大相撲をまとめた結果(速報)

主に大相撲の記事を更新する予定です。近頃は管理人の日記状態。

【相撲】五月場所中日 白鵬、日馬全勝ターン 高安1敗守る

SnapCrab_NoName_2017-5-21_19-38-14_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

大砂嵐が7敗目。来場所の幕内復帰が厳しくなりました。
十両優勝争いは2敗の誉富士がトップ。かなり拮抗した勝負になっていきそうです。

幕内前半
幕内前半結果

宇良が6勝目。今場所一気に出世となるでしょうか。
正代も6勝目。三役復帰に向けてはまだまだ正念場です。

幕内後半
幕内後半結果


高安は強い相撲で1敗を守りました。大関昇進の目安10勝まであと3勝となりました。
稀勢の里は今日も我慢の相撲で6勝目。2敗を守り優勝戦線に踏みとどまりました。
続きを読む

【相撲】五月場所初日 稀勢初日黒星 照ノ富士、鶴竜も黒星スタート

SnapCrab_NoName_2017-5-14_18-13-10_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

新十両20歳の貴源治が白星スタートです。

幕内前半
幕内前半結果

新入幕の豊山(旧 小柳)も白星スタート。
先場所から大きく番付を上げた貴景勝も白星発進。
三役から陥落した正代も万全な相撲で1勝目。今場所は立ち合いの威力が戻るかどうか。

幕内後半
幕内後半結果

大関昇進を狙う高安は一方的な相撲で初日白星。良いスタートとなりました。
横綱鶴竜は引いたところを突かれて黒星のスタートとなりました。続きを読む

五月場所の展開考察

いよいよ初日まで1週間となった五月場所。

先場所は稀勢の里の大逆転優勝で幕を閉じましたが、次はどのような展開となるのか。
見どころと合わせて考えていこうと思います。続きを読む

五月場所番付発表

昨日、五月場所の番付が発表されました。

続きを読む

今週の更新少し遅れます

私用につき、今週の更新は5月2日あたりに遅れます。

皆様もゴールデンウィークを楽しんでください。
(お仕事の人、ごめんなさい)

五月場所番付予想

三月場所が終わり1ヶ月近く経ちますが、久しぶりに番付予想します。

相変わらず当たらない気がしますが、参考程度にご覧いただければ幸いです。続きを読む

38歳の安美錦に学ぶ 相撲に取り組む姿勢

安美錦が昨年11年以上勤めあげてきた幕内から陥落し4場所が経ちました。

先場所は十両12枚目で9勝6敗とまずまずの成績。
十両陥落後も、モチベーションが落ちることなく黙々と取り組みをこなす安美錦の原動力はなんなのか。
そして、若手力士の手本としての取り組みについて取り上げていこうと思います。続きを読む

現在の横綱昇進条件はダブルスタンダードなのか(2)

前回の記事(現在の横綱昇進条件はダブルスタンダードなのか(1))の続きです。

http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170328-OHT1T50039.html
SnapCrab_NoName_2017-4-1_13-54-52_No-00


横審、春場所13勝・照ノ富士の夏場所綱取りに否定的   

 大相撲の横綱審議委員会(横審)の定例会合が27日、東京・両国国技館で行われ、大関・照ノ富士(25)=伊勢ケ浜=の夏場所での綱取りに関して否定的な見解で一致した。

 照ノ富士は春場所で13勝の優勝同点。2場所連続優勝かそれに準ずる成績という内規に照らし合わせれば来場所は綱取りとなるが、横審はカド番を4度繰り返したこの1年の成績を問題視した。北村正任委員長(75)は「内規は絶対的なものではない。準優勝、優勝で上げるなら横審はいらない。(成績が)安定しないと議論にならない」と長期的視点の必要性を説いた。


先週は、これまでの綱取り基準の変遷について書きました。

今週は、照ノ富士の来場所の綱取りが認められない理由と今後について取り上げていこうと思います。続きを読む

現在の横綱昇進条件はダブルスタンダードなのか(1)

稀勢の里の連覇に湧いた春場所千秋楽から早くも1週間が経ちました。


http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170328-OHT1T50039.html
SnapCrab_NoName_2017-4-1_13-54-52_No-00


横審、春場所13勝・照ノ富士の夏場所綱取りに否定的   

 大相撲の横綱審議委員会(横審)の定例会合が27日、東京・両国国技館で行われ、大関・照ノ富士(25)=伊勢ケ浜=の夏場所での綱取りに関して否定的な見解で一致した。

 照ノ富士は春場所で13勝の優勝同点。2場所連続優勝かそれに準ずる成績という内規に照らし合わせれば来場所は綱取りとなるが、横審はカド番を4度繰り返したこの1年の成績を問題視した。北村正任委員長(75)は「内規は絶対的なものではない。準優勝、優勝で上げるなら横審はいらない。(成績が)安定しないと議論にならない」と長期的視点の必要性を説いた。


今回は、横審が来場所の照ノ富士の綱取りに否定的とのことで、横綱昇進条件について取り上げたいと思います。

内規では
「2.大関で2場所連続優勝した力士を推薦することを原則とする。」
「3.第2項に準ずる好成績を挙げた力士を推薦する場合は、出席委員の3分の2以上の決議を必要とする。」
とあります。

本来の基準であれば、優勝決定戦までもつれた末の準優勝ですから、綱取りとなってもおかしくはないはず。
なぜ否定的なのか。
続きを読む

【相撲】三月場所千秋楽 稀勢の里、逆境から奇跡の連勝で連覇達成

SnapCrab_NoName_2017-3-26_20-10-9_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

5敗で並んだ朝乃山、豊響、大砂嵐で巴戦の優勝決定戦となり、豊響が2連勝で十両優勝を決定しました。
力強い相撲で、復活を印象づけました。



幕内前半
幕内前半結果

宇良が土俵際での粘りを発揮し逸ノ城を破り勝ち越し決定。
体格差もあり、見ごたえのある一番になりました。



幕内後半
幕内後半結果

高安が12番まで星を伸ばしました。
来場所の大関昇進決定まであと10勝です。
御嶽海は小結で9勝。三役定着の足がかりとなるでしょうか。


優勝決定戦
優勝決定戦

稀勢の里が決定戦でも照ノ富士を破って優勝決定となりました。

続きを読む
オススメ記事


Information
更新情報など呟いていきます。
よろしければフォローよろしくお願いします!



follow us in feedly

掲載ありがとうございました!
朝目新聞
Gigazine
スポンサードリンク
記事検索