歯が1本以下という驚異の結果を出しています。

 

スウェーデンでは、みなさんが、お家でも上手にフッ素をお口の中に残しています。

私たち、山下スマイル歯科でも、フッ素の大切さを患者さんたちに伝えてきましたが、もっともっと伝える必要があると感じました。

DSC00527
 

スウェーデンで学んだことを、普段の診療に生かして、その結果として、患者さんたちの助けになるようしていきたいと思っています!

DSC00520
 

ありがとうございました!!



keizou_yamashita at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)