頚髄損傷に負けないぞ -車いすの臨床心理士-

2005年5月24日、大きな転機。 当時高校2年、体操部。 平行棒で2回宙返り下りをした瞬間バランスを崩し、大きく前へ流された。着地マットを飛び越え、2メートル以上の高さから体育館の床へ頭から落下。 救急車で病院に運ばれたものの、全身の麻痺と想像を絶するほどの激痛。診断結果は「頚髄損傷」だった。 父親が闘病生活の不安と絶対負けないという気持ちを持ち続けるために開設したブログを引き継ぎ、頚損と共に新たな人生を生きるリアルを綴ります。

ひっそりと臨床心理士としてのTwitterを始めました。色々と気付いたことや感じたことをつぶやいています。https://twitter.com/kokoro_tentenブログはそれなりにじっくりと書きたい派なのですが、なかなか時間が取れないのでライトな感じでアウトプットしていきたいと思って ...

「新人職員への会社商品の勉強会」というものに、ダイバーシティ推進課の一員としてしれっと参加車いすユーザー、精神疾患・・・と色んな障害がある人が一緒に参加している中で、聴覚障がい者の理解スピードがひとつ課題となっています。 どういうことかと言うと、どうして ...

5月24日で受傷してから13年経ちました。13年目の心境ですが、まずは前日になるまで自分でも気付かなかったことに驚き。「あ、明日やん!」ってな感じで。。新しい仕事も始まって気が向かなかったっていうのもありますが、それぐらい自然なものになってきたんだなと思 ...

大阪市障がい者スポーツ大会の卓球にエントリー車いす使用者の出場者は元々人数が少ないのと、この大会独自のクラス分けでいつも一緒に練習をしている仲間4人で勝敗を決することとなりましたただ今回は正チャンピオンが不在なのでチャ〜ンスとは言っても、今回の4人のメン ...

「ダイバーシティ推進課」というところで仕事をしているわけであります。ダイバーシティとはどこかの町の名前でもなく、ダイビングが盛んな町でもなく(笑)、様々な多様性を持った人が共に過ごし、能力を活かして働いていくという経済用語です。元々は マイノリティや女性の ...

新しい職場に入社して今日でちょうど1ヶ月。あっという間でしたネ現状ではすでにカウンセリングも始まり、それ以外にも様々な形での面談を担当させてもらったりしていて仕事的にはほどよく充実した感じとなっておりますまあ職業が職業なもんで、逆に言うとそれだけ会社や社 ...

仕事が始まり、更新頻度が減っていますがなんとかやっております。さてさて、職場には聴覚障害の人がたくさんいるので手話と触れる機会が多くなり、自分としても少しずつ勉強しているところでありますそんな中、先日の卓球大会で聴覚障害の青年に手話でエールを送ってみたと ...

標高1125メートル!頸損ですが金剛山に登ってきました①【登山プロジェクト】はコチラをクリック標高1125メートル!頸損ですが金剛山に登ってきました②【登山プロジェクト】はコチラをクリック標高1125メートル!頸損ですが金剛山に登ってきました③【登山プロジェクト】は ...

新年度が始まり1週間経ちましたネ新しい職場、子どもの送迎等、生活スタイルがガラッと変わることもあってやっていけるかどうか心配だったのですがなんとか乗り切りました。新しい職場では今のところ研修が大半なので、気楽にプレッシャーなくやっております。研修は座学的 ...

明日から新しい職場での仕事が始まります!実に1年2ヶ月ぶり・・・ちゃんとペースをつかんでいけるか心配です次の職場は病院ではなく会社。そこで臨床心理カウンセラーとして、社員のメンタルヘルス支援等を行います。新しい課も新設して、まだまだこれから作り上げていか ...

↑このページのトップヘ