hqdefault



新井貴「心技体すべて充実」

【核心直撃】阪神で新井貴浩内野手(37)の好調ぶりが目立っている。沖縄・宜野座キャンプでは和田豊監督(51)からMVPに指名されるなど元気はつらつ。新助っ人のマウロ・ゴメス内野手(29=前ナショナルズ3A)とのポジション争いも楽しんでいるかのようだ。何かあったのか。「逆襲の新井貴」を直撃した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000019-tospoweb-base

――宜野座キャンプでMVPになるなど、非常に好調だ

 新井貴:そうね。しっかりできているんじゃないかな。体のキレもいい。(キャンプも)ケガなく送れたしね。

 ――今季はポジションが約束されていない立場。ゴメスとの争いになっているが

 新井貴:そこについては現実を受け止めてやれているよ。

 ――その状況がモチベーション

 新井貴:そうだね。前向きにやれているよ。

 ――言い方はおかしいかもしれないが、ゴメスとの競争をエンジョイしているようにも見える。今年は「原点回帰」を何度も口にしているし、若手のころのように定位置を争う「原点」が楽しそうというか…

 新井貴:そういう部分はあるね。楽しめているよ。確かに(古傷のある右肩など)フィジカルも技術もいい状態でこれたので、周りから見ても楽しんでいるように見えるんじゃないかな。

 ――そんなメンタルの充実が、現在の好調につながっているということか

 新井貴:野球はメンタルだけではダメ(きりっとした表情で)。技術、フィジカル、メンタル。この3つすべてが整っていないと結果は出ないよ。

 ――ということは、つまり…

 新井貴:そういう意味で、今年はここまでその3つがすべて充実した状態でできている。オーケイ?
SnapCrab_NoName_2014-3-3_22-53-23_No-00






ゴメス“欠陥”発覚で阪神開幕4番は新井貴有力

阪神が26日、沖縄・宜野座で行われていた主力組の春季キャンプを打ち上げた。キャンプMVPを受賞したのは新井貴浩内野手(37)。4番の最有力候補だったマウロ・ゴメス内野手(29=前ナショナルズ3A)の“重大欠陥”も指摘されており、ベンチスタートが濃厚だったベテランが一気に「開幕4番」の最有力候補に浮上している。

「恥ずかしいですね」。期待のホープが指名されることが多いキャンプMVPを受賞した37歳は思わず顔を赤らめた。しかし、和田監督が「打撃コーチの時から見ている中で一番の状態」と大絶賛。紅白戦、練習試合などの実戦でも11打数9安打と大暴れしており、文句なしの受賞だ。
【全文はこちら】


インタビューの受け答えにも機嫌の良さが伝わってくる新井選手。
今年も期待。ゴメス選手とのスタメン争いも激化しそうです。

ただ東スポにもネタにされているような・・?