hqdefault




http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0107/636952.htm?g=08
SnapCrab_NoName_2014-3-7_15-45-39_No-00


錆びた鉄釘までいれる理由が知りたいです

黒豆を煮るときに有名な錆びた鉄釘というのがありますが、
なぜそこまでして黒く仕上げるのでしょうか?

錆びた鉄釘ってとても食べ物と一緒に煮る気になれません。

・・・










普段、簡単な料理しかしない管理人は
錆びた釘に黒豆という組み合わせに寒気がしたのですが、
(どうやら錆びた釘というより古釘が正解なようです。ちゃんと洗った上で使ってください。)


どういう意図で入れるのか調べてみました。


普通に茹でると

hqdefault


このようにおせちに入ってるような真っ黒にならないようで、


鉄を入れると
SnapCrab_NoName_2014-2-10_15-59-4_No-00



Fe → Fe2+ + 2 e-
H2O + 1/2 O2 + 2e- → 2 OH-

こんな反応式で鉄イオンが水中に放出されて

黒豆の黒色の成分であるアントシアニンと反応して

キレート錯体をつくり色調を変えアントシアニン鉄になり黒豆のあの色になる。


・・・だそうです。


自分で書いていて理解できていませんが、

要約すると、
伝統の影響で惰性で入れてるのではなく、釘は入れられるべくして入れられてるということです。

別に鉄製でメッキ加工されてなければ釘である必要はないみたいですが・・・









本格的に日記の様相を呈する様になってきたのでそろそろブログタイトルを変更します。
が、もう少しお待ちください。