SnapCrab_NoName_2014-9-26_18-13-23_No-00


本日の取り組み


十両から
十両結果

栃ノ心が13連勝で、二場所連続の優勝。
全勝優勝まであと2日です。


幕内前半
幕内前半結果

旭天鵬がようやく勝ち越し。40代での勝ち越しを決めました。
隠岐の海は安美錦のうまい相撲に敗れて3敗に後退。


幕内後半
幕内後半結果

稀勢の里が大砂嵐を寄り切って8勝目。角番は回避しました。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00000052-nksports-spo
SnapCrab_NoName_2014-9-26_18-5-39_No-00


逸ノ城、鶴竜撃破!白鵬と1敗で並ぶ

 前頭10枚目逸ノ城が、横綱鶴竜をはたき込みで下し、1敗をキープした。新入幕逸ノ城の横綱挑戦は07年秋場所の豪栄道以来7年ぶりで、横綱撃破は、73年秋場所の大錦以来41年ぶり3人目の快挙となった。初土俵から5場所目での金星獲得は、武双山の7場所を2場所更新した。

 3場所連続31度目の優勝を狙う白鵬は、新大関豪栄道に寄り切られ、1敗を喫した。豪栄道は7勝6敗となり、白星を先行させた。
【全文はこちら】


立ち合いは変化でしたが、逸ノ城が鶴竜を破りました。
インタビューでも語っていましたが、今日の変化は最初から決めていたみたいですね。
また、新入幕が横綱を破るのは41年ぶり。もし優勝となれば約100年ぶりだそうです。


一方、全勝でトップを走っていた白鵬でしたが、豪栄道に先場所と同じように寄り切られて1敗目。
これで3場所連続で豪栄道に敗れたことになります。
優勝争いは1敗の逸ノ城、白鵬を中心に回っていきそうです。
そして、明日はこの二人が結びで対決します。逸ノ城が勝てば優勝を大きく引き寄せることになります。



http://news.livedoor.com/article/detail/9292977/
SnapCrab_NoName_2014-9-25_18-14-11_No-00


日馬富士、腫れ引き骨折手術せず 九州場所は経過見て判断

 秋場所5日目に右眼窩(がんか)内壁骨折で休場した横綱・日馬富士(30)=伊勢ケ浜=が25日、都内の病院で診察を受けた。休場が決まった時に患部の手術をすれば全治3か月、しない場合は全治1か月と診断されていたが、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)が「手術はしない方向になりました」と明かした。さらに、現在は「腫れもだいぶ、引いて鼻血も止まっている。回復は思ったより早い」とも説明。九州場所(11月9日初日。福岡国際センター)への出場は、今後の経過を見て判断する。


なんとか九州場所には間に合いそうですかね・・。





Twitterのコーナー



フィーバーはこんなところにも。






やはり努力は大切ですね。




このまま土日も満員になりそうです。




明日注目の取り組み ()内は過去戦績

稀勢の里-鶴竜 (25-12)

先場所の取り組み

Kakuryu vs Kisenosato Day 15 Sumo Nagoya Basho July 2014 from Araibira Sumo Coverage on Vimeo.




白鵬-逸ノ城 (初顔)







幕内優勝争い

 1 敗  逸ノ城、白鵬
 3 敗  隠岐の海、安美錦、鶴竜





逸ノ城-鶴竜 +インタビュー



ハイライト