20100719222711868



先場所に続いて今場所も管理人の番付予想の記事です。

私の個人的希望も大きく影響しておりますので、そのあたりも踏まえて読んでいただけると嬉しいです。
()内は七月場所の番付、勝敗は七月場所の勝敗です。

番付予想

今回は上がる人をできるだけ優先して考えました。


先場所はあった17枚目は今回はないのではないかと思います。
予想が難しいところとしましては、前頭上位の遠藤~高安の間、そして、貴ノ岩の位置をどこに持っていくかといったところですかね。


来場所の展望を番付から考えると、
番付はまだわかりませんが上位初挑戦になりそうな、照ノ富士、常幸龍がどれくらいの成績を残せるのか楽しみです。
そして、幕内に初昇格が確実な逸ノ城も楽しみです。

あとは、1年ぶりに平幕に落ちる栃煌山が本領発揮できるかどうかも見どころでしょうか。






http://news.livedoor.com/article/detail/9112496/
SnapCrab_NoName_2014-8-4_18-24-1_No-00


新大関豪栄道 左ヒザ半月板損傷で9月場所ぶっつけ本番も

 日本相撲協会は4日、新大関の豪栄道(28=境川)が左ひざを負傷し、夏巡業(7~17日)を休場すると発表した。この日までに「左膝外側半月板損傷、約1か月の安静を要する」との診断書が協会へ提出された。
【全文はこちら】


大関昇進が決まった豪栄道ですが、場所後のインタビューでも言われていた怪我が想像以上に深刻だったようです。
来場所は期待が大きくかかるだけに早めに治してもらいたいですね。
ただ、新大関の夏巡業欠席は巡業先のファンの方々には残念なニュースになりました。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000082-reut-spo
SnapCrab_NoName_2014-8-4_18-30-18_No-00


大相撲=エジプト出身大砂嵐「目標は横綱、年内に三役」

[稲沢市(愛知県) 1日 ロイター] - 「目標は横綱。年内に三役に昇進する」──。大相撲界初のアフリカ大陸、エジプト出身力士の大砂嵐(大嶽部屋、22歳)は、ロイターのインタビューで、今後の抱負を語った。

「日本に来て、部屋のトイレ掃除から修行を始めた時以来、常に自分が賜杯を抱く姿を思い描き続けている」という大砂嵐。7月の名古屋場所では、鶴竜と日馬富士という2人の横綱に連続勝ち星を上げ、1場所で2つの金星という11年ぶりの記録を作った。

(中略)

名古屋場所3日目には、大関・稀勢の里の顔面をかち上げ、出血させた。この取組の後、師匠である大嶽親方から、顔面へのかち上げを控えるよう注意を受けたという。

「あの技が好きだと言う人もいれば、批判する人もいるので、とても混乱した」と語る大砂嵐だが、今後、顔面へのかち上げは控えるつもりだという。それでも「自分の相撲のスタイルを変えるつもりはない」と言い切った。
【全文はこちら】


リンク先では入門の経緯からラマダンの影響についてのインタビューが書かれています。

先場所はあと一歩で勝ち越しにならなかった大砂嵐。
来場所は勝ち越して三役へ昇進できるでしょうか。







Twitterのコーナー








次は8月8日の午前7時半からだそうです。
詳しくは http://www.sumo.or.jp/ticket/event_detail?id=161

それにしてもおもしろい取り組みですね。





リンク先を抜粋しますと・・
SnapCrab_NoName_2014-8-4_18-50-33_No-00

料金35万円という破格です。
しかし、よく考えると相撲部屋への差し入れや、寄付される化粧廻しの金額などを考えると案外簡単に買えてしまう人は多いのかもしれませんね。




背景に映るモンゴルの大自然。。すごいです。